FC2ブログ

サッカーダイジェスト Fマリノス戦寸評

【J1採点&寸評】鹿島1-0横浜|プラス評価は決勝点の遠藤のみ。横浜は攻撃陣に大きな課題が…
サッカーダイジェストWeb編集部
2018年08月20日


鹿島――3バックがゴール前で奮闘


【警告】鹿島=犬飼(66分)、安西(87分) 横浜=扇原(64分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】遠藤康(鹿島)


[J1リーグ23節]鹿島1-0横浜/8月19日/カシマ

【チーム採点・寸評】
鹿島 5.5
攻撃では好機を何度も迎えたが、得点につながったのは遠藤の1本のみ。フィニッシュの精度を上げれば、もっと容易に勝利を引き寄せられたはず。後半は押し込まれる我慢の時間帯もあったが、DF陣が身体を張って決定機を許さなかった。

【鹿島|採点・寸評】
GK
21 曽ケ端準 6
前半は味方の守備がはまり、相手をシュート0本に抑えたため出番なし。後半は伊藤の決定機を死守するなど、完封に貢献。

DF
24 伊東幸敏 6
機を見た攻撃参加で右サイドからアクセントを加えた。精力的に上下動を繰り返したが、クロスの精度が上がればなお良い。

5 チョン・スンヒョン 6
前線へのロングフィードで、決勝弾の起点となる。H・ヴィエイラには手を焼いたが、空中戦では制空権を握った。

39 犬飼智也 6
後半、H・ヴィエイラの対応では後手に回ったが、我慢の守備で完封。チョン・スンヒョンとのコンビも板についてきた。

16 山本脩斗 6
対峙する松原に自陣深くまで持ち込まれたが、要所をしっかり抑え、冷静に対応した。攻撃参加のタイミングもまずまず。

MF
20 三竿健斗 5.5
前半は黒子役に徹して中盤の主導権を掌握する。シュートの打ち合いとなった後半は相手のマークを掴みきれず、リズムを失った。

4 レオ・シルバ 6
前半の守備では扇原とのマッチアップを制し、中盤の主導権を握った。攻撃ではあまり見せ場はなかったが、無難にプレー。 

鹿島――初出場のセルジーニョ、鈴木とのコンビに期待感

25 遠藤 康 6.5(76分OUT)
MAN OF THE MATCH
49分、DFのクリアを胸トラップしてからの左足ボレー。鮮やかな決勝点を決めた。サイドでリズムを作り、攻撃を牽引した。

6 永木亮太 5.5(87分OUT)
攻撃ではタイミングの良い攻め上がりをみせた。しかし、守備では対峙する松原を前に後手に回る場面も。

18 セルジーニョ 5.5(67分OUT)
加入間もなくで連係面の欠如もあったが、鈴木に好パスを配球して好機を演出するなど、調子が上がれば、活躍の予感。

9 鈴木優磨 6
ゴールはなかったが、得点への気概を見せ続けて横浜の守備陣に脅威を与えた。前線から積極的にプレスをかけ、守備面での貢献も大きい。

交代出場
8 土居聖真 5.5(67分IN)
81分にはドリブルシュートと見せ場を作った。ただしまだ少し視野が狭いため、周囲にも気を配ることで、より決勝点が生まれるチャンスも増えるはず。

14 金森健志 6(76分IN)
出場1分後にはポストを叩くヘディングシュートを放つなど、短い時間で精力的に動いた。

32 安西幸輝 ―(87分IN)
長崎戦で右膝を痛めて出場が危ぶまれたが、終盤にピッチへ。怪我の不安を感じさせないキレのある動きを見せた。

監督
大岩 剛 5.5
「ボックス近くで積極的にプレーを」とハーフタイムに指示をしたことが得点に結実した。だが、守備ではシュート8本を被弾するなど変わらぬ不安定さも露呈している。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

横浜――T・マルチンスは今後の好材料

【チーム採点・寸評】
横浜 5
両サイドから仕掛けて敵陣に侵入するもシュートまで持ち込めない。サイドから攻める意図は感じたが、ゴールまでのイメージがまったく見えず、最後まで打開策が見つからずに1失点に泣いた。しかし、守備では新戦力のT・マルチンスは今後の好材料。

【横浜|採点・寸評】
GK
21 飯倉大樹 5.5
40分にはL・シルバのプレスに焦り、軽率なクリアでミスを招いた。失点は、手に当てていただけに、弾き返せず悔やまれるところ。

DF
4 栗原勇蔵 6
失点シーンではしっかりとボールをクリアできず、相手攻撃陣に振り回される場面も度々あった。それでも73分には正確なフィードで伊藤の決定機を演出。

2 ドゥシャン 5.5
身体を張った守備と前線へのビルドアップで精度の高さを見せた。遠藤のシュートに詰めることができずに失点を喫した。

13 チアゴ・マルチンス 6(80分OUT)
Jリーグの速い展開のサッカーに戸惑うこともなく、臨機応変に対応。初戦でこの動きは今後に期待が持てる。裏へのボールへの対応は改善の余地あり。

MF
27 松原 健 5.5(59分OUT)
逆サイドの山中とともに、幾度となくサイドの突破を試みたが、敵陣深くに侵入しても攻撃のアイデアが欠如。鹿島の守備網を打破できなかった。

38 山田康太 5(59分OUT)
ほとんどボールに絡めず、攻守両面で存在感を示せなかった。H・ヴィエイラと代わる形で59分に不本意な途中交代。

6 扇原貴宏 5.5
ボールを受ける際にL・シルバの標的となり、プレスへの弱さを露呈した。ボールを散らす役割も両サイド一辺倒でバラエティを加えられず。縦パスも欲しかった。

横浜――フリーランニングが乏しい大津は「5」

24 山中亮輔 5.5
積極性はあったが、ゴール前へのクロスの精度には改善が必要。中央に切れ込む動きが少なく、物足りなさが残る。

FW
9 大津祐樹 5
足下のパスばかり要求し、ボールを呼び込むためのフリーランニングが乏しい。何度か決定機を外し、前線の選手を活用もできずに終わった。

16 伊藤 翔 5.5
終始攻撃的にプレーするも味方と意図が合わない。73分、得意の飛び出しで決定機を迎えるが、最後は曽ケ端に阻まれてゴールできなかった。

14 天野 純 5.5
86分には正確な左足FKでスタジアムを沸かせたが、右ポストを強打しゴールならず。この好機以外は、鹿島の守備の網にはまって封じられた。

交代出場
FW
26 イッペイ・シノヅカ 5.5(59分IN)
同時出場のH・ヴィエイラとは対象的に、ゲームの流れに乗れなかった。試合中、鼻血を出すハプニングにも襲われたがピッチに戻る気概を見せた。

7 ウーゴ・ヴィエイラ 6(59分IN)
随所に鋭い突破をみせ、単調だった攻撃にアクセントを加えた。73分にはシュートのこぼれ球を拾ってゴール前で粘りを見せるなど、前線でひとり気を吐いた。

MF
8 中町公祐 ―(80分IN)
残り10分というわずかな時間の出場となったが、攻撃になにかしらの変化を加えたかった。

監督
アンジェ・ポステコグルー 4.5
中澤をベンチ外とする思い切った起用法を見せたが、無失点に抑えることはできず。リーグ最多得点タイだった攻撃力も、この日は影を潜めた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。


サッカーダイジェストによるFマリノス戦の寸評である。
「鹿島――3バックがゴール前で奮闘」というヘッドラインはいかがなものであろうか。
さすがに誰の目にも明らかな鹿島の戦術を見間違えて採点も寸評もないと思われる。
単なる打ち間違いであるのであれば、もっと時間をかけて推敲して欲しいところ。
その中で最高評価ろMOMはヤスに与えられた。
決勝ボレーは素晴らしく、そのシーン以外もこの試合の攻撃はヤスから始まっておったことは明らか。
納得ではある。
また特筆すべきは、金森に対する「出場1分後にはポストを叩くヘディングシュートを放つなど、短い時間で精力的に動いた」という寸評であろう。
昨季はノーゴールに終え、今季の前半も不調に終えた金森であったが、ここにきてみるみる才能を発揮しだした。
ジーコ効果なのであろうか。
層の薄いFWに於いて異彩を放つのだ。
今後の活躍を期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク