FC2ブログ

宮崎キャンプ10日目の様子

宮崎キャンプ10日目の様子である。
ミニゲームでは連携の手応えが感じられる。
今季のチームが出来上がっていく様は楽しい。
また篤人は、「今まで通りにスタジアムへ来て応援をしてもらって、練習も見に来て欲しいです。若い選手は見られる意識がまだ足りないので、練習中は最後の最後まで見てほしいです」と練習観戦を懇願する。
実績の少ない選手にとって“観られる”という行為は、成長に繋がることなのであろう。
これもまた経験のなせるコメントと言えよう。
そしてヤスは、「去年もつらい時とかありましたが、その時もサポーターに助けられて、ACLを何とか優勝することができました。今年もうまくいく時といかない時があると思いますが、うまくいかない時こそ応援をしてくれれば、僕たちの力になります。応援、よろしくお願いします」と言う。
辛いとき苦しいときこそ、共に戦うサポーターの力が重要となる。
卑下したり、辛辣な罵声に何の意味はない。
大きな声援を送り、力となっていきたい。
今年も大きなタイトルを目指した共にな戦いたい。
サポートである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

2019 宮崎キャンプ10日目
2019年01月30日(水)

宮崎キャンプ10日目です。今日は雲に覆われた天気になりました。午前練習は、昨日の試合に出たメンバーはプールでのリカバリートレーニングとなり、キーパー陣と個人練習組はグラウンドにて軽めのトレーニングを行いました。








午後練習は15時30分から行われました。ボールを使ったアップの後、まずは4グループに分かれてのシュートゲームを開始。どのグループが1番多く点を取れるかを競い合い合うゲームです。選手たちは真剣ながらも楽しそうに取り組んでいました。










その後は、10対10のミニゲームを実施。ゴールを4つに配置し、フリーマン1人をつけて行われました。崩してからのシュートを決めるシーンも見られ、連係面も良くなってきています。2日後の大宮戦が楽しみです。







練習後には安部選手がユースから参加している選手に声をかけている姿が見られました。



<今日のサービス幸輝>






内田 篤人選手
「今まで通りにスタジアムへ来て応援をしてもらって、練習も見に来て欲しいです。若い選手は見られる意識がまだ足りないので、練習中は最後の最後まで見てほしいです」



遠藤 康選手
「去年もつらい時とかありましたが、その時もサポーターに助けられて、ACLを何とか優勝することができました。今年もうまくいく時といかない時があると思いますが、うまくいかない時こそ応援をしてくれれば、僕たちの力になります。応援、よろしくお願いします」

コメントの投稿

非公開コメント

選手や監督を罵倒する人に限って応援やチャントで声が出てないですよね。
鹿島の選手にはいないと思いますが無気力なプレーやつまらないミスなどには叱咤激励は必要ですが。

篤人の仰る通り選手の気持ちを考えたらサポが途中で帰るのは、分かっていても少なからず見放された気になってしまうでしょう
僕らサポも「強い鹿島を作る一員」という気持ちがあるなら選手の為になる行動を心がけましょう
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク