FC2ブログ

Honda FC戦コメント

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 2回戦


鹿島アントラーズ:大岩 剛
先に点を決められてからエンジンがかかるのは課題であり、その課題を克服しなくてはいけないという反省点がある。しかし、そのあとの攻守にわたるアグレッシブさは評価していい。90分通して選手はやってくれたと思う。

Q. JFLでも結果を残している相手だったが、印象は?

A. 何試合か見て、レベルの高い選手たちだと感じていた。出身高校、出身大学を見て分析したなかで、非常に有望な選手たちがいた。井幡監督のもとソリッドで攻守にまとまったチームだと分析していた。その通り前半からアグレッシブにきた。雨によるピッチコンディション、初戦ということを差し引いても、苦労させられたと感じている。非常にレベルの高いチームだったと思う。

Q. 曽ケ端選手の天皇杯出場数が60試合となり最多出場となったが。

A. 曽ケ端に関しては、私が言うまでもない。彼の人間性も含めて、プレーヤーとしての存在感、パーソナリティーがここまで続けてこられたことの証明になったと思う。

Q. 日本代表でセンターバック2選手がいないなか、出場した選手の評価は?

A. 特に町田は大きなケガを乗り越えて、公式戦の復帰初戦だった。最初はふわふわした感じを受けたが、徐々にゲームに入っていった。今後、彼が成長していくと思うが、そのリスタートの一試合になってくれればと考えている。非常に評価している。



【鈴木 優磨】
勝てて良かった。個人的にはもう一点を狙っていたので、悔しい。この思いを次にぶつけたいと思う。雨にも関わらず、たくさんの方に来てもらった中で勝てて良かった。

【西 大伍】
2アシストはしたけど、もう一本、裕葵のシーンがあった。全然、まだまだ。もっと高いレベルのプレーを見せていけるようにしたい。

【曽ケ端 準】
(記録更新は)恐縮です。自分が釜本さんのような選手の記録を抜いたというのは嬉しいこと。強いチームにいなければ、この記録はなかったと思う。アントラーズにいられる幸せを感じている。

【犬飼 智也】
自分たちで最初からしっかりと戦えたと思う。いい準備ができていたと思う。先制されたのはもちろん嫌だったけど、時間は残されていたし、問題なく顔を上げてプレーできた。

【安西 幸輝】
PKで先に取られた後、相手が引いてくるかと思ったけど、そういうわけではなかった。引かれる方が嫌だったと思う。オウンゴールの場面は、GKとDFの間という意識でボールを入れた。コンディションは上がってきているし、あとはプレー精度の問題だと思う。勝たなかったら意味がなかった。勝ててよかった。

【町田 浩樹】
(PKの場面は)もっと対処の仕方があったように思う。後半は落ち着いてプレーできたけど、前半は少し引きずってしまった。試合に出場して課題が出たことをポジティブに捉えている。とりあえず、スタートラインに立てたと思う。今日の試合で出た課題にしっかりと取り組んで、次に活かしていきたい。

Honda FC戦


本日行われた天皇杯2回戦 Honda FC戦は6-1で勝利しました。

天皇杯 2回戦
2018年6月6日(水)19:00KO カシマ

[ 大岩 剛監督 ]
初戦の難しさと言いますか、先に失点してエンジンがかかるという課題、エンジンがかかるのが遅いという課題は、まだまだ今後も課題としてしっかり克服していかなければならない、という反省点があります。ただ、そのあとのリアクションというか、攻守においてのアグレッシブさは評価していいんじゃないかと思います。選手は90分間を通してよくやってくれたと思います。

--JFLでも結果を残しているHonda FCの印象はどのように見られていましたか?
何試合か試合を見て、非常にレベルの高い選手たち、出身高校、出身大学というところから分析しても、非常に有望な選手たちがいて、井幡(博康)監督の下で何年かやっている。非常にソリッドで、守備において非常にまとまったチームであると分析していました。そのとおりに前半からアグレッシブに来られて、ピッチコンディションと初戦であるということを差し引いても、非常に苦労させられたなというのが印象です。非常にレベルが高いチームだなと感じました。

--今日、曽ヶ端 準選手が天皇杯で60試合出場したことと、日本代表の二人の代わりに出場したCBについてコメントをお願いします。
曽ヶ端についてですけども、これは僕が言うまでもありません。彼の人間性も含めて、プレーヤーとしての存在感というか、彼のパーソナリティーがここまで数字も含めて彼が続けられている証明になったんじゃないかと思います。

CBの二人についてですが、特に町田(浩樹)は大ケガをしたあとに戻ってきた初の公式戦だと思うんですけど、最初はフワフワした感じを受けたんですが、徐々にゲームに入っていきました。今後、彼が成長していくであろうと思うんですけど、そのリスタートの1試合になってくれればいいかなと思います。非常に評価しています。

天皇杯 2回戦
2018年6月6日(水)19:00KO カシマ

[ 犬飼 智也 ]
最初から戦えた。良い準備ができていた。失点はイヤでしたけど、まだ時間はあったし、「普通にやろう」とみんな声が出ていた。問題なく顔を上げてできたと思います。自分は声を出してプレーしようと思っていました。ボールを持つシーンが多かったのでリスクマネジメントは意識していたし、徹底できていたと思います。自信になるゲームがだったと思います。

[ 町田 浩樹 ]
ボールには先に触ったと思うんですけど、そう見られたならもっと対処の仕方があったと思う。前半もそのあとちょっと引きずってしまったので、早く切り替えないといけなかった。後半は落ち着いてできたんですけど。前半はイージーなところで1本取られた場面もあったし、落ち着いてやるつもりだったんですけど、相手の勢いにやられた感じだった。

でも、後半途中からは落ち着いてできた。それは試合をやらないと分からないことなので、試合に出て課題が出たことはポジティブに捉えています。久々にホームでやれるのは楽しかったですし、もっと気持ちよく勝ちたかったですけど、次に出たときにもっと気持ちよく勝てるように練習します。

先制許すも攻撃陣爆発。鹿島が“JFLの雄”の挑戦を退ける
小雨が降りしきる中、県立カシマサッカースタジアムで鹿島とHonda FCの試合が行われた。どちらも[4-4-2]の布陣でスタートしたこともあり、中盤から激しく両チームの選手がぶつかり合う。JFLのリーグ戦を戦っているHonda FCとは違い、明治安田J1が中断期間に入っているため、鹿島は2週間ぶりの公式戦。入り方が難しい中での試合だったため、「先制点が大事」という声が鹿島の選手から多数聞かれていたとおり、積極的に試合に入って行った。

しかし、大ケガを負い約1年ぶりの公式戦出場となった町田 浩樹が相手のアバウトなクロスボールを胸トラップで処理した際に、少しトラップが大きくなってしまう。そこに詰めてきた栗本 広輝を倒してしまい、山本 雄大主審はPKを与える。これを栗本が落ち着いて決めて、15分にHonda FCが先制点を挙げた。

与えたくない先制点を与えてしまった鹿島だったが、すぐに同点に追いつく。うまい位置取りでパスを引き出していた土居 聖真が右サイドでパスを引き出し、ゴール前に走り込む鈴木 優磨にクロスを送ると、これを鈴木がヒールで落とす。そこに走り込んだ安部 裕葵が左足を一閃すると、鋭いシュートが相手ゴールに突き刺さる。ゴールが決まったのは20分だった。

鹿島の勢いはさらに強くなる。それまではサイドの深い位置まで攻め込み、相手を押し込んでからの攻撃が多かったが、より早いタイミングでのクロスをゴール前に蹴り込むと、これにHonda FCの守備陣が対応し切れない。

42分、44分と連続して西 大伍のクロスに鈴木が素晴らしい打点の高さを示すヘディングシュートを叩き込み、前半の終盤で一気に点差を広げることに成功した。

後半に入っても勢いは止まらない。50分、三度、西がクロスを上げると、ゴール前にフリーで走り込んだ安部が渾身のヘディングシュートを放つが、足元に飛んできたシュートをGK楠本 祐規がすばやく反応してはじき返す。しかし、土居が再びヘディングシュートを放ち、楠本も必死にかき出したが、すでにゴールラインを越えており、鹿島に4点目が入った。

Honda FCも富田 湧也と佐々木 俊輝の位置を前後半で変えるなど、選手交代も含めて攻撃に刺激を入れようとするが、鹿島の守備が堅い。シュートを放っても曽ヶ端 準が的確な対応を見せてゴールをしっかり守る。

すると68分、左サイドでスピードアップした鈴木から、その背後を回ってオーバーラップした安西 幸輝が鋭いクロスを送ると、DFのオウンゴールを誘い5点目が決まった。

さらにアディショナルタイムにも土居が6点目を決める。先制点を奪われた鹿島だったが、“JFLの雄”Honda FCから6-1の大勝を収め、3回戦進出を決めた。

2得点、2アシストと大活躍した鈴木は「個人としてはもう1点狙っていたので残念です。次の試合にぶつけたい」と抱負を述べていた。

[ 文:田中 滋 ]

鹿島曽ケ端が釜本氏超え、天皇杯単独最多60戦出場
[2018年6月6日22時27分]


鹿島GK曽ケ端

<天皇杯:鹿島6-1ホンダFC>◇2回戦◇6日◇カシマ

 大番狂わせは起こさせなかった。そこには、偉業を果たしたベテラン守護神の存在感があった。

 J1鹿島アントラーズは、前半15分にJFLで首位を走るホンダFC(静岡)に先制を許した。昌子源と植田直通の日本代表CB2人を欠く布陣で、代役のDF町田浩樹が微妙な判定ながらPKを与えてしまった。リーグ戦と同様に、失点から始まる悪い展開。浮足立ってもおかしくなかった。引き締めたのは、守護神のGK曽ケ端準だった。38歳のベテランは、枠内に跳ぶホンダFCのシュートを確実に止めた。

 「(先制点を)取られないに越したことはないですが、そういう状況は十分にありえることだった。その後、落ち着いてできたと思います。(PKは)微妙な判定だったけど、そういうことはお互いに付きもの。そこから持ち直したのが良かった」。

 町田と犬飼智也のCB2人を落ち着かせ、的確な指示を放つ。すると、前半20分に右サイドの低いクロスをFW鈴木優磨がヒールで落としたところを、FW安部裕葵が左足で鮮やかな同点ゴールを奪い、全体が落ち着いた。前半終了間際の42、44分にはいずれもDF西大伍のクロスを、立て続けに鈴木がヘディングシュートを決めて突き放した。もう、大丈夫だった。

 00年の3回戦、鳥栖戦(2-1)で初出場を果たしてから、この日が60試合目だった。早大で13試合、ヤンマー(現C大阪)で46試合に出場した元日本代表FW釜本邦茂氏を抜いて単独最多出場になった。「恐縮です。それしかないですね。僕なんかが、そういう(偉大な)選手を抜けるのは、僕自身もうれしいです」。

 98年に下部組織からトップに昇格して以来、4度ある天皇杯優勝のうちの3度を、自らもピッチに立って味わった。通算60試合出場は長年、勝ち抜いてきた証しでもある。「強いチームでないと、この数字は無理ですし、このチームにいられる幸せがあります」。

 ちなみに、同期のMF小笠原満男(39)もこの日、フル出場で58試合目の出場を果たした。いまだ、主力を張るベテラン2人の存在は、鹿島に確かな落ち着きを与えていた。

鹿島 貫禄6発 GK曽ケ端、釜本超え天皇杯最多60試合出場
天皇杯2回戦 鹿島6-1ホンダFC ( 2018年6月6日 カシマ )


天皇杯60試合出場を達成した鹿島・GK曽ケ端(左
Photo By 共同


 開始15分にPKで先制された鹿島は前後半とも3点ずつ決め、貫禄を示した。終わってみれば6―1の大勝に大岩監督は「エンジンがかかるのは遅かったが、その後のアグレッシブさは評価していい」と頬を緩めた。ベテランGK曽ケ端は天皇杯の出場試合数を60に伸ばし、早大、ヤンマー(現C大阪)で59試合に出場した釜本邦茂を超え、単独最多となった。「これからも勝利に貢献したい。チームが勝つと記録も伸びる」と声を弾ませた。
[ 2018年6月7日 05:30 ]

【鹿島】GK曽ケ端が釜本氏を抜く歴代単独トップの天皇杯60試合出場 ホンダFCに快勝
2018年6月6日20時58分 スポーツ報知


曽ケ端準

  ◆天皇杯2回戦 鹿島6―1ホンダFC(6日・カシマ)

 フル出場した鹿島GK曽ケ端準が天皇杯通算60試合出場とし、釜本邦茂氏の記録(59試合)を抜いて歴代最多となった。

 前半15分に不運な形で与えたPKから失点を許したものの、その後は安定感あるセービングで勝利に貢献した。攻撃陣もFW鈴木優磨が2得点2アシストをマークするなど6得点で静岡県代表のホンダFCを圧倒した。


「ボールには先に触ったと思うんですけど、そう見られたならもっと対処の仕方があったと思う」と語る町田である。
“微妙な判定”とニッカンも報じるこのジャッジは、この試合のレフェリングを物語っておる。
ボールに先に触り、クリアした後のプレイにてファールを取られてはサッカーにならぬ。
他のシーンでも優磨が倒されても笛が鳴らず、相手の決定にファールにカードが出ない、など、偏ったジャッジがかなり見られた。
サッカー協会としては、“ジャイアント・キリング”にて話題を呼びたいのかもしれぬが、毎年のように起こっては、民衆の興味も薄れるもの。
更に、それが演出されたものであれば尚更である。
かなりの憤りを感じさせる。
また、この試合にて曽ケ端が天皇杯出場を60試合とし、日本記録を更新した。
まさに偉大なる記録である。
「強いチームにいなければ、この記録はなかったと思う。アントラーズにいられる幸せを感じている」という言葉に、鹿島一筋にてプレイしてきた喜びが伝わる。
鹿島だからこそ達成できた。
我らも幸せである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

もし本当に演出なら私はJリーグが嫌いになってしまう
これ以上、私を失望させないで。

JFL順位表と照らし合わせて

他のJリーグのチームを見ると鹿島以外はJFLチームに苦しんでいたので、そのような中圧倒的に勝てたのは良かったと思います。
この試合は、ボックスの角を使った5レーン攻撃も機能していたので、中断前の課題解決にも取り組んでいる様に感じました。

※JFL順位表
1 Honda vs鹿島 1-6
2 FC大阪 vs横浜M 3-4
3 八戸 県予選敗退
4 S仙台 vs川崎 2-3
5 武蔵野 都予選敗退
6 奈良 vs名古屋 1-1(PK5-4)
7 今治 vs清水 0-1
8 青森 vs千葉 1-1(PK4-5)
9 MIO滋賀 vs札幌 1-2
10 ホンダロック 県予選敗退
11 三重 県予選敗退
12 女川 県予選敗退
13 流経大D vsF東京 2-4
14 V大分 vs鳥取 1-1(PK2-4)※1回戦
15 岡崎 県予選敗退
16 T宮崎 vsC大阪 0-1

勝ったときこそ言いたいですね
負ければただの負け惜しみなので

天皇杯は

ジャイアントキリングが今年もあったようですね。
1試合1試合がどうなるかですね。
それを知っているから雨の中でもファンサポーターがスタジアムまで駆けつけていた。
私もスタジアムに応援に行きます。友人達とね。鹿島にはタイトルをたくさん取っているからいろいろな事を言われるが戦う選手達は1試合ごとにメンバーが違うけど、なぜか過去のデータをね。
なぜかですよね。データはおかしいでしょう。1試合ごとにでしょう。

曽ヶ端選手と小笠原選手

曽ヶ端選手が先輩選手の記録を塗り替えた彼の日々の積み重ねが現在も選手として活躍をでしょうね。どこまで出場記録をかな?
小笠原選手も曽ヶ端選手より2試合少ないとか彼も曽ヶ端選手のように日々の積み重ねがでしょうね。
ふたりのような選手の回りにいる選手達は彼達の偉大さを見習ってほしいです。
ふたりの今後の活躍を応援して行きましょうね。

No title

町田のはファールではない。 スローで見るとよく判る。
放送の解説者ははじめ「ハンド」と言い、スローで胸トラであることが判ると、
「足を出したのがファール」と言い出した。
最初にボールに触ったのが町田であることは、ボールの飛んだ方向から明らかだし、
町田の足にホンダの選手が突っかかってきた状況で、町田が足を怪我しなくて良かったほどだ。
審判に忖度する解説者など、無用。
こういう解説者がいるから、審判も反省しない。

PKのプレーは町田が怪我をしなくて本当に良かった。
ジャッジしたのはプロフェッショナルレフェリーの方だったのですね。

てっきりプロの試合に慣れていない方が裁いたのだと思ったのでちょっとびっくりしました。
あれがファールじゃぁいつまでたっても日本のプレーレベルそのものが上がりませんね。

No title

どんな相手でもそれなりのリスペクトを持って挑まないと今回の様な失点がある
「千丈の堤も蟻の一穴から崩壊す」
名古屋はともかく、不調とはいえガンバですらあの有様

PKに関してもプロアマ戦になる天皇杯は
レフリングのレベルもJに比べ若干落ちる
ああいうPKはある程度想定して然るべき
ただ、6得点は今後への良い兆候と考えたい
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク