FC2ブログ

2019年シーズン始動

2019年シーズンを始動した鹿島アントラーズである。
良い表情で練習を開始した。
昨季よりの負傷の影響で優磨と三竿、ユキは別メニュー、古傷を抱える篤人は室内練習だったとのこと。
とはいえ、復帰へ不安はない。
また、多くのベテランが引退した中で現役を続ける曽ケ端は、「常に刺激をもらい、目標にしてやってきた。今も現役でやっている同年代の選手たちにも、負けたくないという気持ちでやっています」と語る。
GKは50歳まで出来るポジションである。
まだまだ頑張って貰わねばならぬ。
いよいよシーズンイン。
タイトルを期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島始動、新加入の伊藤翔は10番練習着「まだ…」
[2019年1月15日20時47分]


ランニングする新加入のFW伊藤(右から2人目)やMF白崎(同4人目)ら


別メニューでランニングする鹿島FW鈴木


別メニューでランニングする鹿島MF三竿(右)


鹿島アントラーズは15日始動し、鹿嶋市内でトレーニングを行った。

横浜から加入のFW伊藤翔(30)、清水から加入のMF白崎凌兵(25)らの姿もあった。伊藤は10番の練習着だったため、今季の背番号は10番か? と思われたが、「違います、違います。たまたまサイズ的に、デカいサイズなので着ていただけです」と疑惑を否定。10番を付けるには「まだ早いっす」と答えた。

昨年度ベストヤングプレーヤー賞を受賞したFW安部裕葵(19)は、母校瀬戸内(広島)が高校サッカー選手権初出場でベスト4と躍進した。試合会場に足を運び後輩たちを応援する姿も目撃されていたが、この日は「後輩たちを見て刺激になりました。僕らのサッカーも高校生のサッカーも、ベースになる大事なものは一緒。自分の高校がベスト4に入った喜びと、戦っている姿勢を見ていろんなものを受けましたね」と、飛躍する後輩たちに刺激を受けたことを明かした。前日14日には、地元で成人式に出席したという。今月末に誕生日を迎え晴れて20歳になるが、「コツコツ先を見ず、急がず行きます」とマイペースに上を目指す意向を明かした。

大岩剛監督(46)は練習を終えて、「初日としては非常に良い表情をしていましたし、僕が逆に自信をもらえるような表情をしていたと思います」と手応えを口にした。

昨年から負傷離脱していたMF三竿健斗(22)とFW鈴木優磨(22)DF伊東幸敏(25)は、全体練習には参加せず別メニュー調整した。右膝に古傷を抱えるDF内田篤人(30)は室内でのトレーニングのみに留め、ピッチに姿を現さなかった。

鹿島安部、母校瀬戸内に刺激「大事なものは一緒」
[2019年1月15日22時24分]


ランニングする鹿島FW安部(右)ら(撮影・杉山理紗)

鹿島が鹿嶋市内で始動し、約1時間半練習を行った。

昨季ベストヤングプレーヤー賞を受賞したFW安部は、母校瀬戸内(広島)が高校選手権初出場でベスト4と躍進したことに「後輩たちを見て刺激になりました。僕らのサッカーも高校生のサッカーも、ベースになる大事なものは一緒だと感じました」と話した。右膝に古傷を抱えるDF内田はピッチに姿を現さず、室内で別メニュー調整した。

【鹿島】今季初練習 39歳のGK曽ヶ端「タイトルを取りたい」
2019年1月15日21時3分 スポーツ報知


今季の練習初日を迎え、ランニングで汗を流す鹿島の選手たち

 J1鹿島は15日、茨城・鹿嶋市内で始動した。ランニングなどで約1時間半、体を動かした。

 昨季限りで、約20年にわたりチームを引っ張った小笠原満男氏(39)が引退。39歳のGK曽ヶ端準は「満男がいてもいなくても、タイトルを取りたい」と、ここ2年で逃した国内3大タイトルの奪還を誓った。また、同じGKの川口能活氏(元相模原)、楢崎正剛氏(元名古屋)らが引退したことにも触れ、「常に刺激をもらい、目標にしてやってきた。今も現役でやっている同年代の選手たちにも、負けたくないという気持ちでやっています」と話した。

 年末までクラブW杯を戦い、例年に比べて短めのオフを挟み、2月19日にはACLプレーオフに臨む。大岩剛監督(46)は「初日にしては、選手は良い表情だった。昨年の悔しさも喜びもチームの糧にしてやっていきたい」と意気込んだ。

コメントの投稿

非公開コメント

今シーズンも

全冠制覇に向け、鹿戦士たちを全力で応援します!

原理主義様、鹿サポの皆様、共に熱く頑張りましょう!

常勝軍団のサポーターの誇りを胸に、喉が潰れようとも1年間突っ走ります!!

No title

翔さんの「まだ早いっす」って回答がいいですね
将来的には付けるのもまんざらでもない感じですよね
30歳の新加入選手がこういう気概なのは凄くいい事だと思います
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク