FC2ブログ

若干の選手変更はあるが、横浜戦も同様の戦術を試す考えだ

【J1展望】横浜×鹿島|失点増に悩む横浜は、復調しつつある鹿島をいかに抑えるか
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2018年04月27日


横浜――守備面の問題を解消できるか


故障者/横浜=ブマル 鹿島=町田、安部、山本、レアンドロ、土居
出場停止/横浜=なし 鹿島=なし


J1リーグ 第11節
横浜F・マリノス-鹿島アントラーズ
4月28日(土)/19:00/日産スタジアム

横浜F・マリノス
今季成績(10節終了時点):15位 勝点9 2勝3分5敗 12得点・17失点

【最新チーム事情】
●札幌戦から中2日で連戦のため、先発を入れ替える可能性あり。右ウイングの遠藤などが候補だろう。
●その札幌戦で、CBとして先発した金井が得点を記録。ベンチに回ったデゲネクとの争いが熾烈に。
●負傷から復帰している栗原や喜田が試合に絡む可能性もある。

【担当記者の視点】
 10節を終えて、計17失点はリーグワースト2位の数字だ。4試合連続で複数失点を喫するなど、守備面に小さくない問題を抱えている。

 リスキーなハイライン戦術が影響しているとはいえ、この流れを食い止めなければならない。鹿島は両サイドの深い位置を果敢に突く幅の広い攻撃を得意としているだけに、そのエリアにどれだけ相手を侵入させないかが鍵となる。

 敵のパスの出所も抑えたい。その意味では、天野や扇原、大津ら中盤の精力的なディフェンスにも期待したい。

鹿島――長いトンネルは抜けつつある

鹿島アントラーズ
今季成績(10節終了時点):14位 勝点12 3勝3分4敗 8得点・10失点

【最新チーム事情】
●鈴木が神戸戦翌日の26日に、22歳の誕生日を迎えた。
●3月10日の広島戦で右膝内側側副じん帯を損傷した安西が、4月25日の神戸戦で73分から途中出場し戦線復帰。
●横浜戦前日の27日の練習では昌子は控え組でプレー。大岩監督は「右腿裏の張りを訴えている」と説明しており、ベンチスタートが濃厚。

【担当記者の視点】
 不振に苦しみ続ける鹿島だが、長いトンネルは抜けつつある。

 得点数は依然としてリーグ最少の8点(10節時点)だが、「攻撃に変化を」(大岩監督)と臨んだ神戸戦(25日)で光明が見えた。2トップの一角の土居が1・5列目に下がる形でシャドーの役割を担うと、その土居がボールをキープすることで、サイドの押し上げを促進。鈴木の同点弾は右サイドを駆け上がった内田から生まれるなど、攻撃が活性化した。

 指揮官は「失点もしている。見直すところはある」と慎重な姿勢を崩さない。しかし、攻撃では「機能したところもある。引き続きやり続けるところを整理していく」と手応えも感じており、若干の選手変更はあるが、横浜戦も同様の戦術を試す考えだ。


「長いトンネルは抜けつつある」と記すサッカーダイジェストの広島記者によるプレビューである。
「「攻撃に変化を」(大岩監督)と臨んだ神戸戦(25日)で光明が見えた」と綴る。
先日の神戸戦は、結果こそ望まぬものであったが、内容は良かった、Fマリノス戦でもその継続を図りたいところ。
しかしながら、神戸戦にて攻撃の軸となっておった聖真は先発から名前が消え、そして故障者リストに名を連ねておる。
これは痛い。
連戦の影響が出ておると言って良かろう。
ここは、替わって出場するペドロ・ジュニオールの奮起に期待したところ。
PJのスピードにてFマリノスのDFを切り裂くのだ。
また、源も「右腿裏の張りを訴えている」とのことでベンチスタートとなる模様。
ここも犬飼が穴を埋めてくれよう。
勝利を信じてスタジアムに向かう。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

上へ

今回も鹿島の予想に関してはドンピシャですね。
この日程で内田が引き続きスタメンなのに見るに、本当に状態は上がってきているのでしょう。
さて土居では無く、PJになってフォーメーションをどうするかに注目。
4-2-3-1を継続するのなら、ムウが土居の役割でしょうか。
それともその前の4-4-2に戻すのか。
まぁ、前節良かったとしても、今節もそのフォーメーションで良いかと言えばそうではないですし、
相手のある事ですからね。
どのフォーメーションにするかが目的では無く、あくまで相手関係あっての事。
とはいえ、前節掴んだ光明・兆しというのはしっかり繋いで大きな光・幹へと育てていきたいです。
相手も結果が出ていないとはいえ、データを見ると攻撃・パス・ドリブル・クロスと
チャンスビルディングはトップ2以内という結果。
先日の川崎F同様、見た目の成績だけに騙されてはいけません。
その川崎Fはウチとの戦いで覚醒して一気に上昇気流。
今度はウチがそれを果たしたいですね。
昨年のこのスタジアムでの敗戦は、負け方も含め本当に痛かった。
同じことを起こさないよう、しっかり試合に入ってもらいたい。
今日は結果にまで繋げましょう!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク