FC2ブログ

日本代表・植田直通、自分もW杯に出たいという思いがあるので、しっかりやりたい

複数システムの併用を歓迎する植田「自分もW杯に出たい」
18/6/5 05:30


DF植田直通

 日本代表DF植田直通(鹿島)が、3バックと4バックの併用を歓迎した。国内合宿で取り組んでいた3バックから一変し、この日の紅白戦では4バックを採用。植田は控え組の右センターバックに入った。

 本大会が間近に迫っているタイミングでの監督交代と、新しいフォーメーションである3バックへのトライ。そして、その後の4バック回帰。選手にとっては決して容易ではないミッションだが、国際Aマッチ経験が23人の中で最も少ない3試合という植田にとっては、必死に食らいついていかなければならないハードルでもある。

「相手も試合の中でフォーメーションが変わることもあると思うし、W杯ともなれば一つのシステムではうまくいかないこともあると思う。そういうときにオプションを持っていることは武器になる。2つやっておくことは大事」。前向きに取り組むべき理由を、植田はしっかり理解している。

 攻撃に関しては「足元のうまい選手が多いので、ボールを持ったら崩せると思う」と信頼がある。だからこそ、守備陣が耐えることが必要になると思っている。「いつ出てもやれるように準備することは今までと変わらないが、その舞台が今度はW杯になる。自分もW杯に出たいという思いがあるので、しっかりやりたい」。DF最年少の23歳は鋭い視線で前を見据えた。

(取材・文 矢内由美子)


日本代表の植田を取材するゲキサカの矢内女史である。
「相手も試合の中でフォーメーションが変わることもあると思うし、W杯ともなれば一つのシステムではうまくいかないこともあると思う。そういうときにオプションを持っていることは武器になる。2つやっておくことは大事」というコメントを引き出しておる。
日本代表は、先日のガーナ戦までは3バックを試しておったが、ここに来て4-2-3-1に変更中である。
複数の戦術を使いこなすことをチャレンジするのか、単に指揮官が迷っておるのか我らにはわからぬところ。
選手は指揮官を信じ、タスクをこなすだけといったところであろう。
ここまで植田は、吉田麻也の控えという位置付けとなってる。
何かアクシデントがなければ出場機会がないようにも思える。
とはいえ、サッカーは何が起こるかわからぬもの。
常に準備をし、出番を待つのだ。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

素直に4バックで長谷部と大島をボランチ、岳をSHかIHに上げた方が強そうですけどね…。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク