fc2ブログ

鹿島が打つ戦力確保の策は

昌子の移籍は既定路線…アジア王者・鹿島が打つ戦力確保の策は?
サッカーダイジェストWeb編集部
2018年12月27日


注目される攻守の要の動向は…


伊藤(左)の加入が決まり、白崎(右)の獲得も濃厚。昌子(左から2番目)の移籍は既定路線だが、鈴木(右から2番目)は慰留できるようだ。(C)SOCCER DIGEST

 クラブW杯を4位で終了し、2018年シーズンがようやく終わりを告げた鹿島。選手たちは束の間の休息に入ったが、来たる2019年シーズンに向け、新たなるチーム作りはすでに始まっている。

 一番の注目は、DF昌子源の去就だろう。6月のロシアW杯で活躍し、今夏、フランス1部のトゥールーズ、ストラスブールの2チームから公式オファーを受けた。しかし、鹿島のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)優勝を優先に考え、海外挑戦を断念。ACLを制したことでクラブも移籍を容認し、今冬での欧州移籍の可能性が高まっている。

 鹿島の強化部は「本人の希望。契約は相手と(昌子)源のサイドで進めている。あとは見守るだけ」と話し、交渉は代理人と移籍先との話し合いに委ねている。ブンデスリーガのクラブも獲得に関心を寄せていたが、交渉はすでにトゥールーズとの間で一本化されており、年内にも話し合いがまとまる様子であり、移籍も秒読みに入っている。

 昌子同様に、海外移籍の噂が絶えないのがFW鈴木優磨。今夏も欧州の複数のクラブが触手を伸ばしたが、「今季は何も成し遂げていない。(その)タイミングじゃないでしょ」と残留を決意。夏にFW金崎夢生が鳥栖へ移籍したことで、その重責は大きくなり、時間の経過とともにチームのエースへと成長した。今季はキャリアハイのふた桁得点(11点)を記録し、ACLでは大会のMVP(最優秀選手賞)も受賞。22歳の大黒柱の移籍は、クラブとしても容認し難いのが現状であり、残留は濃厚だ。

 26日には、DF三竿雄斗の大分移籍が発表され、昌子の退団も決定的。となれば、最終ラインの補強が急務と考えられるが、クラブは「中盤のゲームメーカー」と「前線のポストプレーヤー」の獲得を画策している。

 7月25日のC大阪戦で、昌子が左足首を負傷。長期離脱を余儀なくされたが、このタイミングで加入した韓国代表DFチョン・スンヒョンが早期に適応した。またDF犬飼智也も奮闘し、“守備の要”を欠く状況下でも、ACLで結果を出すことができた。

伊藤のほかにも複数の獲得選手の獲得が発表されるか


横浜から獲得した伊藤は、鈴木とのターンオーバーで起用されそうだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

 問題は攻撃だ。来季もACL、リーグ戦などを並行して戦うだけに、鈴木ひとりに負担を強いるのは避けたいところ。夏に得点力のあるMFセルジーニョを獲得したが、主戦場は中盤であり、本職ではない。前線でタメを作れるFWとして、クラブは横浜の伊藤翔に白羽の矢を立てた。184センチの長身アタッカーで、今季は自己最多タイの8得点を挙げている。ターンオーバーでの鈴木との併用が予想される。

 また、中盤では「ラストパス」を出せる司令塔も渇望している。2017年1月にMF柴崎岳がスペインへと渡って以降、ゲームメーカーを欠く状況。成長著しいMF三竿健斗とMFレオ・シルバの両ボランチは、守備力に定評があるものの、司令塔タイプではない。MF永木亮太も推進力はあるが、同様にパスで組み立てるタイプではない。

 また、2017年よりJ2の町田へ期限付移籍していたMF平戸太貴が来季から復帰。今季は8得点・17アシストを記録し、町田躍進の原動力となった選手だ。チームが必要とするパスをさばくタイプであり、将来性ある21歳だが、J1での経験が乏しい。そこで目をつけたのが清水のMF白崎凌兵だった。

 白崎は攻撃的なポジションを複数こなせる万能型MFであり、精度の高いラストパスには定評のある選手。清水では「10番」をつけ不可欠な存在となっているが、今季で契約が満了する。清水は同選手と複数年の契約延長を持ちかけて慰留に努めてきたが、かねてより「タイトルを取りたい」「海外でプレーしたい」など、上昇志向が強く、移籍も視野に入れている。

 鹿島の強化部は、クラブW杯後に「まだどうなるか分からないけど、楽しみにしておいて」と契約交渉に手応えを口にしている。年内で数人の獲得発表も起こりえる状況だ。


鹿島の移籍状況について記すサッカーダイジェストWeb編集部である。
源のトゥールーズ移籍は秒読み、優磨は残留が濃厚とのこと。
優磨を慰留出来たことは大きい。
そして、「中盤のゲームメーカー」として白崎、「前線のポストプレイヤー」として伊藤翔の獲得を計ったことが伝えられる。
伊藤翔は公式発表され、白崎も濃厚と報じられる。
前戦と中盤の補強は成った。
この他に外国人の「絶対的存在」が公言されておるが、今のところ情報は無い。
それ対して「まだどうなるか分からないけど、楽しみにしておいて」と鈴木満常務強化部長は語る。
どのポジションにどのような助っ人がやってくるのであろうか。
楽しみにしたい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク