FC2ブログ

サッカーダイジェスト 長崎戦寸評

【J1採点&寸評】長崎1-2鹿島|鹿島のターンオーバーが奏功!最高評価は攻守に奮闘したL・シルバ
藤原裕久
2018年08月16日


長崎――ミスと寄せの甘さから…


【警告】長崎=徳永(50分)、ファンマ(55分)、中村(90+1分) 鹿島=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】レオ・シルバ(鹿島)


[J1リーグ22節]長崎1-2鹿島/8月15日/トランコスモスタジアム長崎

【チーム採点・寸評】
長崎 5
立ち上がりの15分ほどは果敢に攻め込みゴールを奪うも、ミスと寄せの甘さから鹿島にオープンな展開に持ち込まれて2失点。後半に中盤の守備をタイトにして巻き返しを狙うも得点を奪えずに、スコア以上の完敗を喫してしまった。

【長崎|採点・寸評】
GK
30 徳重健太5.5
大きなミスは無かった。あえて言えばフィードをもっと効果的に入れていきたいところ。

DF
4 髙杉亮太 5.5
積極的な攻め上がりから先制点を決めるが、その後は攻め上がったあとのクロスに課題が。

32 徳永悠平 5.5
冷静な判断を見せていたが、前半途中から押し込まれる。ピッチ上でリーダーシップを発揮できず。

45 ヨルディ・バイス 6
前半から守備の強さを披露。後半には自らドリブルで持ち上がるなど攻撃への積極性も見せた。

MF
3 飯尾竜太朗 5.5
献身的な上下動を見せるが、攻め残る相手サイドハーフに背後を取られるシーンが目立つ。

11 鈴木武蔵 5.5
スピードと運動量を生かしてショートカウンターを見せるも、キック精度に課題を残した。

15 島田 譲 5.5(80分OUT)
中盤の配球役としてプレーするもゴールに結びつけられず。守備の寄せもいつもより甘かった。

長崎――ファンマは激しいマークに苦しむ

19 澤田 崇 6
1試合を通して徹底的に走り、ゴールへ向かった。長崎で数少ないリズムを変えられる選手。

28 翁長 聖 5.5
サイドの深い位置まで切れ込んでいくが、ペナルティーエリアに入り込む際のプレーで精度を欠いた。

38 磯村亮太 5(HT OUT)
中盤でのボール奪取と縦へのパスでチャンスを作るも、次第にペースを失い前半で交代。

FW
9 ファンマ 5(61分OUT)
チョン・スンヒョンの激しいマークに苦しみ前線で起点となれず。途中交代は当然の帰結か。

交代出場
6 前田悠佑 6(HT IN)
守備の立て直し役として後半から出場。体を張った激しいマークで中盤の潰し役を担った。

20 中村慶太 6(61分IN)
後半途中から投入されると、飯尾との連携でサイドからの攻撃を活性化させた。調子は上向きだ。

27 新里 涼 -(80分IN)
試合終盤に投入されるもロングパスを狙いあう展開が多く、あまりボールに絡めなかった。

監督
高木琢也 5.5
スカウティングはできていたがチームとしての対応は不十分に。交代で立て直しは見せた。

鹿島――自陣に引き込んでのプレスが機能

【チーム採点・寸評】
鹿島 6.5
ターンオーバーのために前節から主力を含む4選手を入れ替えて臨み、立ち上がりに失点を喫したものの、勝負どころを押さえたしたたかな強さを発揮して逆転勝ち。相手を自陣に引き込んでからのプレスも十分に機能した。

【鹿島|採点・寸評】
GK
21 曽ヶ端準 6
失点こそあったが前への飛び出しなどでは冷静な判断を披露。後半はほぼノーミスで終えている。

DF
24 伊東幸敏 6.5
積極的に前に仕掛けるオーバーラップで遠藤との好連係を見せ、同点ゴールもアシストした。

5 チョン・スンヒョン 6
細かいファウルはあったが、長崎の攻撃の起点であるファンマに自由を与えない強さを見せた。

39 犬飼智也 6
90分を通して大きく崩れることはなかった。安定感のある守備で長崎の攻撃を跳ね返し続けた。

16 山本脩斗 5.5
相手のミスをついてボールを奪い、シンプルに裏へパスを通す。守備ではやや精彩を欠いた。

MF
20 三竿健斗 6
周囲のフォロー役として上手くチームバランスを保つ。攻守の切替の場面でも反応が速かった。

4 レオ・シルバ 6.5
MAN OF THE MATCH
中盤の底から前線まで広範囲に動き、能力の高さを発揮。同点ゴールのシーンでは巧さも見せた。

鹿島――敵DFの脅威となった金森

25 遠藤 康 6.5
得意の左足を生かして好機を演出。1試合を通じて数多くボールに触れ、攻撃の起点となった。

30 安部裕葵 5.5(HT OUT)
背後のスペースを狙われる場面もあったが、攻め残って攻撃でも貢献した。故障により前半のみで交代。

FW
8 土居聖真 6
金森より少し下がった位置からゲームを作り、鋭い動きでゴールへ向かうキレのあるプレーを見せた。

14 金森健志 6(87分OUT)
前線で積極的に動いて敵DFの脅威に。ゴール前でのアイデアも豊富で長崎にとっては厄介な存在に。

交代出場
32 安西幸輝 6(HT IN)(72分OUT)
後半から出場し、中盤が密集した展開の中で切れ込んでいくプレーを披露したものの負傷で途中交代

6 永木亮太 6(72分IN)
故障の安西に代わり後半途中からピッチへ。何度か前への仕掛けでチャンスを作っていった。

9 鈴木優磨 -(87分IN)
試合終盤の短時間の出場ながら、DFラインとの駆け引きを繰り返し、カウンターを狙う動きで牽制した。

監督
大岩 剛 6.5
スケジュールを考慮してターンオーバーを実施。起用した選手たちがしっかり結果を出した。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●藤原裕久(サッカーライター)


サッカーダイジェストの藤原氏による長崎戦の寸評である。
逆転勝利に総じて良い評価が与えられた。
その中でユキとレオ・シルバ、そしてヤスに高い評点が付けられておる。
ユキは果敢な攻めから同点弾をアシスト、逆転時にも相手DFを引っ張っており貢献しておる。
守備でも良いところを見せ、これまでベンチ外が続いておっても常に準備しておったことが伝わってくる。
このような選手が揃う際には鹿島は強さを発揮する。
ヤスは同点弾の起点、逆転弾とMVP級の働きをしておった。
逆転弾は、“ヤスゾーン”とも呼ばれる得意の位置からであり、胸がすくシュートと言えよう。
ボールタッチも多く、まさにチームの軸であったことはいうまでもない。
そしてレオ・シルバである。
MOMにも選出されたボランチは、運動量、シュートと能力を発揮した。
この試合こそ、最高の賛辞を送られる活躍であったが、清水戦・名古屋戦も良い動きをしておった。
調子が上り調子の様子。
ジーコ来日に合わせるようにモチベーションが高まっておるのが伝わってくる。
昨季より続く負傷による負の連鎖がやっと切れたのではなかろうか。
レオ・シルバの能力にてアジアの頂点に立ちたい。
調子の更なる向上を期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

怪我人と移籍(出)が誤算ですが、もともとターンオーバーできるだけの戦力はありました。

起用した選手が活躍するのが巻き返しの条件、監督の手腕の見せ所です。

有望な若手は海外へ旅立ってしまう時代、中堅と助っ人の活躍は必須ですね
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク