FC2ブログ

関川郁万、初めての90分できつかったけれど、楽しかったです

大宮アルディージャとの練習試合を取材したサッカーマガジン編集部の小林記者である。
新人研修から戻り、即先発出場した関川郁万にスポットを当てる。
「目の前にチャンスがあったから、アピールしようと思って、ただひたすらに自分のプレーをすることを考えていた。(プロ入り後)初めての90分できつかったけれど、楽しかったです」というコメントにルーキーらしい初々しさを感じさせる。
そして、「最後の最後で失点したことは、自分自身にとっても、チームにとっても課題」と反省を口にする。
課題を修正して更に成長していくのだ。
町田と犬飼の体調不良によりチャンスを得た格好であるが、こういうところできちんとアピール出来るところに持っている選手であることを感じる。
かなり早い段階で公式戦デビューを飾るのではなかろうか。
楽しみな逸材である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島】キャンプ最終日は大宮とのTMに快勝~90分を戦った関川「きつかったけれど楽しかった」
2019-02-01
サッカーマガジン編集部



上写真=センターバックの一角を務めた高卒ルーキーの関川 写真◎サッカーマガジン

 2月1日、キャンプ最終日を迎えた鹿島は、大宮とのトレーニングマッチ(45分×3本)で4-2と勝利を収めた。1、2本目に出場したDF関川郁万や、3本目でゴールを決めたFW有馬幸太郎、それをお膳立てしたDF佐々木翔悟(ともに鹿島ユース出身)といった1年目の選手が躍動。横浜FMから加入したFW伊藤翔にもゴールが生まれた。(その他の得点者は、鹿島はセルジーニョと土居聖真、大宮は嶋田慎太郎とファンマ)

「目の前にチャンスがあったから、アピールしようと」

 昨年末、守備の要だった昌子源がフランス・トゥールーズへと移籍し、コンビを組んでいたチョン・スンヒョンは韓国代表としてアジアカップを戦っていたため、いまだ合流していない。キャンプでは、昨季の両レギュラーCBを欠くうえ、定位置を争う犬飼智也と町田浩樹もケガや体調不良により、大宮とのトレーニングマッチ出場を回避した。そんな中、ルーキーが堂々たるパフォーマンスを見せる。

「目の前にチャンスがあったから、アピールしようと思って、ただひたすらに自分のプレーをすることを考えていた。(プロ入り後)初めての90分できつかったけれど、楽しかったです」。関川郁万は充実した表情を浮かべた。

「まだ2回しか(CBコンビを)組んだことがない」(関川)というブエノ(今季、徳島から復帰)とも良い連係を見せ、ピンチを防ぐ場面もあった。「(ブエノは)声を出してくれて、うまくコミュニケーションを取ってくれるからやりやすい」と、手応えもつかんでいる。

 現役時代はCBだった大岩剛監督も「素晴らしいポテンシャルを示している」と、その活躍ぶりを称賛する。

 関川は昨年、今年と、2年連続で流通経済大柏を全国高校選手権決勝へ導いた“超高校級センターバック”。高校時代から無失点へのこだわりは人一倍に強く、この日も「最後の最後で失点したことは、自分自身にとっても、チームにとっても課題」と、2本目のアディショナルタイムに失点したことを悔やんだ。

 対人の強さも然ることながら、空中戦には絶対の自信を持つ。守備の局面だけでなく、セットプレーなど攻撃時でも同様だ。この日、ゴールネットこそ揺らせなかったが、「うまく(相手の)マークを外せている。あとはボールが来れば大丈夫」と、良い感触を得ていた。それだけに、豪快なヘディングシュートをプロの世界でお披露目する日は近いかもしれない。

 Jリーグ開幕前にACLプレーオフを戦う鹿島に残された準備期間は、あと2週間半。果たして、今季の公式戦の幕が上がる瞬間に、深紅の33番はピッチ上に立っているだろうか――。2006年の内田篤人以来となる大抜擢への期待も高まる。

取材◎小林康幸






コメントの投稿

非公開コメント

記事を読んでいて町田犬飼いないとなると相方は誰だ?なんて思ってしまいましたが、
何気にブエノのコーチングが効いてるようで、満男から試合中に「声を出せ」と叱られてた頃を思うと成長したなぁと感じました

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク