FC2ブログ

対仙台戦情報

鹿島アントラーズvsベガルタ仙台 5月20日
 ・仙台は鹿島戦通算20試合で12敗している。クラブ史上通算で最も負けている相手である。

 ・また、仙台は鹿島戦で1試合平均0.95得点しか決めていない。同クラブが1試合平均得点で1点を下回っている2チームのうちの1つである(他はG大阪で0.89得点)。

 ・鹿島は仙台戦直近8試合で6勝している(2敗)。2016年シーズンは仙台相手にシーズンダブルを記録されたが、2017年シーズンは逆に同カードで2勝した。

 ・鹿島は現在2連勝中。3連勝となれば、2017年8月~9月以来のこととなる(当時5連勝)。

 ・大岩剛が監督に就任して以降、鹿島はホーム戦全17試合で1敗しかしていない(13勝3分)。この間、1度も複数失点を喫しておらず、13試合で無失点に抑えている。

 ・仙台は直近7試合で1勝しかしていない(2分4敗)。同期間でのリーグ順位は16位となっている。

 ・鹿島は後半の時間帯での得点数が今季リーグで最も少ない(4)。

 ・対する仙台は今季喫した計17失点のうち、12点を後半に決められている。総失点に対する後半の失点比率としては71%で、リーグで最も高い数字である。

 ・土居聖真は仙台との公式戦直近4試合のうち、3試合で得点に直接関与している(2得点1アシスト)。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta


仙台との対戦データを報じるサンケイスポーツである。
データ的には鹿島が大いに有利と出ておる。
鹿島はリーグ戦2連勝中であることに加え、大岩体制ではホームでは1敗であり、対する仙台は直近7試合で1勝とのこと。
これtotoファンならば鹿島の勝利にチェックしてしまうところであろう。
しかしながら、仙台は昨日のルヴァンカップにて勝利を掴んでおり、また鹿島は中国のアウェイ帰りとなる。
簡単な試合とはなるであろう。
また、三竿健斗の負傷状態も未発表であり、レアンドロはブラジルにて手術を行った様子。
鹿島としては、中断前最後の試合を勝利にて飾り、気持ちよくリフレッシュしたいところ。
どのような試合展開になるのであろうか。
スタジアムにて確認したい。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

あくまで過去のデータにすぎません。何が起きるかは始まってみないとわかりません。気を引き締めて戦いましょう。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク