FC2ブログ

サッカーダイジェスト ニューカッスル・ジェッツ戦寸評

サッカーダイジェストの広島記者によるニューカッスル・ジェッツ戦の寸評である。
快勝に総じて良い評価が付けられた。
その中で永木に最高評点とMOMが与えられておる。
素晴らしい動きで、中盤を制圧した。
まさに永木らしいプレイであった。
また、脩斗、裕葵、セルジーニョ、伊藤翔に高評価が与えられておる。
ゴールに絡んだ三人は当然として、裕葵は10番としてのインパクトを残したのではなかろうか。
相手GKにセーブされてしまったシュートが決まっておればMOMもあり得たパフォーマンスであった。
それから、特筆したいのは山口一真である。
「鋭い突破からセルジーニョのゴールをアシスト。短いプレータイムでも見せ場を作った」という寸評だが、突破というよりも入れ替わり方が上手かった。
このようなプレイを続けておれば、ポジションが与えられるであろう。
今後に期待の持てる選手であることが強く伝わってきた。
これからが楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【ACL採点&寸評】鹿島4-1ニューカッスル・ジェッツ|スコアラーの3人を上回る最高評価は…
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2019年02月19日


両足アウトサイドを使った安部の技巧を高評価


【警告】鹿島=なし ニューカッスル・ジェッツ=オドノバン(88分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】永木亮太(鹿島)


[ACLプレーオフ]鹿島4-1ニューカッスル・ジェッツ/2月19日/カシマ

【チーム採点・寸評】
鹿島 6
チャンスを確実に仕留めて、盤石の勝利。新戦力の伊藤がさっそくゴールを決めたのも好材料だ。ただ失点場面では自陣バイタルエリアでの守備がルーズに。その点は改善したい。

【選手採点・寸評】
GK
1 クォン・スンテ 6
14分の際どいミドルを好セーブ。24分の失点は味方に当たって角度が変わり、反応できず。

DF
22 安西幸輝 6
イージーなミスでボール逸が目につく。山本のゴールを演出したクロスは見事だった。

5 チョン・スンヒョン 6
入ってくるボールを果敢に撥ね返す。ポジショニングも的確で、“穴”を空けなかった。

28 町田浩樹 6
球際で激しく、空中戦でも簡単には負けず。何気ないショートパスも丁寧に供給した。

16 山本脩斗 6.5
安西のクロスをヘッドで合わせて、チーム2点目。攻撃参加のタイミングも良かった。

MF
8 土居聖真 6(87分OUT)
序盤はややキレを欠いた印象だが、時間の経過とともにパフォーマンスは上がっていった。

4 レオ・シルバ 6
両サイドへの配給が光る。鋭い寄せでピンチを未然に潰すシーンも。主に守備面で奮闘。

MAN OF THE MATCH
6 永木亮太 7
素早い出足で精力的にプレーに絡み、攻守をつなぐ。ミドルゾーンで絶大な存在感を放った。

10 安部裕葵 6.5(80分OUT)
両足のアウトを巧みに使うスキルを武器に、サイドから効果的にチャンスメイクした。

伊藤が素早い反応でこぼれ球をプッシュ


ボランチの永木は攻守両面で質の高いプレーを披露し、勝利に貢献した。写真:滝川敏之

FW
18 セルジーニョ 6.5
幅広く動き回って、味方の好機をお膳立て。後半はPKを含め2ゴールと結果を残した。

15 伊藤 翔 6.5(72分OUT)
こぼれ球に素早く反応して押し込み、先制点をゲット。その後も積極的にゴールを狙った。

交代出場
MF
25 遠藤 康 6(72分IN)
ベテランらしくソツのない働きぶり。高い位置での守備も手を抜かなかった。

FW
19 山口一真 6(80分IN)
鋭い突破からセルジーニョのゴールをアシスト。短いプレータイムでも見せ場を作った。

DF
39 犬飼智也 -(87分IN)
町田、チョン・スンヒョンとともに3バックを形成。出場時間が15分未満のため採点なし。

監督
大岩 剛 6
手堅い采配でプレーオフ突破。交代カードを使い切り、最後は3バックで逃げ切った。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

十五分未満の出場の為、採点なし。非常に失礼。今季非常に大切な試合。緊張感極まる試合。本当に気の抜けない試合のなかで、選手は与えられた使命を見事に果たしたと思います。立派でした。ありがとう。頑張れ、鹿島アントラーズ。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク