FC2ブログ

篤人、俺が走れるのはたぶん、ガス欠になってから

【鹿島】「どんどん良くなると思う」内田篤人に、高まる代表復帰への期待感
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2018年04月27日


神戸戦では同点弾をお膳立て。しかしそれよりも大事なのは…


順調にコンディションを上げてきている内田。神戸戦では精力的に攻撃参加し、多くのチャンスに絡んだ。写真:徳原隆元

[J1リーグ10節]鹿島1-1神戸/4月25日/カシマ

 際立っていたのは、ボールを受ける際のポジショニングだ。攻撃時にスッと前に出て、気づけばフリーでいる。そのアクションは実にスムーズで、無駄がない。だからパスも出てくる。もちろん、マイボールにした後の捌きも、シンプルかつ効果的だ。

「僕は前を見て、動くタイプなので。空いたところに走っているだけ」

 言葉にすれば簡単だが、スペースを見極めたうえでの的確なポジショニングは誰もができることではない。内田篤人は、それを難なくとこなし、攻撃をサポートしていた。

 神戸戦では、鈴木優磨の同点ゴールをお膳立てしてみせる。右サイドを思い切り良くオーバーラップし、レオ・シルバからパスを受けると、狙いすましたグラウンダーのクロスを供給する。これを相手GKが弾いたところを、鈴木がヘッドで押し込んだ。

 得点シーン以外でも、内田はこの試合、何本かの惜しいクロスを放り込んだ。そのうちの1本で成果を得られたが、決定機に絡んだことよりも、大事なことがあるようだ。

「今はもう、身体があそこまで走れるところまできている。良いことだと思う」

 今季リーグ戦における内田のリーグ戦におけるトラッキングデータは以下のとおり。

1節・清水戦  先発・84分出場 走行距離=9.436km スプリント=11回
8節・名古屋戦 先発・77分出場 走行距離=8.513km スプリント=16回
9節・川崎戦  先発・66分出場 走行距離=6.589km スプリント=6回
10節・神戸戦  先発・82分出場 走行距離=9.391km スプリント=19回

 川崎戦はプレータイムが短く、平凡な数値だったが、右太腿の筋肉系のトラブルから復帰した名古屋戦では、精力的なランでチームの2-0の勝利に貢献。直近の神戸戦のデータを見れば、ほぼ同じ出場時間だった清水との開幕戦と比べても、コンディションは間違いなく上がってきているのが分かるだろう。

「俺が走れるのはたぶん、ガス欠になってから」


日本代表の右SBは人材難のポジション。内田の代表復帰を待ち望む声は少なくない。写真:徳原隆元

 それだけに、中2日、3日が続く連戦も、内田からすれば“ウェルカム”だ。

「立て続けにゲームをやってくれたほうが、俺的にはありがたい。名古屋、川崎、神戸ときて、良くなってきている。現に走れているし」

 着々とゲーム体力が付いてきており、疲労回復も順調にできているという。「ここからどんどん良くなると思う」「ひとつ超えたかな」と、本人も手応えを感じている。

 フルタイム出場は、今季はまだACL1節・上海申花戦のみだが、リーグ戦でも90分間を走り切る自信はある。むしろ、80分以降が見せ場だ。

「残り10分なんて、根性だから。俺が走れるのはたぶん、ガス欠になってから。空になってから、走れてきたタイプだから」

 クロスの精度についても、「本当はドンピシャでニアにぶつけなければいけないんだけど。まあ、たぶん、合ってくるよ。そんなに気にしていない」と泰然と構える。

 ロシア・ワールドカップ出場はひとつの目標だが、そこに照準を合わせるように、内田のパフォーマンスは上がってきている。

 神戸戦の活躍は、この試合を視察に訪れていたU-21日本代表の監督であり、西野ジャパンのコーチを務める森保一氏の目にもポジティブに映ったに違いない。

「試合に出て、ちゃんとやれるところを分かってもらわないと、先がないと思っています」

 最後まで望みは捨てない。今の状態をキープして、さらに良くなっていけば、代表復帰はますます現実味を帯びてくるはずだ。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)


篤人について取材したサッカーダイジェストの広島記者である。
「際立っていたのは、ボールを受ける際のポジショニングだ。攻撃時にスッと前に出て、気づけばフリーでいる。そのアクションは実にスムーズで、無駄がない。だからパスも出てくる。もちろん、マイボールにした後の捌きも、シンプルかつ効果的だ」と評す。
神戸戦では右サイドからフリーで受けるシーンを多く見かけ、クロスを供給できておった。
これは、篤人の戦術眼が冴えたせいであろう。
また、データ上も試合をこなす数が増えるに付け、出場時間・走行距離、スプリント数が伸びておる。
これは良い兆候。
さらにコンディションは上がっていこう。
途中交代が続いておるが、篤人本人は、「残り10分なんて、根性だから。俺が走れるのはたぶん、ガス欠になってから。空になってから、走れてきたタイプだから」と語る。
フル出場するようになってからが真骨頂であろう。
篤人共にチームも調子を上げるはず。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク