FC2ブログ

三竿健斗、ロシアW杯帯同メンバー辞退

井手口と浅野バックアップで露同行 西野監督明かす
[2018年6月1日23時7分]

 日本代表の西野監督が1日、滞在先の千葉県内のホテルで取材に応じ、ワールドカップ(W杯)ロシア大会のバックアップメンバーとして、MF井手口とFW浅野を同行させることを明かした。

 2人はMF三竿とともに30日の国際親善試合ガーナ戦のメンバーに選出されていたが、31日に発表された23人のW杯メンバーからは外れていた。31日のメンバー発表後に3人に意思確認を行ったといい、三竿については本人の了解を得られなかったことから、同行させることを断念したことも明かした。指揮官は追加のバックアップメンバーの予定はないと明言し「現状は浅野と井手口の2名になります」と話した。

 W杯に臨む日本代表は2日に日本を出発し、本番前、最後の親善試合として8日にスイス、12日にパラグアイと対戦し、ロシアへと向かう。西野監督は日本出国前日となったこの日に散髪してきたといい「多少リラックスというか、張ったところをいったん緩められた。髪も切って軽くなりました」とスッキリした表情をみせた。本番へ向けた願掛けについては、「お守りをたくさんもらったので、けんかしないようにいくつか持ってきました」と明かし、加えて「あるところの前で一礼してきました。験担ぎではなく、昔ながらのところなので。ルーティン的な」と話した。

 また、チームは28日のW杯1次リーグ最終戦ポーランド戦まで、最短でも約1カ月の長い遠征に入ることから、選手が家族らと過ごす「ファミリーデー」の採用も明言した。「そういう時間を考えています。おそらく(1次リーグ)第1戦が終わったあとぐらいになる。それまでもかなり長いので、(1次リーグ初戦の)19日まで(気持ちが)張った中ではちょっときついなと思う」と話し、少なくとも2度の休養日を設けることを示唆。選手にとっては慣れない異国の地でのつかの間の休息は必要不可欠。ロシアでもしっかりとリフレッシュし、チーム一丸となってまずは1次リーグ突破を目指す。


ロシアW杯帯同メンバーを断った三竿健斗である。
万が一のための予備要員としてロシアに行くメンバー入りを要請されておったが、それは三竿健斗自身の意向にて了承しなかったとのこと。
たしかに、共に練習することはなく、常に別行動となるこのメンバーとしてロシアに行ったとしても空気を吸った程度の経験にしかならぬであろう。
南アフリカW杯の際に帯同メンバーであった香川はもの凄く悔しい思いであった旨を後に語っておる。
また、南アの山村、ブラジルの杉森のように当時話題となっておっても後に日本代表に絡まぬ選手も多い。
であれば、鹿島に残り、クラブの練習にて成長に励むことこそ肝要であろう。
中断明けからの快進撃の中心となり、改めに日本代表に選出される実力を示すのだ。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

頑張れ!三竿健斗!!!応援しているぞ!

ガーナ戦でテストすらされずに落選ですからね。しかもオフに入った欧州組と違って、カップ戦なども控えてますので、切り替えて前に進むという決断は妥当だと思うし尊重したいです。
先ずは目の前の天皇杯ですね。
町田、ワンちゃんを、前から支えて欲しいです。

健斗は賢明な選択をした。
予備要員にはならなくていい!
君は四年後の日本代表選手。
目の前の天皇杯共に戦おう!

良い判断だと思います

雰囲気で成長出来るなら、楽な訳でんなこたぁ無い!
健斗は実戦での成長を選びました。
天皇杯での活躍を期待しています!

極めて政治的でつまらない監督交代からのW杯、これ程ワクワクしない代表もない訳ですが、、、
岳が先発で起用される雰囲気も無いですよね、、、
選ばれた選手には頑張って欲しいですよ、そりゃ

レス違いなのは承知で
こんだけロートルJAPANで組んだのなら、憲剛をサプライズで呼べば少しは盛り上がったのになと思いました。

三竿選手、鹿島を優先してくれてありがとう。

2022年はキャプテン岳と健斗の新旧20番コンビで。
まだまだ怪我人多いし、健斗の復帰はありがたいですね。
天皇杯は矛盾する言い方ですが、手堅くかつ圧倒的な勝利が見たいです。

 

ぶっちゃけボランチに怪我人がでたところで追加招集は井手口でしょうしね
序列はもうひっくり返しようもできませんし
ならば真剣勝負の天皇杯にでたほうがいいでしょう
昌子、植田がいないですから、場合によってはCB起用もあるかもしれません
もう健斗はカタールに向けてスタートを切り始めました、応援しましょう

No title

三竿の判断を全面的に支持する

決断が正しかったと今後に活躍して納得させてね。応援していますよ。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク