FC2ブログ

セルジーニョ、シーズン後半戦に向けた、ジョーカーとなり得る存在だ

鹿島の救世主となるか!? ”ジーコ推薦の新戦力”がチーム復調のカギを握る
サッカーダイジェストWeb編集部
2018年08月20日


新加入FWがぶっつけ本番、鈴木とコンビを組む


Jリーグ初出場となったセルジーニョ。周囲との連係を意識したプレーで、緩急織り交ぜたパスで攻撃にアクセントを加えた。鈴木とのコンビネーションにも期待がかかる。 (C)J.LEAGUE PHOTOS.

[Jリーグ23節]鹿島1-0横浜/8月19日/カシマ

 いざ巻き返しへ。調子の上がらない鹿島に、復調へのひとつの好材料が現われた。

 23節、今夏にサントス(ブラジル)から加入したセルジーニョが、Jデビューを果たした。鈴木優磨と2トップを組んでいきなりのスタメン出場。試合中は鈴木よりも少し低めに位置を取り、持ち前のキープ力でボールを保持して仲間の攻め上がりを促した。

「できるだけボールをキープして、少しでも味方にチャンスを作れれば、という思いでやっていた」と語ったセルジーニョ。26分には右サイドでボールを受けると、鈴木の動きに合わせて左足のアウトサイドで巧みな浮き球のパスを供給。鈴木の胸トラップが流れて得点には結びつかなかったが、広い視野、的確な状況判断、優れたテクニックで好機を演出した。

 40分には、ペナルティエリア外から左足ボレーシュートでゴールを狙うなど、随所に高い能力の片鱗をのぞかせた。ただ、本人も「本来のパフォーマンスからはほど遠い」と明かしたように、仲間とかみ合わずに”消える”時間帯もあった。

 試合後、セルジーニョは「日本のサッカーが分からなかったので、分かるきっかけになった。徐々に分かってくれば、もう少し違う形のパフォーマンスを示すことができる」とコメントし、適応に自信をみせている。

 周囲もセルジーニョとの連係に手応えを感じているようだ。決勝点となるゴールを決めた遠藤康は「もっとできる選手。フォローしてあげれば、チームもよくなる」と好感触を得ている。大岩剛監督も「(よかったところは)シンプルにプレーするところ。ゴール前でクオリティの高さを示してくれた」と太鼓判を押した。

 現在、鹿島はレアンドロが両膝の負傷で長期離脱中。同選手を欠いて攻撃の幅が狭まり、鈴木や土居聖真にかかる負担が大きくなっていた。プレーにアクセントを加えられるセルジーニョが加入したことで、攻撃の幅も広がるだろう。噛み合ってくれば、対戦相手にとって脅威となるはずだ。

 鹿島のテクニカルディレクターである“神様”ジーコ氏が加入を後押ししたというブラジル人の23歳。シーズン後半戦に向けた、ジョーカー(切り札)となり得る存在だ。


セルジーニョについて記すサッカーダイジェストである。
先日のFマリノス戦では才能の片鱗を魅せた。
特に優磨に出したパスは、常人の出したそれとは質が異なる。
この一本だけでセルジーニョが持つ能力を見いだすことが出来よう。
そして、ヤスは「もっとできる選手。フォローしてあげれば、チームもよくなる」と語る。
この才能を鹿島のこのチームにフィットさせ、力を存分に発揮して貰おうではないか。
今後が楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク