fc2ブログ

今の鹿島なら、最後には大きな成果を手にしているかもしれない

【鹿島|戦評】ふてぶてしいまでの勝負強さ。耐え忍び、勝機を掴むのが「今のベスト」
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2018年09月15日


「すべてを圧倒して勝つのはたぶん、難しい」(西)


湘南戦は苦しみながらも、最後は鈴木(9番)のゴールで勝点3をもぎとった。写真:徳原隆元


この日は正確なクロスで2アシストを記録した西は、「我慢とか、守備からっていうのをやらないとダメ」と語る。写真:徳原隆元


[J1リーグ26節]鹿島 2-1 湘南/9月14日/カシマ

 たとえ前半は主導権を握られたとしても、今の鹿島はどこか安心して見ていられる。むしろ、0-0で前半を折り返せば、後半の“逆襲”が楽しみになってくる。

 事実、49分にはセットプレーの流れから、最後は西大伍のクロスを土居聖真が押し込んで先制に成功。66分に一瞬の隙を突かれ同点に追いつかれるも、90+1分には、再び西のクロスから途中出場の鈴木優磨が豪快なヘディングシュートを突き刺し、決着をつけた。

 最後に勝てばいい――そんな割り切った戦い方を辛抱強く貫く。劣勢の時間が長く続いても、慌てる素振りは見せない。

 西はチームの現状を次のように語る。

「今のこのチームで、すべてを圧倒して勝つのはたぶん、難しいので。理想と、現実的に考える部分の難しさがあって、我慢とか、守備からっていうのをやっぱり、やらないとダメかなと思いますけどね」

 相手を圧倒できない理由は「いろいろある」(西)。それを理解したうえで、勝利を引き寄せるためには何をすべきかを、選手たちは理解しているのだろう。そして、最後に勝つ。

 我慢するところは我慢する。守ると決めたら、それ以上は求めない。愚直に、攻め込んでくる相手の攻撃を一つひとつ、潰していく。それだけに集中する。そして、流れが来れば、ワンチャンスを確実にモノにしていく。

「今日は、我慢するところはみんなで我慢していたし、決定的なピンチはそんなに作られなかった。こっちもあんまり(チャンスは)なかったですけど」(西)

静かに、しかし着実に前に進んでいる


劣勢の時間帯でも、個々が球際で激しく戦ってピンチを未然に防ぐ。守備の強度はここに来てさらに高まってきた印象だ。写真:徳原隆元

 ここまでの戦いぶりを振り返れば、リーグ戦では2連勝が精一杯で、良い流れを続けられず、たしかに“圧倒的”な強さは感じられない。それでも、ここにきて伝統の勝負強さを発揮するゲームが増えてきている。昨季リーグ王者の川崎を退けたルヴァンカップ準々決勝しかり、ホームで2-0の完勝を収めた中国の天津権健とのACL準々決勝ファーストレグしかり、要所ではふてぶてしいまでの勝負強さを見せている。

 今回の湘南戦もそうだった。前半は我慢して、後半はリードを奪っても追いつかれ、このまま引き分けかと思われた終了間際に、きっちりと勝ち越し点を挙げてみせた。

 湘南戦の勝利で、暫定ながらリーグ戦では6位に浮上。3位のFC東京と勝点3差まで迫り、来季のACL出場権獲得も視野に捉える。

 耐え忍びながら、勝機は逃さない。こうした戦い方、勝ち方が「今のベスト」と西はきっぱりと言う。

 静かに、しかし着実に前に進んでいる。ともすれば、他のライバルと比べて、戦力的にも、チームの完成度でも劣るかもしれない。だが勝負所をしかと見極めることができている今の鹿島なら、最後には大きな成果を手にしているかもしれない。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)


湘南戦を評するサッカーダイジェストの広島記者である。
「たとえ前半は主導権を握られたとしても、今の鹿島はどこか安心して見ていられる。むしろ、0-0で前半を折り返せば、後半の“逆襲”が楽しみになってくる」と綴る。
鹿島の鹿島らしさを伝えてくれる。
というよりも、今季失っておったこの“らしさ”を取り戻したと言って良かろう。
「静かに、しかし着実に前に進んでいる」という評は的を射ておると思う。
今季のサッカーが見えてきた試合。
これがこの湘南戦だったやもしれぬ。
ここからの戦いが楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク