町田・平戸、鹿島相手にもやれる自信はある

「やれる自信はある」。町田・平戸太貴が挑む鹿島との特別な一戦


 天皇杯2回戦で岡山との激闘を制し、J1チームとの挑戦権を得た町田は、3回戦で“常勝軍団”と評される鹿島と対戦する。昨季より鹿島からの期限付き移籍でプレーしている平戸太貴にとっては、特別な一戦でもある。

 しかし、鹿島戦を2日後に控えた平戸は、直近のリーグ戦・栃木戦で先発出場を果たしたものの、「そこまで疲労感はない」と語り、「特に鹿島が相手だから変えることはなく、普段と変わらない準備をしている」と“平常心”であることを 強調した。

 かつて現役時代に鹿島で黄金期を築いた相馬直樹監督の下、プレーヤーとして鍛えられてきた平戸は「鹿島時代に足りなかった走ることや守備、戦う部分は成長している」と自負している。さらに「大事なときに点がとれる選手」と評した鹿島ユースで1年先輩の鈴木優磨や鹿島ユースの同期である町田浩樹ら、鹿島には対戦を楽しみにしている選手も多い。

「鹿島相手にもやれる自信はある」

 そんな強気な言葉に、平戸の強い覚悟がにじんでいた。

文・写真:郡司聡(エルゴラッソ町田担当)


天皇杯2回戦を前に町田の平戸をピックアップするエルゴラッソ町田担当の郡司氏である。
「特に鹿島が相手だから変えることはなく、普段と変わらない準備をしている」と平常心を保ち、「鹿島相手にもやれる自信はある」と言い切る。
これは頼もしい。
どれだけ成長したのか、目に焼き付ける場がやってきた。
平戸との対戦が楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

平戸とナカシのホットラインは十分に脅威です。

鹿島に足りていないものを彼は持っている!
彼は鹿島に必要な存在です。
彼が赤いユニフォームを着る姿を見てみたい。

No title

見てやろう! その成長しているという「戦う部分」を!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク