FC2ブログ

Jリーグ 第11節 横浜Fマリノス戦



前半、夢生が決めてれば余裕の試合だった。

コメントの投稿

非公開コメント

我慢我慢というが、いつまで我慢すれば良いのか…

非常に悔しい、これがスポーツ、選手や監督悔しく無いのか色んなところ変えないと、我慢できない END

こぼれ球が相手にいってしまうシーンばっかり見せられた気が...

現地観戦の方、ホントにお疲れ様でした。

しかしシーズンの1/3が終わってしまいましたよ…もう運が悪いとかミスさえなければという話でもないのではないでしょうか。

BS放送では木村和司さんが横浜のDFを酷評してて、2点リードした後ですら、鹿島なら慣れてくれば点を入れてくると言っていたのですが、終わってみればただの完敗…

チームを信じようが信じまいが応援するしかないのですが、もう、一度壊して作り直す必要があるのではないでしょうか。

選手一人一人が頑張れば頑張るほどバラバラになっていく様子が見ていて辛かった。
何とかしようと無理を重ねれば重ねるほどにミスが増えて、そこからカウンターを喰らう悪循環。
今は正直、出口が見えない。それが辛い。

悔しことに慣れすぎて、悔しいはずが悔しいと思えなくなってしまった自分がいます。選手も同じ人間なのでそういうこともあるのではないかと思ってしまいました。
なんの工夫もない改善もされない運まかせにしか見えません。
すみません悲観的なコメントで…でもご理解して下さい。

4冠取りに来てるんじゃないんですか?ACLも取れなかったら、何のためのシーズンなのか。残念で仕方がないです。これだけ選手揃っていれば、連戦の疲れとか言い訳に出来ない。

まさかここまで苦しいシーズンになろうとは全くの想定外でした。
でも諦めませんよ。どんな状況にあろうとも鹿島を応援すると決めています。自分は鹿島アントラーズのサポーターですからね。

悔しい。
マリノスが異質な戦術にチャレンジしてることはJにとって良いことと陰ながら頑張れと思ってましたが、それが鹿島戦で成就するのは話が別です。悔しくて悔しくてなんかもう感情をどこに持って行っていいかわかりません。もはや運や巡りの悪さでは片付けられない領域です。いつもは負けても次戦に向けて気持ち切り替えれましたが、今はまだその元気もでないです。。

大岩監督お疲れ様でした!
韋駄天の安西もいまひとつでしたしたが、
湧き上がるサポーターが、
やっぱり応援してますし、
目くじら立てずにサポーターは
手拍子しますし、
苦労はあると思いますが、
練習しかないと思います!がんばれ!

チョウチンアンコウに誘われて

まさにその通り。
(ですが、、まさか原理主義さんが試合コメントで個の選手の非に言及するとは…エース故かな)
必死のブロックも相手にこぼれるし、味方のミスを消すためのファールがスーパーFKに繋がる。
分かってはいますが、そう簡単には流れは掴めない状況なのだと再々認識。
しかし、それでもその前後のチャンスを決めていれば…何も問題なかったですよねぇ。
外から見ていてもマリノスのサッカーはまだまだ稚拙で隙だらけでした。
最初はそこを賢く上手につけていたのですが、次第に焦れて気だけ急いてしまい雑になってバタバタ。
で、夢中になっているうちに体力・思考は削がれていて、気付けば美味しく料理されたのは自分たちという哀しい結末。
一つ入っていれば逆の結果になっていたと思うだけに余計に虚しさが募ります。
結局スタメン選択も含め、差していた光明を自ら隠してしまう事になりました…
名古屋戦勝利の後でも、この後も中断までは勝ったり負けたりだからと書きましたが、まさか勝ったりが無いとは…
一喜一憂せず、我慢しながらと言い聞かせて来ましたが、今日の相手のあのサッカーにこの結果はキツい。
もはや内からの変化では限界という事でしょうか…
とはいえ動くに動けない状況でしょうから、やはり自分たちでどうにかするしかありません。
いよいよ引き出しも無くなって、すっからかんの状態。
ここでどうあるか、クラブ、指揮官、選手一人一人が問われています。
何かが折れたような音がした気がしますが、これが治ればもっと強くなれると信じます。
我々は鹿島アントラーズだぞ!!

No title

なーんでマリノスも一年に一発出るか出ないかのスーパーFKを今日出してくるんかね?
あれで試合決まっちまったよ、もー

No title

開幕前鈴木常務が言っていた一人一人が20%の上乗せができてないってこと。
または自分たちは+20%だが相手が+50%ということ。

日本人監督はまだまだなのだと思います
早急にブラジル人監督と外国人FWの獲得を望みます
手遅れになりますよ間違いなく。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク