金沢・垣田、豪快弾



【山形 vs 金沢】中央突破で幸先良く先制
2018年5月27日(日)

14分、清原翔平(写真右)のスルーパスを受けた垣田裕暉(写真中央)が落ち着いてシュートを決めて、金沢が幸先良く先制。垣田にとっては今季4点目となった。

渾身“シュウト”で移籍後初弾! 南秀仁1G1Aの山形が10人金沢に逆転勝利
18/5/27 16:01

[5.27 J2第16節 山形2-1金沢 NDスタ]

 19位モンテディオ山形がホームで暫定15位のツエーゲン金沢に2-1で勝利した。前半14分に金沢FW垣田裕暉に先制点を許したが、同28分に相手が退場者を出すと、後半3分にMF中村駿、同24分にFW南秀仁が決めて逆転。3試合ぶりに白星を挙げ、4戦無敗(2分2敗)となった。

 開始から山形を攻め立てる金沢は前半14分に先制。FW垣田裕暉がMF清原翔平のラストパスを受け、PA内中央から右足で豪快に叩き込む。鹿島からの期限付き移籍中の垣田は今季4ゴール目を挙げ、自身のリーグ戦キャリアハイの得点数を更新した。

 良いところがないまま失点を喫した山形だったが、前半28分にFW小林成豪をスライディングで倒した金沢DF庄司朋乃也が2度目の警告で退場となると、ハーフタイム明けから反撃を見せる。

 後半3分、FW南秀仁がキープからパスを出し、受けた中村がPA内中央に持ち出して右足を振り抜く。低い弾道のシュートがゴール左隅に吸い込まれ、中村の今季2点目で1-1とした。

 後半24分にはカウンターから途中出場のMF汰木康也、小林、南とつながり、PA内中央に進入した南が右に流れながら右足でシュート。GK白井裕人に触られたボールがゴール左に吸い込まれ、2-1と逆転に成功する。東京Vから完全移籍して2年目の南は、これが加入後初ゴールとなった。

 ビハインドを背負った金沢は後半32分、先制点を決めた垣田を下げ、FW佐藤洸一を投入する。その佐藤を中心に終盤はチャンスを作ったものの、1-2で試合終了。2試合ぶりの黒星で3戦勝ちなし(1分2敗)となった。




先制点を決めた金沢の垣田である。
パスに飛び出し豪快に決めた。
ストライカーらしいゴールである。
このような得点を続けていけば、多くの民が期待する大型センターFWの誕生となろう。
ただ、チームは逆転負けを喫し、悔しい思いをしておる。
これを糧に更に成長せよ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク