FC2ブログ

天津権健、助っ人移籍志願で帯同せず

【鹿島】思わぬ“追い風”天津権健の「金満三銃士」崩壊? 28日ACL準々決勝
2018年8月27日6時5分 スポーツ報知


MF小笠原満男(左)とMF永木亮太(右)

  鹿島は26日、ACL準々決勝第1戦・天津権健(中国)戦(28日・カシマ)に向けた調整を行った。後半ロスタイムに同点弾を許した磐田戦から中3日で行われる大一番に向け、DF犬飼智也(25)が「切り替えが大事。チームとして、もう顔を上げている」と話すなど、クラブ初のアジア4強入りをかけた決戦への士気は高まっている。

 大岩剛監督(46)が「総力戦になる」とにらむ大一番に、鹿島にとって思わぬ“追い風”が吹いている。天津権健は日本戦にも出場したベルギー代表MFヴィツェル、元ブラジル代表FWパト、ケルンでFW大迫勇也とコンビを組んだFWモデストの“金満三銃士”を軸に8強へ進んだが、今夏にヴィツェルのドルトムント移籍が決定。さらに現地紙によると、モデストは移籍を認めないクラブへの不満から練習参加をボイコット中。4日を最後に公式戦出場がなく、日本遠征にも帯同しない見込みだという。


津権健戦の助っ人状況について報じる報知新聞である。
ベルギー代表としてロシアW杯にて日本代表とも対戦したのヴィツェルはドルトムントに移籍し、今朝のライプツヒ戦に先発出場した。
また、強力FWのモデストは欧州移籍を志願し、練習参加を拒否しておる。
この二人の欠場により、天津権健の攻撃力はかなり弱まったと言えよう。
とはいえ、鹿島も日本代表CBと主軸FWの背番号10及び助っ人が移籍しており、戦力として満足出来るかというと疑問である。
決して気を緩めることなど出来ぬ。
大岩監督の言うように「総力戦」にて勝負をかけたい。
注目の一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

相手どうこう関係なく、鹿島らしさが出せれば勝てる!
特に韓国コンビに期待
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク