仙台戦コメント・報道

2018明治安田生命J1リーグ 第15節
鹿島アントラーズ:大岩 剛
先制点を早い時間に与えてしまったこと、後半、セットプレーから失点してしまったこと、時間帯もそうだが、ともに与えてはいけない失点だった。しかし、最後まで選手たちはゴールを目指して戦ってくれた。負けはしたが、最後まで戦う姿勢を見せてくれたことは評価している。

Q. ここまでの戦いは総力戦となったが、その評価と三竿健斗選手の状態は?

A. 前半戦はケガ人が多くて、若い選手がチャンスをつかむ試合が何試合かあった。連戦のなかで必要なものは、リカバリーと改善、継続、そのあたりのバランスが非常に難しかった。ACLではいい成果が出ている。なかなかリーグ戦に反映できていないが、継続と改善を引き続きやっていきたい。若い選手を含めて、全体の底上げをやっていきたい。天皇杯があって、ブレイクに入るこのタイミングで、しっかりチーム力を上げていきたい。三竿は、おそらく大丈夫だと思う。大丈夫だからこそ、代表にも召集された。今日も練習ができていた。

Q. 今日の前半は難しい試合になった。システムではずしてくるチームに対して分が悪い印象だが。

A. その通り。3-4-3、3-6-1のシステムは、4-4-2に対して非常に有効的なサッカーだと思う。分析もしている。選手にも言っているが、そのなかで自分たちのストロングポイントを消してはいけない。相手のストロングを消しながら、自分たちが相手のメリットをつぶすことを引き続きやっていく。システムを変えるのか、今の4-4-2のままやるのかは、今後の課題。我々スタッフの課題だと感じている。今日の後半は思い切ってシステムと人を代えたが、ある程度の手応えは感じた。トレーニングをやっていないなかであれだけできたので、少しの手応えと改善を持って、ブレイク期間中にやっていきたい。



【安西 幸輝】
立ち上がりに失点してしまって、難しい試合になってしまった。「絶対にやられないように」という話をしている中で決められてしまって、とてももったいない試合だった。逆転する気持ちは全員が持っていたし、最後まで努力したけど、うまくいかなかった。

【植田 直通】
自分たちで苦しい試合にしてしまった。ピッチの中で判断して、もっと早く修正しなければいけなかった。

【永木 亮太】
集中して試合に入ったけど、あの時間帯に先制されて勢いに乗られてしまった。シャドーや前線のところでボールを奪えていればチャンスになったと思うけど、取れなかった。相手の前線がポジションチェンジを繰り返す中、ポジショニングが難しい試合だった。

【犬飼 智也】
マークをはっきりさせるために3バックにした。前半の途中からそういう話はあったので、準備はできていた。

【昌子 源】
少しでも上の順位で中断を迎えたかった。負けて中断を迎えるとネガティブになりがちだけど、上を向いて練習から100%で取り組んでいきたい。この中断をチームとしてプラスに変えないといけない。

第15節
2018年5月20日(日)14:03KO カシマ

[ 大岩 剛監督 ]
早い時間帯に先制点を与えてしまったこと、あとは後半のセットプレーでの失点は、時間帯とともに与えてはいけない失点だったと思います。ただ、最後まで選手はゴールを目指していってくれましたし、負けはしましたけど、最後まで戦う姿勢を見せてくれたのではないかと評価しています。

--ここまでの前半戦、たくさんの選手を起用した総括と、三竿 健斗選手は代表に合流できるのかをお願いします。
前半戦はケガ人が多くて、若い選手がチャンスをつかむ試合が何試合かあったと思います。そういうのを含めての底上げと、あとはこれはどこのチームも同じですけど、連戦の中でのリカバリーと改善と継続、その辺のバランスが非常に難しかったなと感じています。ただ、ACLのほうで良い成果が出ていますので、それがリーグ戦には反映させられていませんが、継続と改善を引き続きやっていくこと。あとは若い選手の底上げをもう少しやっていきたいです。ここで天皇杯も入ってきますし、ブレイク前に天皇杯をやって、ブレイクのあともまた連戦という形なので、しっかりチーム力の底上げを含めてやっていきたいと思います。

三竿はおそらく大丈夫だと思います。大丈夫なので招集されたのでしょうし、今日も練習ができてますので、合流できて代表に貢献してくれると思っています。

第15節
2018年5月20日(日)14:03KO カシマ

[ 安西 幸輝 ]
ACLとの違いは言い訳にできない。難しい試合になると話していた中で、立ち上がりにやられてしまった。立ち上がりに絶対にやられないようにしようっていうふうに言っていたので、ACLと同じように先にやられてしまって、非常にもったいないゲームでした。

逆転できると思っていましたけど、サッカーは最初の先制点が大きい。逆転する気持ちはみんな持って、最後まで努力したんですけど、結果、うまくいかなかったっていうのが今日のゲームだと思います。

[ 植田 直通 ]
今までチームとして課題だった前半早々の失点もそうだし、なかなか前半のうちに自分たちが相手のフォーメーションに対してハメ切ることができなかった。その時間帯もあってやられたと思うので、修正力というのはもっともっと早くしないといけないと思うし、自分たちがピッチの中で判断していかなければならないと思いました。

--マークにつく形は試合前からスカウティングしていたと思いますが、分析どおりうまくいかなかった?
相手もやらせないようにやってくるのは当たり前。自分たちがいつもどおり3バックの相手にやっていてもなかなかうまくいかないところもあった。取られ方の問題でもあった。そういう難しい状況だからこそ、ああいうふうな最初の失点にもつながっていると思うので、自分たちから苦しくしてしまっているという印象が強いです。

ケガ人続々復帰の仙台、中断期間前ラストマッチで鹿島を下す
快晴ながらも冷たい風が吹く県立カシマサッカースタジアムで、明治安田J1第15節鹿島対仙台の一戦が行われた。16日に上海でAFCチャンピオンズリーグを戦ってきた鹿島は、その試合から3人の選手を入れ替え、伊東 幸敏、小笠原 満男、中村 充孝を先発で起用した。対する仙台は阿部 拓馬がケガから復帰して2トップの一角に入った。また、平岡 康裕や古林 将太などもケガから復帰してベンチ入りを果たした。一時期の苦しい陣容を脱しつつある中で試合を迎えた。

試合は2分にいきなり動く。[3-5-2]の布陣で試合をスタートさせた仙台は、ピッチの横幅を大きく使ったサッカーで鹿島を左右に揺さぶる。両ウイングバックが積極的に試合に入ると2分、左ウイングバックの関口 訓充が前を向いて仕掛けながらカットインを試みゴール前にクロスを送ると、逆サイドから斜めに走り込んできた石原 直樹がヘディングを合わせていきなりゴールネットを揺らした。

鹿島も4分に永木 亮太が中央からボールを運び、ゴール前の遠藤 康に一度預けたパスのリターンをもらいシュートを狙うが、ファーサイドのポストをかすめてわずかに外れてしまった。

しかし、試合は総じて仙台がペースを握っていく。最終ラインで落ち着いてボールを回しながら、サイドで3人、4人が多くのパスコースを作ってボールを回す。逆サイドが空けばサイドチェンジを狙い、鹿島のボランチが後追いになっていれば2列目の選手が背後へ飛び出していく。24分には石原のパスに反応してディフェンスラインの背後に抜け出した阿部が昌子 源をかわしてゴール前に折り返し、奥埜 博亮が頭から飛び込むも、シュートは惜しくもゴール枠を越えてしまった。守備についても相手をサイドに追い詰める守備が機能。仙台のパスミスを奪う以外、鹿島は思うように攻撃を展開できなかった。

試合を支配できなかった大岩 剛監督は、後半頭から鈴木 優磨と犬飼 智也を投入。布陣を[3-5-2]にして逆転を狙う。相手と同じ布陣になったことで、1対1の戦いに持ち込みやすくなった鹿島はボール支配率を高めていく。

しかし、追加点を奪ったのは仙台。65分、左からのCKを得ると、関口の蹴ったボールにニアサイドの大岩 一貴がすらし、中央にいた板倉 滉が押し込んで2点目を得る。その前のプレーで奥埜のミドルシュートを止めていたクォン スンテもさすがに触ることができなかった。

なんとか1点を返したい鹿島は81分に安部 裕葵を投入。85分、その安部と鈴木がコンビネーションを見せる。遠藤のロングボールを鈴木がヘディングで折り返すと、安部も再びヘディングでゴール前に折り返す。そこに鈴木が飛び込み1点を返すことに成功する。終盤、ゴール前の人数を増やしてさらに猛攻を仕掛けたが、鹿島は最後のひと押しができなかった。そのまま1-2で仙台が勝利を収めた。

[ 文:田中 滋 ]

【鹿島 vs 仙台】反撃開始!
2018年5月20日(日)



2点を追いかける鹿島は85分、途中出場の鈴木優磨のゴールで1点を返す。

日本代表の鹿島DF昌子、2失点も「上を向いて」
[2018年5月20日18時51分]


鹿島対仙台 仙台に敗れ厳しい表情で整列するF昌子(左から3人目)ら鹿島イレブン。同6人目はDF植田(撮影・江口和貴)


鹿島対仙台 仙台に敗れスタンドにあいさつする鹿島イレブン(撮影・江口和貴)


<明治安田生命J1:鹿島1-2仙台>◇第15節◇20日◇カシマ

 キックオフの笛が鳴ってから、まだ1分20秒だった。前がかりで攻めてくるベガルタ仙台の攻撃を1度はクリアした。だが、拾ったセカンドボールを中途半端につなごうとして、再び奪われた。鹿島アントラーズの右サイドからクロスを上げられ、仙台FW石原直樹に頭で決められた。

 目の前でヘディングシュートを許したDF昌子源は「ハッキリしていなかった。蹴ってクリアしようと思う人と、つなげるんじゃないかと思う人と」。DF植田直通も「自分たちから苦しくしてしまった。もっとハッキリやっておけば」。

 日本代表のセンターバックを2人擁して堅守を誇示するはずが、立ち上がりの失点。後半は開始から交代カードを2枚使って、練習でもほとんどしていない3バックに布陣を変更し、相手の両サイド攻撃に対応してみせた。だが、これから取り返すぞというときにCKというセットプレーで2点目を失った。大岩剛監督は「自分たちがエンジンを掛けなきゃいけないときに失点してしまった。ともに与えてはいけない失点だった」と振り返った。

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)では8強入りを果たした。だが、リーグ戦では、その勢いを見せることはできていない。代表合宿に向かう昌子は「ちょっとでも上の順位で中断を迎えたかった。でも、この中断をチームとして必ずプラスに変えないと意味がない。敗戦で中断に入ってしまうので、どうしてもマイナスのイメージはあるけど、そういうときこそ無理やりでもプラスのイメージを持ちながらやっていければ、中断の時に必ず上を向いて、再開のときにはいい状態で迎えられるんじゃないかと思う」と、チームメートを鼓舞していた。

鹿島ACLの勢い消え…昌子、植田は代表へ不安残す
[2018年5月21日7時21分 ]

<明治安田生命J1:鹿島1-2仙台>◇第15節◇20日◇カシマ

 晴天の空に似合わぬ渋面。パワープレーで前線にいた鹿島アントラーズDF植田は恨めしそうに天を見つめ、DF昌子は膝に両手をついた。MF三竿健はメンバー外でそのピッチにもいなかった。鹿島の日本代表3人は仙台に敗れ、気持ちよくチームを離れることはできなかった。

 堅守を誇示するはずが開始わずか1分20秒で、昌子の目の前を走り抜けた仙台FW石原に頭で先制を許した。後半は3バックに変えたがCKから失点。植田は「もっとハッキリやればよかった。2失点とももったいなかった」と悔やんだ。

 ACL8強入りの勢いが消される敗戦。リーグ戦では浮上できぬまま、3人は代表に向かう。右膝痛の三竿健はこの日も練習しており支障はないという。自らを「23人に入るかどうかライン上」という昌子は「西野さんのやりたいサッカーと、自分の能力がマッチできるようにしたい。監督が代わった責任は間違いなく選手にある。しっかりやっていきたい」と話した。

鹿島・三竿健、ベンチ外…
 明治安田J1第15節最終日(20日、鹿島1-2仙台、カシマ)日本代表MF三竿健は右膝痛のためベンチ外だった。21日から始まる国内合宿への参加が懸念されたが、本人は「大丈夫です。行けます」と明かし、大岩監督も「きょうも(試合前に)練習していた。代表に貢献してくれると思う」。仙台に1-2で敗れ、3試合ぶりの黒星を喫した。

2失点に日本代表の鹿島DF昌子
「ちょっとでも上の順位で中断を迎えたかった」

同じく鹿島DF植田
「もっとはっきりプレーしておけば2失点ともなかった」

鹿島 代表コンビ植田&昌、開始2分で失点に猛省
明治安田生命J1第15節 鹿島1-2仙台 ( 2018年5月20日 カシマ )


仙台に敗れ、ガックリの鹿島・植田(左)と昌子(右)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ


 W杯前最後のリーグ戦で、鹿島の日本代表センターバックコンビは完封できなかった。

 開始2分でクロスから失点。後半から相手の陣形と同じ3バックに変更してマークを明確にしたが、同20分にはCKから被弾した。ともに時間帯が悪く、DF植田は「自分たちから苦しくしてしまった」と反省。代表合宿に向け、DF昌子は「23人に僕は入るか入らないかのラインにいる。ガーナ戦に出られるようにしたい。練習からしっかりやっていきたい」と話した。
[ 2018年5月21日 05:30 ]


システムについて質問に答えた大岩監督である。
3-6-1、3-4-3は鹿島が採用する4-4-2に対して有効と述べる。
それはそうであろう。
そもそも、4-4-2を攻略するために開発されたシステムである。
しかしながら、石井前監督はこのシステムを採用した浦和を、一昨年のCSでも、去年のXEROXスーパー杯やアウェイでのの試合でも4-4-2にて撃破しており、システムだけで語るところではないように思う。
単に鹿島が相手に合わせてシステム変更をするようなことは避けるべきではなかろうか。
それも含めて課題として中断期間に取り組むはずである。
どのように変貌するのであろうか。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

後ろからの押し上げに力がないことが一つの原因でしょうか…
金崎、ユーマあたりが持ち上げても付いてくる選手、スペースに入ってくる選手が少ない気がして、うまく連動しないように見えます。
昨日はユーマも金崎も明らかにガス欠に見えましたので、その影響も多分にあったのでは…
運動量なのか連携面なのか…うまくいかないですね。

原理さんに同意。

同意です。自分も試合を観て同じことを感じていました。
システム論ですと、セレーゾ終盤期や石井さん時代は向こうのウイングバックにはサイドハーフが付いてくる、シャドーはボラがマンツーで見る、やり方をとっていましたね。
日程がタイトで体力的にそのやり方はとれなかったのか、または相手が2トップ2シャドーで枚数的に整理できなかったのかはわかりませんが、ぶっつけ3バックはちょっと見てて悲しかったですね

以前はあった試合に出ていない選手達の試合は

今も実施されているのでしょうか?
あまり聞かないような?
試合感もなくてチームの練習試合だけでしょうか?あの当時はファンも応援行ったりもしていたのでね。素朴な話ですいません。

自分も急なシステム変更は賛成できないことに同意です
昨年の川崎戦(A)でも途中から3バックに変更したことで選手が対応できず大敗した例がありますし、ゲーム途中のシステム変更はリスクを伴います
昨日のゲームは後半に布陣を変えたとわかったときは目を疑いましたし、ため息以上になんて無茶苦茶なことをという思いが募るばかりでした

本当に準備は出来ていましたか?

プロとしていかがなものか

システムの話は試合前からわかっていたこと。ぶっつけ本番でやっているとしたら、スカウティングしてませんと自ら言っているようなもの。メディアに話すべき事ではないと思う。

No title

鹿島は元々可変システムで、4-4-2をベースにしつつも、ボランチの1枚がDFラインに吸収されたり、逆にボランチの1枚が非常に高い位置を取って、中盤がダイヤモンドに近い形になったり、2トップの並びが縦関係になったりと、メンバー変更なしに、試合の流れの中で臨機応変にフォーメーションを変化させられていたと思います。
今回のようにわざわざCB3枚にして3バックに移行すると言うのは、どうしても退化しているように感じてしまいます。インタビューの切り取り方が悪いだけなのかもしれませんが、どうも迷走気味ですね。

システムもありますが、ハーフタイムに叱責したのに後半も選手の動き特に伊藤選手の動きは全く変わりませんでした。監督の言うことを理解できてない、もしくは心に響いてないのではないでしょうか?
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク