FC2ブログ

源株高騰

昌子株高騰!欧州クラブが熱視線、W杯後に海外移籍も

コロンビア戦でファルカオ(左)と競り合う昌子。1対1の強さを世界に知らしめた (撮影・中井誠)

 日本代表DF昌子源(25)=鹿島=が、W杯ロシア大会後に海外移籍する可能性が2日、浮上した。センターバックとして出場した昌子は、世界の一流選手と対等に渡り合い、日本の決勝トーナメント進出に大きく貢献。鹿島が誇る鉄壁のDFに、欧州クラブのスカウトも熱視線を送っている。

 世界の目がサムライブルーのセンターバックに向けられている。日本の1次リーグ突破に貢献したDF昌子の株が欧州を中心に急上昇中だ。

 「1次リーグでは『自分ならできる』『このチームならできる』と思ってやってきた」

 大一番のベルギー戦を前にした1日の会見に、日本選手を代表して出席した昌子はW杯で得た大きな自信を口にした。

 1次リーグH組ではコロンビアとの第1戦、セネガルとの第2戦の2試合でフル出場。先発した主力組では11人中、ただ一人の国内組だった。「Jリーグの選手でもやれるということをみせたい」という強い思いを体現し、コロンビアFWファルカオ(モナコ)には“すっぽんマーク”で1対1の強さを世界に示した。

 この活躍に、“昌子株”は急上昇。準優勝した2016年12月のクラブW杯後に約130万ユーロ(約1億7000万円)をつけた市場価値が、現在は約170万ユーロ(約2億2000万円)にまで上がった。クラブW杯決勝では欧州王者レアル・マドリード(スペイン)と対戦し、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのゴール前での突破を阻止した。

 17年に入ると欧州移籍を意識するようになったが、周囲の説得で断念。その後は鹿島、日本代表で結果を残してきた。今大会の試合後の動画がFIFAの公式サイトにアップされると世界中のファンから「今年の夏には欧州からオファーが殺到するだろう」などのコメントが寄せられた。

 鹿島からはかつて、W杯での活躍が評価され、海を渡った先輩選手が数多くいる。昌子にも既にブンデスリーガやスペインなどの複数のクラブが関心を示しており、“争奪戦”の様相を呈している。

 「今回のW杯もそうだけど、(世界の場で)もっと上の舞台で戦いたい」と力強く宣言する昌子。また一人、若きサムライが世界に羽ばたくかもしれない。 (一色伸裕)

昌子 源(しょうじ・げん)

 1992(平成4)年12月11日生まれ、25歳。神戸市出身。G大阪ジュニアユースから2008年に鳥取・米子北高へ。3年時に全国高校選手権出場。11年に鹿島入り。14年に日本代表に初選出され、15年アジア杯(豪州)に招集。同年3月のウズベキスタン戦でA代表デビュー。父はS級コーチ資格を持つ力氏。姉はモデル・女優のカエデ。J1今季10試合0得点。同通算151試合7得点。代表通算14試合1得点。1メートル82、74キロ。


源の株が急上昇と報じるサンケイスポーツの一色記者である。
ロシアW杯にて躍動し、ワールドクラスのストライカーと対峙し続けたことが大きく評価された様子。
今夏にはビッグオファーが届くやもしれぬ。
ここは冷静に見極めねばならぬ。
きちんとレギュラーとして起用されるのか、CBとして考えてくれておるのか、マーケティング移籍ではないのか。
ここで失敗すれば選手人生にも大きく影を落とす。
逆に日本に於いても自身を成長することも叶う。
源の去就に注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

源だけでなく、植田も海外を強く意識したでしょうね。
鹿島としては引き止めたいところでしょうが、今までも鹿島は本人たちの気持ちを優先してきていますから、どっちに転ぶか…
見守りたいと思います。

世界中のサッカーファンが思ったことでしょう、「あいつ、誰やねん!」 と。

あの超人的なルカクを完全に抑え込むのですから、源株はストップ高でしょう。CWCでも活躍しましたが、注目度は段違い。いよいよ時は来たのかもしれませんね。心の準備はしておきたいと思います。

十分に吟味するだけのオファーはあると思ってます。
DF、特にCBの移籍はハイリスクな部分も多々あると思いますけど条件の良いところがあれば迷わずいくべきだと思う。
優勝してから、アジア制覇してからと思う気持ちはもちろんありますが本人が行きたいのであれば気持ちを押して上げたいです。

No title

良いオファーなら気持ちよく送り出したい。
できれば剛さんを胴上げしてから。

ディフェンスは勿論、ビルドアップも上手い。昌子君がいない時に代表チームが変わってしまうぐらい。
本当に凄いセンターバックだと思います。
良いオファーがあると良いですね。
もちろん、寂しいけど。

岳とサコと、どっちを応援したらいいか分からなくなるから、プレミアかセリエAに行って欲しいかな笑

No title

評価されるのは大いに結構なんだけど
すぐにでも欧州のクラブに移籍するのは当然だ、という論調は正直ちょっと不快
Jリーグだって立派なプロリーグだし
鹿島アントラーズは草刈場扱いされるようなクラブじゃない
ここで一生懸命にやってる選手たちもいるし心から応援してる俺達もいる
もう少しリスペクトしてもらいたい

No title

最後の昌子が追いかけても追いつけなかったベルギーのカウンター。
あれ、アントラーズに欲しいなぁ~。5人が一気に全速力で駆け上がっていった。
安部・金崎・鈴木・土居・レアンドロが一気に前線にカウンターを仕掛け1点取る姿。
見たいなぁ~。

No title

世界から注目される選手が出ることは大変うれしい反面、現状ではまだむずかしいけれど、いつかは世界から「Jリーグでプレーしたい」と思えるレベルになるべきだと思う。
成長したら海外、の流れのままでは国内の底上げもない。代表だって強くならない。
他のクラブですが、スペイン代表レベルが加入します。かつては鹿島にレオ&ジョルジという現役バリバリのセレソンが来ました。他クラブにも海外で活躍したり痛い思いをしたり、世界を肌で知る選手がたくさんいます。
鹿島はCWCで優勝が見えるまでの戦いをしたし、アジア制覇そして世界への道がいつも近くにあります。
移籍先が昌子にとって「鹿島よりも成長できる環境なのか」をよく吟味してほしい。

Jにいたらレベルが上がらないという欧州サッカーファンもいますが、Jの選手たちには「俺たちがJのレベルを上げる」という気位を見せてほしいです。

本人の気持ちがもちろん最優先だけど、まだ鹿島でやり残してることがある気がする。複雑で寂しい。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク