FC2ブログ

篤人、今が一番手応えがある

「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及
2018年8月21日


直撃取材に答える内田篤人(C)元川悦子

 長谷部誠(フランクフルトMF)や長友佑都(ガラタサライDF)ら「30代おっさん世代」の活躍で16強入りしたロシアW杯から1カ月。本来ならば、彼らとともに日本代表としての集大成を迎えるはずだった日本人選手屈指の右SB内田篤人(鹿島)が再起に全力を注いでいる。今季8年ぶりに常勝軍団に復帰したが、右ひざ負傷に苦しんでJ9試合出場にとどまっている。それでも彼は「(15年6月に)手術してから1~2カ月(チームを)抜けずにチーム練習をやれることがなかった。今が一番手応えがある」と前向きに語り、28日のACL・天津権健(中国1部)戦に照準を合わせている。鹿島の練習場で内田の胸中を直撃した。

 ◇  ◇  ◇

 内田の古巣復帰で2年ぶりのJ1王者奪還に近づくとみられた鹿島だったが、今季は開幕から苦境にあえいだ。11位でW杯中断期間を迎えるとは想定外だっただろう。

 7月18日のJ1再開前には、ロシアW杯組のDF植田直通がベルギー1部のサークル・ブルージュに移籍。7月末にはエースFW金崎夢生も鳥栖へ赴き、守備の要であるロシアW杯主力メンバーDF昌子源も負傷離脱。内田自身も先発から遠ざかり、このところ若手中心の陣容で戦わざるを得なくなっている。

「前半戦はロシアW杯を本気で狙い、剛(大岩監督)さんも後押ししてくれて先発で思い切って使ってくれた。けど90分持たずに代わる場面が多かった。今は練習も長くできてるし、スプリントもできるようになってきている。ドイツでやってきたし、プレーの質には自信がある。コンディションの問題だけ」と完全復活間近だと考えている。

 その状態にあと半年早く持っていけたら……。

 そんな悔恨の念も少なからずあるはずだ。内田が3年前に右ひざ手術に踏み切ったのも、30歳で迎えるロシアW杯での完全燃焼を期したから。日本復帰を決意したのも試合出場機会を増やし、ベストな状態に持っていきたかったからである。

■ドイツやブラジルだったら絶対批判されている

「ロシアに行けなかったのは自分のせい。ケガをしたからね。代表への区切り? そんなの全然ついてないよ」と内田は悔しさをにじませる。ただ長年ともに戦ったメンバーが16強という結果を残したことには、最大級の敬意を払っている。

「コロンビアが退場して10人になったのもあるけど、そこまで追い込んだのは日本。自分たちのサッカーをみんなでやった成果ですからね。でもベルギー戦は勝って欲しかった。サッカーやってる人間としては、0―2からまくられる(逆転される)のは絶対に納得できない」と語気を強める。

 日本では「優勝候補のベルギーをギリギリまで追い込んだ」と称賛一色だが、欧州トップレベルを熟知する内田にとって絶対にやられてはいけないミス。それは香川真司(ドルトムントMF)も語っていたことだ。

「『よく頑張った』と美化しがちだけど、それは良くない。『なんで0―2からひっくり返されてるんだ』って国に早くならないと日本は強くならないと思う。特にメディアはもっと(厳しく)言わないと。ドイツやブラジルだったら絶対に批判されている。選手も背負っているものが違いますよね」

 苦言を堂々と呈することができる国際派SBである。早く表舞台に戻ってきて欲しいと切に願っている――。

(取材・文=元川悦子/サッカージャーナリスト)


篤人を取材した日刊ゲンダイの元川女史である。
元鹿島番記者であった元川女史に対して篤人は饒舌軽やかになった様子。
ロシアW杯での日本代表の戦い方とその報じられ方についてコメントする。
このあたり、欧州にて肌で感じたことを伝えてくれて嬉しくなる。
そして篤人自身については、「今が一番手応えがある」「今は練習も長くできてるし、スプリントもできるようになってきている。ドイツでやってきたし、プレイの質には自信がある。コンディションの問題だけ」と言い切る。
これは頼もしい。
1週間後に迫ったACL・天津権健戦に向けて調整しておることが伝わる。
国際経験豊富な篤人の力はここでこそ発揮されよう。
篤人の力で勝ち上がらせるのだ。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

篤人さん
流石です☺

4年後W杯
篤人さんの姿
観たいです❤
長谷部さんの復活も❤
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク