FC2ブログ

内田篤人の“苦言”が、チームをさらに強くする

内田篤人について記すサッカーダイジェストの広島記者である。
三連覇時のチームに比べてどうかという問いに対して、「今はちょっと違う」という。「みんな、若い。ポテンシャルはめちゃめちゃあるけど、あの人たちほどサッカーを知っているかといったら、俺はそうは思わない」と篤人がはっきり答えたことに対して、「正直な意見だな、と感じた」と感想を述べる。
この篤人の対応に対して、「本心をそのまま口にする傾向がある。厳しさが伴う場合もある」と評する。
これが新しい主将の型なのだ。
我らも受け取っていく。
その篤人は安西に対して、「厳しく要求するなら、守備。本当にそこだと思う。彼はサイドハーフではない。SBだから、もう一個二個、上のレベルに行くためには、やっぱり守備」と厳しく言う。
しかしながら、「持っているものはずば抜けていると思うし、俺からすれば羨ましい」と2列目をもこなす才能を賞賛する。
このあたりが篤人らしい。
キャプテン・篤人共にチームは成長し、タイトルを目指す。
「俺がドイツでやってきたものを、なんも言わずに終わらせるのはもったいない。少しでも彼らのためになったらいいなと思う」と言う、若いチームを託された篤人の尽力を期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島|担当記者コラム】内田篤人の“苦言”が、チームをさらに強くする
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2019年02月20日


「少しでも彼らのためになったらいいなと思う」


ニューカッスル・ジェッツとの一戦は“温存”。大分とのリーグ開幕戦では、ピッチに立って勝利に貢献したい。写真:滝川敏之

[ACLプレーオフ]鹿島4-1ニューカッスル/2月19日/カシマ

「俺はそうは思わない」

 正直な意見だな、と感じた。内田篤人のコメントらしいな、とも。報道陣の質問に対して、内田の受け答えは、あまりオブラートに包まず、本心をそのまま口にする傾向がある。だからなのか、時としてその言葉には、厳しさが伴う場合もある。

 冒頭のフレーズは、2007年からの史上初のリーグ3連覇を果たしたチームを引き合いに出して発せられた。内田は当時を「特別に戦術が凄かったわけではない。一人ひとりがサッカーを知っていて、やるべきことも分かっていた」と振り返る。だが、「今はちょっと違う」という。「みんな、若い。ポテンシャルはめちゃめちゃあるけど、あの人たちほどサッカーを知っているかといったら、俺はそうは思わない」と。

 同じSBの安西幸輝について訊かれた時も、次のように答えている。

「よく走れるし、両足を使えるし、ドリブルもある。でも厳しく要求するなら、守備。本当にそこだと思う。彼はサイドハーフではない。SBだから、もう一個二個、上のレベルに行くためには、やっぱり守備」

 もちろん、苦言ばかりではない。安西に関しては、「持っているものはずば抜けていると思うし、俺からすれば羨ましい」と称賛する。チームについても「今週に入ってからの練習では、ちょっとピリッとした部分があった。緊張感のある練習ができるんだって。なんとなくこう、強度が上がっていった気がする」と語る。

 良いところは良いとはっきり言う。その逆もまた、しかり。曖昧な表現でごまかさないのは、それだけ真剣に、チームを、若手を、もっともっと上に引き上げたいからだろう。

「(小笠原)満男さんがいなくなって、難しいと思う」と吐露する。「だから、嫌な時にキャプテンになったなって」とうそぶく。そんな言葉だけは、本心ではないはず。大役の責任を十二分に感じているからこそのジョークだ。

 ニューカッスル・ジェッツとのACLのプレーオフは、ベンチ入りはしたが、出番はなかった。タッチライン際でアップする内田は、その側まで選手が近づけば、両手を叩いて鼓舞するし、身振り手振りで指示を出したりもする。水を運ぶ姿もあった。「身体が戻り切っていないなかで、なるべくグラウンドで示したいとは思う。そこは葛藤がある」と正直に話すが、どんな状況に置かれても、自分にできることはすべてやるスタンスに変わりはない。

 鹿島はタイトルを義務付けられているチームだけに、全体の底上げをしなければ、とも考えている。そのために「俺はばんばん教えていく」つもりでいる。

「俺がドイツでやってきたものを、なんも言わずに終わらせるのはもったいない。少しでも彼らのためになったらいいなと思う」

 その言葉は厳しく響くかもしれないが、すべてはチームのために、「常勝」の伝統を引き継ぐべきこれからの選手たちのために。内田はこれからも“本音”で勝負する。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

コメントの投稿

非公開コメント

篤人本人が中学くらいまでは試合中にブチ切れるタイプのキャプテンだったと言ってましたから、本来の篤人のが出てきましたね
彼の毒舌はドイツであればなんて事ない一言として受け入れられていたのだと思います
そこを日本人相手だからと遠慮していては鹿島は強くなっていけませんよ

「想像の範囲内ですね」で始まるCMなかった?
あれと篤人は一緒。
コイツは必ず頑張ってくれる、それだけの実力がある!という信頼とリスペクトに基づいた苦言だと思う。
厳しく見えるが、正論を言い、何よりチームや後輩のためを思うゆえの行動。
それでこそキャプテン!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク