FC2ブログ

サッカーダイジェスト 天津権健戦寸評

【ACL採点&寸評】鹿島 2-0 天津権健|躍動したふたりのブラジリアン。久々出場の内田の出来は?
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2018年08月28日


テンポ良く捌いた三竿健はビルドアップの中心に


【警告】鹿島=なし 天津権健=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】レオ・シルバ(鹿島)


[ACL準々決勝①]鹿島 2-0 天津権健/8月28日/カシマ

【チーム採点・寸評】
鹿島 6.5
リズムを掴んだ前半は、いくつかの決定機を作ったがネットを揺らせず、スコアレスで折り返す。迎えた後半も押し気味に試合を進めながら、60分にはL・シルバのゴールで先制に成功。さらにセルジーニョが加点し、守っては手堅い守備でクリーンシートを達成。鹿島らしい勝ち方だった。

【採点・寸評】
GK
1 クォン・スンテ 6.5
飛び出すかステイするかの判断が正確で、ハイボールも危なげなく処理。キャッチングも終始、安定していた。終了間際にはビッグセーブも。

DF
2 内田篤人 6
8月5日の清水戦以来となる公式戦の舞台。遠藤や鈴木との好連係で局面を打開し、巧みに敵の最終ラインの背後を突く一方、守備面でやや不安定な面も。

35 チョン・スンヒョン 6
激しいブロックで簡単に相手に前を向かせず。つなぎの部分では、シンプルに近くにいる味方に預けた。

39 犬飼智也 6
攻撃陣の位置取りや走り出しをよく見ながら、縦につけるパスやロングフィードは効果的。ディフェンスもソツがなかった。

16 山本脩斗 6
鋭い読みでインターセプト。素早く攻守を切り替えて、タイミングの良いオーバーラップで攻撃に厚みをもたらす働き。

MF
20 三竿健斗 6.5
ビルドアップの中心。中盤でボールを回収し、テンポ良く捌く。デュエルでも抜群の強さを発揮。22分のセルジーニョのお膳立てから放ったシュートは決められなかった。

MAN OF THE MATCH
4 レオ・シルバ 6.5
三竿健より少し高いポジショニングで攻守にフル稼働。60分に遠藤のヘッドでのパスに右足を丁寧に合わせて、チームを勢いづかせる値千金の先制点をゲット! 最後まで“2点目”を狙う姿勢も高く評価したい。

25 遠藤 康 6.5(83分OUT)
開始早々のヘディングシュートは枠の外。質の高いクロスやCKを供給し、L・シルバの先制点をアシスト。安西からのクロスを左足で叩いた57分の決定機は決めたかった。

32 安西幸輝 6
この日は左MFで先発。球際でアグレッシブに戦い、左サイドで起点となってゴールチャンスをうかがう。

鮮やかなミドルでセルジーニョが来日初ゴール!


遠藤のお膳立てから1ゴールをマークしたL・シルバ。攻守に躍動感溢れるプレーが光った。写真:徳原隆元

FW
18 セルジーニョ 6.5(87分OUT)
34分、山本の折り返しに左足で狙うも痛恨のシュートミス。だが、72分には目の覚めるようなミドルを突き刺し、待望の来日初ゴールが貴重な追加点に。

9 鈴木優磨 6(79分OUT)
32分に遠藤のシュート性のクロスに飛び込むも合わせられず。ただ、力強い仕掛けでチャンスメイクし、献身的なプレスバックも。

交代出場
FW
14 金森健志 ―(79分IN)
セルジーニョと2トップを組む。懸命にプレーに絡みながら一発を狙う。たた、思うようなパスが届かずノーゴール。

MF
6 永木亮太 ―(83分IN)
中盤の右サイドでプレー。持ち前の機動力と運動量を武器に、攻撃にも守備にも積極的に関与して、確実に試合を終わらせた。

MF
8 土居聖真 ―(87分IN)
2トップの一角で途中出場。限られたプレータイムのなか、カウンター時には惜しいシーンを作ってみせた。

監督
大岩 剛 6
前半は攻めあぐねたものの、後半も攻撃の強度を落とさず、ゴールをこじ開ける。盤石のゲーム運びだった。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。


サッカーダイジェストの広島記者による天津権健戦の寸評である。
快勝に全員に良い評価が与えられた。
その中でも、クォン・スンテ、三竿健斗、レオ・シルバ、ヤス、そしてセルジーニョに特に高い評点が与えられておる。
スンテのビッグセーブ無しにクリーンシートは成し得なかった。
健斗の中盤での動きも然り。
ヤスはシュートを外したことで評価を下げるかと思われたが、快勝の影響かそこはマイナスされずに済んだ様子。
レオ・シルバとセルジーニョは勝利に綱がゴールが評価に結び付いておる。
セルジーニョのゴールは、ポジションからゴールまで撃ってくれと言わんばかりの道が開けておったことが、現地ではよく見えた。
それを決めきるのも助っ人の力と言えよう。
レオ・シルバはMOMにふさわしいプレイのオンパレードであった。
まさにチームの中心選手である。
助っ人の力で勝ちきった試合。
これを続け、アジアの頂点を目指すのだ。
その第一歩は快勝であった。
これからも期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク