FC2ブログ

流通経済大学付属柏高等学校・関川郁万くん、復帰試合で完封に貢献

鹿島内定CB関川主将が5か月ぶりに復活!初戦突破の流経大柏はインハイ連覇、3冠へ「エグい」「ヤベえ」チームに:千葉
18/6/10 05:40


流通経済大柏高は鹿島内定CB関川郁万主将が復活。インハイ予選初戦を3-0で制した

[6.9 総体千葉県予選決勝T1回戦 流通経済大柏高 3-0 千葉日大一高 流通経済大柏高G]

 高校ナンバー1CB復活! 平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」サッカー競技(インターハイ、三重)千葉県予選は9日、16校による決勝トーナメントに突入。1回戦8試合を行い、昨年日本一の流通経済大柏高は今大会初戦で千葉日大一高に3-0で快勝した。流経大柏は10日の準々決勝で市立柏高と戦う。

 流経大柏は1月に膝の手術を受けて長期離脱していた鹿島内定CB関川郁万主将(3年)が、1月8日の選手権決勝以来、約5か月ぶりとなる対外試合復帰。本田裕一郎監督が「鹿島が一生懸命リハビリをやってくれた」と感謝した鹿島のサポートと、本人の努力によって、当初告げられていた7月下旬の予定よりも1か月半も早くピッチに戻ってきた。同じく怪我で離脱していた右SB西尾颯大(3年)も2日前に合流。新チーム発足から5か月にして初めてフルメンバーに近い陣容で試合に臨むことになった。

 この日、初めてキャプテンマークを巻いて試合に臨む関川が、「自分は(インターハイ予選の初戦を)3回やっているので、『初戦だから難しいぞ』と。『点が入らなくても焦れるな』と声をかけました」と引き締めて試合に入った流経大柏は前半、「シンプルに蹴って良い。前半は0-0でも良い」と指示を受けていた通り、相手に合わせる形でシンプルにロングボールを多用した攻撃を見せる。

 千葉日大一に圧力をかけて敵陣でスローインを獲得すると、10番MF熊澤和希(3年)が飛距離十分のロングスローを連発。CK、FKも増やした流経大柏は16分と22分にMF佐藤輝(3年)がヘディングシュートを放ち、29分には左ショートコーナーから関川が左足シュートを狙う。だが、これがDFにゴールライン手前でクリアされると、熊澤やMF中井颯人(3年)がチャンスを迎えながらも決めきることができなかった。

 前半は0-0で終了。集中したカバーリングを見せていたCB寺島タケル(3年)やCB米倉陸斗(3年)中心に踏ん張り、無失点で折り返した千葉日大一は選手間で「行けるぞ!」という声も挙がっていた。だが、後半3分、流経大柏が先制点を奪う。セットプレー後のこぼれ球にスライディングした関川がペナルティーアークやや外側でFKを獲得。キッカーの熊澤が右足を振り抜くと、ボールはゴール右上隅に突き刺さった。

 終始主導権を握り、慌てずに試合を進めていた流経大柏は後半半ば、「後半は蹴り合ってもしょうがないから、繋げと」説明する本田監督の指示でタッチ数の少ないパスでの攻撃にシフトチェンジ。サイドチェンジも増えてリズム良くボールが動くようになった流経大柏は18分、左クロスをファーサイドのFW北島直樹(3年)が頭で落とし、最後はMF岩崎千里(3年)が右足でゴールを破った。

 千葉日大一は米島のロングスローや寺島の左足キックから前線のスピードなどを活かして1点を目指す。だが、24分にMF高橋祐大(3年)が放った右足シュートを関川にブロックされたほか、関川の圧倒的な高さの前にロングボールを跳ね返され、セカンドボールを回収されるなどチャンスの数を増やすことができない。

 一方の流経大柏はゴール前に人数をかけ、身体を張ったシュートブロックを見せる千葉日大一からなかなか追加点を奪うことができなかったが、それでも後半アディショナルタイム3分、右サイドから4人、5人と絡んだ攻撃からダメ押しゴール。MF須永竜生(3年)のスルーパスをFW八木滉史が足裏で落とし、最後は切り返しでDFを外した熊澤が左足で決めた。

 流経大柏の関川は復帰戦で79分間プレーし、「楽しかった」。セットプレーでの感覚はまだまだのようだが、守備時に見せる空中戦の圧倒的な強さは健在で、新たな試みとしてドリブルでボールを運ぶ部分、ミドルシュートにもチャレンジしていた。加えて流経大柏はこの日、「瞬間的に速い」(本田監督)という1年生MF三好麟大が公式戦デビューするなどチーム内競争でアピールした選手も出場。相手にほぼチャンスを作らせず、特に後半はサイドの局面をダイレクトのパスワークで崩したり、1タッチのラストパスから決定的なシュートへ持ち込んだりするなどチームとして噛み合った攻撃も見せて快勝した。

 関川不在で不安視される中、プレミアリーグEAST開幕5試合をわずか2失点、無敗の2位につけるチームは自信をつけた。そして、“役者”の復帰。熊澤は「これでDFラインの不安もなくなったし、空中戦でも(関川)郁万がいるので跳ね返ってカウンターというのも増えるので安心です」と期待する。

 目指すは周囲から「エグい」「ヤベえ」と言われるようなチームだ。流経大柏の各部活動単位での目標に関川は「3冠」と記入。インターハイ優勝、選手権準優勝、そしてプレミアリーグ昇格を果たした昨年超えを掲げた。関川は「榎さん(榎本コーチ)から、(プレミアリーグを含めた)3冠はどこもやっていない。『エグい』とか『コイツら、ヤバイ』という集団にならないとダメだ、と言われました。去年超えられるような成績を残せればいいと思います。きょうみたいな内容じゃ、普通ですね」。チームは好調だが、関川は去年に比べるとまだまだできていないことが多いと感じている。その関川と熊澤をはじめ、西尾、GK猪瀬康介(3年)ら経験ある選手たちが周囲に伝えながら、高い意識を持ってトレーニングに取り組み、「エグい」「ヤバい」チームに進化して目標を達成する。

(取材・文 吉田太郎)

選手権決勝以来の復帰戦は無失点。流経大柏CB関川主将、来季加入の鹿島で「まだまだ成長できる」
18/6/10 08:26


鹿島アントラーズ内定の流通経済大柏高CB関川郁万主将は無失点勝利

[6.9 総体千葉県予選決勝T1回戦 流通経済大柏高 3-0 千葉日大一高 流通経済大柏高G]
 
「偉大です」。2019年シーズンから鹿島アントラーズのユニフォームに袖を通すことが内定した流通経済大柏高CB関川郁万主将(3年)は、進路先のクラブをその一言で表現する。4月にオファーを受けた関川は、迷うことなく鹿島入りを決断。「ちっちゃい頃から見ていたクラブなので、そこから声がかかって行けるとなったら凄く嬉しくて……。でも、行くことだけが目標じゃない。そこでチャンスを掴めるかは自分次第。その日その日でしっかりやらないといけない」とJリーグを代表する“偉大な“クラブで努力を続け、必ずチャンスを掴むことを誓った。

 市原緑高、習志野高、そして流経大柏でFW玉田圭司(名古屋)、GK林彰洋(FC東京)、FW大前元紀(大宮)ら数々の名選手を育てている本田裕一郎監督は「トレーニングを見てもちょっと、タマが違う。凄いタマだよ。(空中戦の強さに加え)機を見て飛び出してくるのは凄い」と1年時のプレミアリーグEAST開幕戦から先発として起用してきた教え子について絶賛する。

 その本田監督が鹿島の椎本邦一スカウト担当部長になぜ、関川なのか訪ねたところ、同氏は「点が獲れる」と応えたのだという。どのポジションでも点を獲れることは大きなポイント。昨年のインターハイで4得点を叩き出し、選手権でも準々決勝でゴールを決めている関川はその守備能力の高さだけでなく、“点を獲ることのできる”才能も期待されて鹿島入りする。

 関川が勝負するCBのポジションにはいずれもW杯日本代表の昌子源と植田直通らがいる。昨年のインターハイ優勝、選手権準優勝の原動力となり、「高校ナンバー1CB」の評価を受けている関川だが、現状に満足していない。「(鹿島の先輩たちから)CBに必要なもの全て学びたい。得点だったり、フィードの質とか、(鹿島で)まだまだ成長できると思っている」と力を込める。

 同世代のCB菅原由勢(名古屋)がJ1開幕戦からスタメンを続けたことは刺激に。「羨ましいなと。俺も(先発)獲りたいな」という思いがある。鹿島でルーキーが開幕スタメンを勝ち取ることが簡単なことではないことを十分に理解した上で、全力で挑戦。サポーターに向けては「(攻守における)ヘディングだったり、対人の部分を見てもらいたい」と語った。

 この日のインターハイ千葉県予選決勝トーナメント初戦は1月8日の選手権決勝以来となる試合だった。関川は今年1月にかねてから痛めていた膝を手術し、長期離脱。春休みやゴールデンウィークなど鹿島でリハビリのサポートをしてもらい、ピッチに帰ってきた。鹿島への感謝も胸に79分間プレー。セットプレーの感覚が掴めず、得点を奪うことはできなかったが、それでも決定的なシュートを放ち、守備時の空中戦では圧倒、スライディングタックルでのボール奪取や身体を張ったディフェンスなど手術前と変わらぬ“らしさ”を表現していたことが印象的だった。

 加えて負傷中、外から試合を見ている間に感じたというCBの前方のスペースを活用するプレーにもチャレンジ。「一つFWを抜くというイメージというのが出てきた」という関川は相手FWのプレッシャーを外してドリブルで持ち上がり、バイタルエリアからのパスやシュートまで持ち込む動きも幾度か見せていた。

 5か月間、ピッチから離れていたが、不安はない。「不安はないっすね。自分が不安とか見せたら、チームが『え、大丈夫なの』となっちゃう」。人生初だというキャプテンマークも違和感なく、プレーしていた。鹿島入りし、注目度がさらに高まる中、懸命にリハビリを続けて当初の予定よりも1か月半も早く復帰したのは、主将、注目選手としての責任感と決意の表れ。「自分にとって開幕戦だった」というインターハイ予選初戦を無失点で終えたDFはこれから、迷惑をかけたチームに結果で恩返しし、鹿島で1年目から活躍するために少しでも成長する。

(取材・文 吉田太郎)


負傷からの復帰戦にて完封に貢献した流通経済大柏高の関川郁万くんである。
苦しいリハビリも鹿島のサポートがあり乗り越えた。
また、椎本スカウトによる関川くん獲得理由は「点が獲れる」とのこと。
鹿島にてその得点力に更に磨きをかけ、チームを勝たせるCBと名を売っていって欲しい。
楽しみな逸材である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プレミアイーストで鹿島ユースと当たりますね。
鹿島ユースにも山田君や前田君とか逸材がいるので、好ゲームを期待したいです。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク