FC2ブログ

源、岳を語る

「ゾッとする」「一番ボールに触って欲しい人」。昌子源が絶賛する柴崎岳のゲームメイク力
白鳥和洋(サッカーダイジェスト)
2018年06月28日

「一度(柴崎に)なってみたい」


昌子は柴崎のゲームメイクをどう評価しているのか。 写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

 コロンビア戦に続き、セネガル戦でも素晴らしいゲームメイクを見せたのが柴崎岳だった。ショートパスを多用したかと思えば、いきなり大胆なサイドチェンジを試みる。長短のパスを自在に操り、セネガル戦では長友佑都へのフィードで同点ゴールを奪うきっかけを作った。

 守備面では身体を張り、1対1の局面でバチバチとやり合う。そんな攻守両面で貢献度の高い柴崎のプレーぶりは、鹿島時代のチームメイトである昌子源にどう映っているのか。まずは「ゲームメイク」について訊いてみた。

「(柴崎と)鹿島で長いことやっていた僕からすると、ゾッとしますよね。巧いから。そこに(パスを)出すんやとか。僕には絶対に分からない感覚なので、一度(柴崎ぶ)なってみたいですけどね」

 CBの昌子からすれば、柴崎のようなゲームメーカーが自分の前方にいるとだいぶ助かるのだろう。事実、ここに預ければ大丈夫というゆとりは、DFにとってとても重要なファクターなのである。

「僕よりはるかに上手いですからね。僕がパンッて(パスを)出すよりも岳のパンッのほうが絶対にいい。ドリブルもパスもできる、シュートも打てるとなったら相手も嫌やろうし、だから思う存分、一番ボールに触って欲しい人やなと思いますよね」。

 では、柴崎のプレースタイルは鹿島時代と変わったのだろうか。そう昌子に訊くと、興味深い答が返ってきた。

「いや、変わってないと思います。身体とかは強くなって、球際とかもめっちゃ強くなった感じはする。でも、パスセンスとかそういうのは全然変わらない。鹿島の時と違うのは受け手側かもしれない。出し手の岳は変わってないけど、受け手が鹿島の選手と代表の選手では、質で言うと代表の選手のほうが高いかなと。だから、代表だとバンバン出しているのかもしれない、もしかしたらですけどね」

 そう柴崎を評する昌子だが、柴崎は柴崎で「後ろに昌子という頼もしいCBがいるから思う存分ゲームメイクをできる」と思っているからもしれない。もしかしたら──。

取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)


岳についてコメントする日本代表の昌子源である。
久しぶりに同じチームにてプレイし、惚れ直した様子。
やはり、特殊な才能を元人間には憧れとは異なる憧憬を抱くもの。
鹿島のCWC2位に導いた岳の才能が日本代表でも光る。
源は後ろから見ていて、同じフットボーラーとして思うところがあろう。
二人の活躍をこの先も見続けたい。
岳と源が中心となる日本代表の試合も楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク