FC2ブログ

ケルン、大迫を放出候補に

大迫勇也はケルンの放出候補の1人か…独誌が2部降格時に移籍する選手を予想


降格がほぼ決定的となっているケルン。大迫は今夏に移籍する可能性が高いかもしれない。

日本代表FWの大迫勇也は今夏に新クラブに移籍することになるかもしれない。ドイツ誌『キッカー』では、同選手をケルンが放出候補と考える1人として挙げられている。

2部行きが現実味を増すケルンだが、先日にはMFマルコ・ヘーガーが2部降格時に行使可能となる契約解除条項を放棄したことを伝えると、週明けにはDFヨナス・ヘクターと2023年までの新契約を交わしたことを発表。さらに正守護神のティモ・ホルンも新契約を結ぶ運びとなっており、アルミン・フェーGM(ゼネラルマネジャー)は現在、MFレオナルド・ビッテンコートの慰留に努めているとされている。

しかし、その一方で残したい選手全員に2部行きを求めることは不可能に近い。また、クラブとしては移籍金による収入も必要であるため、複数の選手を手放すことになる。『キッカー』によると、今夏に契約が満了となるDFドミニク・マローやFWクラウディオ・ピサーロのほか、DFドミニク・ハインツやフレデリク・セーレンセン、パヴェル・オルコウスキーやルーカス・クリュンター、そして大迫がその放出候補だという。

大迫は今年2月、地元紙『エクスプレス』のインタビューで「ケルンが2部に降格したらすぐに出ていくのでしょうか?」との質問に対し、「いいえ! 僕はケルンでの4年間をとても大切に思っていますし、ここは居心地が良いので」と返答していた。だが、クラブは一定の移籍金が提示されれば、同選手の退団を受け入れるようだ。


ケルンが大迫を放出候補に挙げておると報じるドイツ現地紙である。
ケルンは2部降格が避けられぬ状況となっており、選手の整理に乗り出すものと考えられる。
外国人助っ人として所属する大迫はその候補に挙げられてもおかしくはないと思われる。
違約金が設定されれば、クラブ側は了承する模様。
その金額はいかほどのものなのであろうか。
もし手が出る価格ならば、喉から手が出るほどの欲しい人材であることは確かである。
とはいえ、大迫はまだまだ欧州にて活躍したいはず。
この夏、大迫の去就に大注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

今の彼こそ鹿島に必要。

No title

もし鹿島に戻ってきてくれたら100人力、いえ1000人力ですが、まだまだ欧州でやれる年齢ですし、今更サコに縋るようじゃ駄目ですよね。もちろん本人が戻りたいというなら大歓迎ですが。

しかしまた浦和や神戸あたりがちょっかいかけて来そうですね苦笑

フロントは動けるならば動いてほしい…大迫カムバック

ムウ、サコの2トップ…ワクワクが止まらないね!

おそらく大迫自身も欧州に残る事を望んでいるでしょうし、彼なら欧州クラブからのオファーが来ると思いますが、鹿島フロントも現時点からコンタクトを取ってオファーの準備をしておくべきだと思う。
古巣だから、ファミリーだからと悠長に構えて、その時になって他のJクラブに出し抜かれてからでは遅い。

No title

帰って来て欲しいのはモチロンですが、
まだまだヨーロッパで活躍してほしいです。

戻ってくるのはそのあとで。

今このタイミングで戻ることはないでしょうね。欧州で活躍してほしいです。ただいつかは鹿島にと誰もが願っています。

大迫の年俸払えるクラブは
国内にはそうそうないでしょう

いやほんと、戻ってきて欲しいけど戻ってきて欲しくない。天明に任せるしかないですね。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク