FC2ブログ

Fマリノス戦コメント・報道

2018JリーグYBCルヴァンカップ プライムステージ 準決勝 第1戦


鹿島アントラーズ:大岩 剛
前半の90分ということで、ホームでアグレッシブに戦った。非常にいいゲームで、前半は自分たちがやりたいことができていた。後半、ギアを上げて得点を取って勝ち切る流れだったが、セットプレー2つで失点してしまった。第2戦に向けて、しっかり改善したい。アウェイでの第2戦は非常に難しい戦いになると思うが、しっかりと逆転できるように、決勝に進むための準備していきたい。

Q. 交代枠2つをアクシデントで使うことになったが、相手に勢いを与えることになったと感じているか?

A. 相手に勢いをもたらしたとは考えていない。アクシデントはこの試合だけではなく、次の試合にも影響があるかもしれないので、しっかりと状況判断して準備したい。ゲームのなかでアクシデントは起こり得ること。選手たちはこの状況のなかで、最後まで走り切ってくれた。今はしっかりリカバリーすることが第一だと感じている。



【犬飼 智也】
得点は狙い通りだったけど、1失点目は自分とマチのところで壁が割れてしまった。壁の責任。本当に悔しい。次は中3日ある。取り返すチャンスがあるし、それができるチームだと思う。やるだけ。

【遠藤 康】
うまく守れている場面が多くて、いい形でボールを奪えていたけど、その後が雑だった。次は2点取るだけ。分かりやすくていい。今のうちなら2点は取れる。切り替えてやりたい。ここから一致団結して、次は勝ちたい。

【土居 聖真】
PKを外した後の姿勢が大事だと思っていた。迷惑をかけた分、取り返したかった。もちろん反省をする。そして、下を向いてもしょうがない。消極的になってもさらに迷惑をかけるだけ。前向きに取り組んで、点が入るまでシュートを打ち続けたい。

【内田 篤人】
チャンスがある中、点を取れる時に取れないとこうなってしまう。勝っている時にも話していたけど、必ず負けるときは来る。その時にいかに引きずらないか。みんなで戦っていくしかない。

【曽ケ端 準】
前半の最初にも同じようなシュートがあったし、事前に映像でも見ていた。追いついた後にすぐの失点となってしまって残念。リスクマネジメントもできていて、もう1点という雰囲気や勢いもあった。次がすぐあるので、みんなで取り返せるようにしたい。

【町田 浩樹】
セットプレーの細かいところで失点してしまった。改善の余地があるし、幸い、まだ90分が残っている。みんなで一つになって、勝って決勝に行きたい。

JリーグYBCルヴァンカップ 準決勝 第1戦
2018年10月10日(水)19:03KO
県立カシマサッカースタジアム

[ 大岩 剛監督 ]
(2試合あるうちの)前半の90分ということで、ホームでアグレッシブに入って非常に良いゲームでした。前半は自分たちのやりたいことができて、後半ギアを上げて得点を取って勝ち切る、という流れだったんですけれど、セットプレー2つで失点してしまった。それは第2戦に向けてしっかり改善したいと思います。アウェイでの戦いというのは非常に難しいと思うんですけど、しっかり逆転して、次の決勝に進むという気持ちを持って準備したいと思います。

--交代枠の2つが負傷によるものでした。相手に勢いを持たせてしまった部分はあるのでしょうか?
それが相手に勢いをもたらしたことはないと思っています。ただ、アクシデントというのはこのゲームだけでなく、次のゲームにも影響するかもしれないので、いまは次のゲームに向けての状況判断と準備をしなければいけないという気持ちでいます。ゲームの中でアクシデントは起こり得ることなので、それにもしっかり対応して、選手たちは最後まで、この状況の中で走り切ってくれているので、しっかりとリカバリーすることがまずは第1ではないかと感じています。

JリーグYBCルヴァンカップ 準決勝 第1戦
2018年10月10日(水)19:03KO
県立カシマサッカースタジアム

MF 8
土居 聖真
Shoma DOI

--PKの場面は。
GKは見えていたので完璧に決めたと思った。自分で蹴ると言いに行きました。外してしまったことはしょうがないし、外したこともそうですけど、外したあとの姿勢が大事かと思っていた。「メンタルやられてるな」と思われるプレーはしたくなかったし、もうチームに迷惑をかけているんで、それを取り返すしかないし、積極的に、外そうが外すまいがやることは変わらなかった。僕が外したあと、前半の後半とかは相手に流れを持って行かれましたけどゼロに抑えてくれたし、そこはチームメートに感謝しています。同点まで1回はいったので、そこは助けられたと思ってます。PK とポストで2本外しているので、次は取り返すしかない。もちろん反省はします。けど、下を向いてもしょうがないので前向きに取り組みます。

犬飼 智也 - Tomoya INUKAI
DF 39
犬飼 智也
Tomoya INUKAI

--最後の場面は?
相手のほうが一歩先に足が出て触られた。マリノスのほうが集中力で上回っていたと思う。サイドを突破されても中で良い対応ができていた。セットプレー2発でやられたので悔いが残ります。1点目は僕とマチ(町田 浩樹)の間を通された。壁の責任です。得点は(永木)亮太くんが良いボールをくれたのでうまく入れた。練習の成果が出たと思います。まだ次があるし、取り返すチャンスがある。悔しいが顔上げたい。僕たちのほうが連戦に慣れているし、ポジティブに捉えたい。

【鹿島 vs 横浜FM】途中交代した内田篤人
2018年10月10日(水)



80分にピッチに座り込み、途中交代した内田篤人(鹿島)。

【鹿島 vs 横浜FM】犬飼の土壇場の同点弾!
2018年10月10日(水)



横浜FMが逃げ切るかと思われた90+3分、鹿島はCKからボールは犬飼智也の頭にドンピシャで合い、土壇場で同点ゴールをあげる。

鹿島決勝G許しホーム初戦● 横浜鬼門カシマで勝利
[2018年10月10日21時18分]


鹿島対横浜 後半、FKでゴールを決める横浜MF天野(右)(撮影・浅見桂子)


鹿島対横浜 前半、ゴール前でボールを競り合う鹿島MF土居(右)(撮影・浅見桂子)


<YBCルヴァン杯:鹿島1-2横浜>◇準決勝第1戦◇10日◇カシマ

鹿島アントラーズはホームで横浜F・マリノスと対戦し、後半ロスタイムに決勝ゴールを許して1-2で敗れた。

7日にリーグ戦川崎F戦を戦ったばかりの鹿島は、日本代表MF三竿健斗(22)、韓国代表DFチョン・スンヒョン、U-19日本代表のFW安部裕葵(19)がそれぞれ代表招集で不在。加えて今季公式戦全45試合に出場していたFW鈴木優磨(22)も疲労などを考慮されベンチ外となった。

一方、横浜は金曜開催の5日にリーグ戦札幌戦を戦っており、中4日でこの日を迎えた。同試合の出場メンバーからはDF畠中槙之輔(23)と出場停止だったDFドゥシャンのみを入れ替え、ベストメンバーと言ってもいい布陣で試合に臨んだ。

試合は前半から攻守が激しく入れ替わる展開となる。まずは前半3分、横浜がゴール前でFKを得ると、これをDF山中亮輔(25)が左足で狙い、真っすぐ飛んだ強烈なシュートは右ポストに当たって惜しくもゴールとはならなかった。

鹿島は19分に左サイドにいた右サイドバックのDF内田篤人(30)が右足アウトサイドで絶妙なクロスボールをあげ、これに走り込んだFW土居聖真(26)が右足を合わせたが、シュートは左ポストに当たり、ネットを揺らすことができない。

ホームで勝利が欲しい鹿島は33分、中央でボールを持ったFWセルジーニョ(23)のスルーパスに走り込んだMF中村充孝(28)がDFチアゴ・マルチンス(23)にペナルティーエリア内で倒され、PKを獲得。絶好のチャンスを得たが、これをキッカーの土居がバーに当てて外してしまい、先制とはならなかった。

スコアレスで折り返した後半も両チームとも攻め手を緩めず、激しい試合展開が続く。すると後半32分、ゴール正面の約20メートルの位置で横浜がFKを得ると、天野が短い助走から左足を振り抜き、鋭く曲がったボールがゴール左隅に突き刺さった。

粘る鹿島も後半ロスタイム。左CKを得ると、DF犬飼智也(25)が豪快なヘディングシュートを決め、土壇場で同点に追いついた。このまま終了かと思われたが、直後に横浜が右サイドでFKを得ると、山中がゴール前に蹴ったボールをGK曽ケ端準(39)がこぼし、これに詰めたFWウーゴ・ヴィエイラ(30)がネットを揺らして決勝点。劇的なゴールで勝ち越した横浜が勝利をもぎとった。

横浜は敵地カシマスタジアムではリーグ戦含め13年6月以来、勝ちがなく6連敗中だった。鬼門の敵地で貴重な勝利をつかみ、決勝進出、そして01年大会以来の優勝へむけて1歩前進した。第2戦は14日に横浜のホーム、ニッパツ三ツ沢球技場で行われる。

鹿島曽ケ端「僕のミスで負けた」奇跡同点劇が暗転
[2018年10月10日22時53分]


鹿島対横浜 1-2で敗れた鹿島イレブンはスタンドに深々と頭を下げる(撮影・浅見桂子)


鹿島対横浜 前半、ゴール前のクロスに飛び込んだ鹿島DF内田(左)とMF中村(右)だが、横浜DFドゥシャンに阻まれる(撮影・浅見桂子)


<YBCルヴァン杯:鹿島1-2横浜>◇準決勝第1戦◇10日◇カシマ

試合は土壇場で大きく動いた。競り負けたのは、鹿島だった。

0-1で迎えた後半48分、左CKをDF犬飼智也が頭でたたき込んだ。奇跡的な同点ゴールで、引き分けたかに思えた。

だが、その2分後だった。横浜DF山中亮輔の強烈な左足のFKをGK曽ケ端準がはじいたところで、こぼれ球をFWウーゴ・ヴィエイラに押し込まれた。曽ケ端は「追いついた後、すぐでしたし。僕自身のミスで負けたのは事実。最低、引き分けることができた試合を負けている」と悔やんだ。

7日のJリーグ川崎フロンターレ戦から中2日だったが、疲労は感じさせなかった。守備陣は最後の局面で競り負けず、決定機は鹿島の方に多くあった。

だが、前半19分に、左サイドに流れたDF内田の右アウトサイドでのパスに滑り込んだFW土居のシュートは、左ポストに阻まれた。MF中村が倒されて得た同34分のPKも、キッカーを務めた土居がクロスバーに当ててしまった。土居は「攻め手がなかったわけではなかった。本当に今日は、すごい責任を感じている。次にしっかり、自分にいい意味でプレッシャーをかけて、取り返せれば」と話した。

敗戦以上に重い雰囲気にさせたのは、相次ぐけが人の発生だった。後半17分にはMF中村充孝が右膝を負傷して交代。同35分にはDF内田篤人もスライディングをした際に左太もも裏を痛めて、自ら交代を申し出た。その内田は「多分、肉離れ。(今まで)結構やっているから分かる。試合に絡めるようになってきたところなので、ちょっと残念です。大事なここからというところで、チームに迷惑をかけちゃう。申し訳ない」と話した。

中3日で迎える横浜との準決勝第2戦。突破には、最低2得点が必要になる。1度は同点となるヘディングシュートを決めた犬飼は「日曜にすぐ次のゲームが来る。取り返すチャンスが自分たちにはある。それができるチームだと思う。僕たちの方が連戦には慣れていて、そういう面では有利だと思う。ポジティブにとらえて、必ず行けると、やるだけ」と話した。

鹿島10戦ぶり黒星 内田は肉離れで長期離脱か
[2018年10月11日7時57分 ]


鹿島対横浜 敗れた鹿島イレブンはスタンドに深々と頭を下げる(撮影・浅見桂子)


鹿島対横浜 前半、ゴール前のクロスに飛び込んだ鹿島DF内田(左)とMF中村(右)だが、横浜DFドゥシャンに阻まれる(撮影・浅見桂子)


<YBCルヴァン杯:鹿島1-2横浜>◇準決勝第1戦◇10日◇カシマ

鹿島アントラーズは公式戦10試合ぶりの敗戦以上に重苦しさが残った。

MF中村が右膝を負傷。DF内田も左太もも裏を痛め「肉離れ。調子が良すぎた。スライディングしなくても良かったのに取れちゃうから行っちゃう。ここから大事で面白い試合があっただけに…」と長期離脱をにおわせた。後半48分に1度は同点ゴールを決めたDF犬飼は「取り返すチャンスが自分たちにはある。必ずやる」と前を向いた。

鹿島、本拠横浜戦5年ぶり黒星 内田は負傷退場「申し訳ない」
ルヴァン杯準決勝第1戦 鹿島1―2横浜 ( 2018年10月10日 鹿島 )


後半、負傷退場する鹿島・内田(右)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ


 鹿島はがホームでの横浜戦は13年6月のナビスコ杯(当時)準々決勝第1戦以来、約5年ぶりとなる黒星を喫した。0―1の後半アディショナルタイムにDF犬飼のヘッド弾で同点に追いついたが、その直後にセットプレーから決勝点を献上した。

 後半35分にはDF内田が左太腿肉離れで途中交代するアクシデントも発生した。14日の第2戦、24日のACL水原戦も控える中で不安を残し、内田は「ここからという時に迷惑をかけて申し訳ない」と肩を落とした。
[ 2018年10月11日 05:30 ]

【鹿島】内田が負傷退場で離脱示唆「大事な試合が続くだけに残念」ACL準決&決勝欠場も
2018年10月11日6時0分 スポーツ報知


前半、横浜M・松原(右)のボールを奪いにいく鹿島・内田


声援を送る鹿島サポーター(カメラ・岡島智哉)


 ◆ルヴァン杯準決勝第1戦 鹿島1―2横浜M(10日・カシマスタジアム)

 3年ぶり7度目の優勝を狙う鹿島は、DF内田篤人(30)が負傷退場するアクシデントに見舞われ、横浜Mに1―2で敗れた。

 左太もも裏を痛めた内田はACL準決勝第2戦水原三星戦(24日)の出場が絶望的となり、決勝(第1戦・11月3日、第2戦・10日)に進出した場合でも欠場する可能性が高まった。

 担架に乗せられた内田は、無念の表情でピッチを後にした。後半35分、スライディングを試みた際に左太もも裏を負傷。全治までの期間は11日以降に行う精密検査待ちだが、「何回かやっている場所だからわかる。ここからという時に、チームに迷惑をかけてしまうことになる」と語り、肉離れで離脱する可能性を示唆した。

 14日のルヴァン杯準決勝(ニッパツ)や24日のACL準決勝水原三星戦(水原)の出場は絶望的。診断結果次第ではACLとルヴァン杯で決勝に進出した場合も、ピッチに立つことは厳しいとみられる。ACL準決勝第1戦(3〇2)で決勝ゴールを挙げるなど調子を上げていただけに、チームにとって痛すぎる離脱となる。

 公式戦の負けなしが9戦で止まり、約1か月ぶりの黒星。内田は「ここから大事な試合が続いただけに残念だけど、うちはサイドバックがたくさんいるから」と気丈に振る舞った。


「次は2点取るだけ。分かりやすくていい。今のうちなら2点は取れる。切り替えてやりたい。ここから一致団結して、次は勝ちたい」と言い切るヤスである。
その通り。
2点取るだけ。
そして、それは可能である。
ヤスの言葉通り、アウェイにて複数得点を記録し、勝ち上がろうではないか。
また、各紙に篤人の負傷が並ぶ。
古傷の再発の様子。
短くはない離脱が予感される。
これは更なる苦境と言えよう。
ここは篤人の「うちはサイドバックがたくさんいるから」という言葉から勇気を貰う。
この苦難を乗り越えるのだ。
チームを信じておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク