FC2ブログ

大迫の違約金は約8億円か

大迫勇也、今夏のケルン退団はもはや既定路線?現地メディアは移籍金8億円での売却を予想


2部降格が決定しつつあるケルン。現地では大迫は今夏に移籍する選手の1人と見られているようだ。

大迫勇也は、来シーズンをケルンとともに2部で過ごす可能性は低いかもしれない。ドイツ紙『レヴィア・シュポルト』では日本代表FWを放出候補の1人として挙げられ、クラブが売却した場合の移籍金も予想されている。

2部降格が濃厚となっているケルンだが、先週にはMFマルコ・ヘーガーが契約解除条項を放棄する決断を明かすと、今週に入ってからDFヨナス・ヘクターが契約を延長。そして、正守護神のGKティモ・ホルンも今夏の移籍を封印し、中心選手たちがクラブに忠誠を誓った。

しかしながら、ケルンは数多くの選手たちの流出を強いられることも覚悟しているようだ。『レヴィア・シュポルト』によれば、他クラブが興味を示しているケルン選手は大迫を含むトップチームの8人。DFドミニク・ハインツやフレデリク・セーレンセン、MFレオナルド・ビッテンコートやFWジョン・コルドバらとともに名前が挙げられている。

また大迫については、「彼を引き留めるのはほぼ不可能。(移籍金は)約600万ユーロ(約8億円)が見込めるだろう」とも言及。移籍となれば、2014年に1860ミュンヘンからケルンに渡った際発生したとされる160万ユーロの4倍近くの金額で次のクラブに向かうことが予想されている。

なお、ほかの選手たちに関しては、それぞれ移籍先候補や新天地となるリーグが言及される一方で、大迫については具体的な情報は記されていない。だが、『エクスプレス』などでは「今夏のワールドカップが自身に対する興味を引き出す機会になり得る」と伝えられ、現地ではケルン退団が既定路線となっているようだ。


ドイツ現地紙にてケルン退団が規定路線と報じられる大迫である。
「彼を引き留めるのはほぼ不可能。(移籍金は)約600万ユーロ(約8億円)が見込めるだろう」とのこと。
違約金は約8億円。
これをどのようにとらえるところであろうか。
代理人の手腕にて、ステップアップする可能性もある。
今夏、大迫の去就に注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

驚き

大迫に対し失礼とは思いますが…
降格するようなチームに所属し、シーズンで4得点しか挙げられていない選手の違約金が約8億!
この金額が本当かどうか分かりませんが、それでも誤差的に1.2億でしょう。
仮に6億だとしても…とんでもない金額に感じます。
例えばJで降格するチームから鹿島がFWを引き抜くとして(最近だと金森が該当)…あり得ないですよねぇ。
悔しいですが、やっぱりヨーロッパは桁が違いますね。
それだけの価値と見られている大迫に感心するとともに、手が届かない事に寂しさもあります。
良い移籍が叶う事願います。

サコの貢献度は得点以上にありますからね。好調なときは何度も週間ベストイレブンに選出されましたし。
鹿島も買えなさそうだけど、他のJクラブも買えなさそうな価格でそこは安心です笑
強いて言えばジョーに15億出したと言われる名古屋ですが…、まさかサコも日本に帰ってまた残留争いはしたくないでしょうし、彼の鹿島愛を信じていますので大丈夫でしょう。

ドイツ国内で言えばドルトムントには恩師シュテーガーが監督で、香川もいますが…。
サコがFWに専念できるようなチームに買って欲しいですね。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク