fc2ブログ

内田篤人が望むサポとの関係性

内田篤人を取材したニッカンスポーツの杉山記者である。
改めて第2節の川崎戦後のことを聞き出しておる。
篤人は若手のことを思い敢えて前に出て行ったことを明かす。
このあたり、篤人らしいキャプテンシーであることがよくわかる。
こうして若い選手らの力を引き出してくれることとなろう。
また、「サポーターの声がちゃんと届いて俺らに響いているよ」とも言う。
我らが現珍駆けつけることで力になっていることを口に出してくれることは嬉しい。
これからも、チームを鼓舞し、共に喜びたい。
また、このような貴重な言葉を引き出してくれた杉山記者に感謝したい。
ありがとう。
これからも素晴らしい記事を期待する。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

ブーイングに反論 内田篤人が望むサポとの関係性
3月1日の川崎フロンターレ対鹿島アントラーズ(等々力、1-1の引き分け)で試合後、鹿島の主将DF内田篤人(31)が、ブーイングする一部サポーターに食ってかかる場面があった。

試合後の内田の説明をまとめるとこんな感じだ。

◆(好内容だけに)今日の戦い方に関してああだこうだ言われるのは、ちょっと納得できなかった。

◆アウェーのサポーターが見ている中で自分たちのサポーターにブーイングされたら、『ああ、鹿島うまくいっていないんだな』と思われてもしょうがない。そこは隠してでも次に向かわなきゃ。1個レベルの高い話だけど、そういう関係性を築きたい。

確かに、試合内容はかなり良かった。直近の大分トリニータ戦(2月23日、1-2で敗戦)は内容も含めて惨敗だっただけに、王者川崎と好ゲームを展開できたことは、チームにとって明るい材料に見えた。内田が納得いかなかったのもよく分かる。

個人的には「1個上の関係性を築きたい」という発言の方が気になった。選手の口から「サポーターとの関係性を築く」という言葉が聞けるとは思わなかったからだ。選手はサポーターの声援を一方的に「受ける」のみで、その声援のベクトルをより効果的な方向に持っていく、などという発想はないものと思っていた。

◆「サポーターに認めてもらわないと、喜びってないんだよね」




川崎F対鹿島 サポーターへのあいさつを終え引き揚げる鹿島DF内田(撮影・横山健太)

後日、内田本人にあらためてあの場面の真意を聞いてみた。

内田 みんな若いのに頑張っているんだよね。その中でやっぱり、サポーターに認めてもらわないと、喜びってないんだよね、若い選手って特に。勝てなくてブーイングっていうのは分かる。そういう面がないと鹿島が強くならないし、そうやって強くなってきたんだと思う。強くなるためには厳しい目、引き分けでもブーイングされるくらいじゃないと、強くはならないって言うのは分かる。けど、あの状況で若い選手が頑張ったから、やっぱり、認めて欲しいというかね、チームが頑張ったっていうのは分かって欲しい。

「褒めて伸ばす」とでも言うのだろうか。サポーターの声援が選手にもたらす精神的満足度がいかに大きなものかを強調していた。

鹿島というクラブが常勝軍団と呼ばれるのは、常に勝利を求められているからだ、というのは、選手たちも理解している。それでも、いくら「勝って当然」のチームでも、頑張ったことは素直に褒めてほしいのだ。

サポーターもお金を払って試合を見に行っているのだから、勝てないとブーイングしたくなるのも当然だ。ただ、その思いを表現する方法は他にもある。厳しい言葉をかけることだけが「愛のムチ」ではない。時には、結果が全ての世界でプレッシャーと戦う選手たちだからこそ、優しく寄り添うことも必要なのかもしれない。

また、内田はこうも言った。

内田 サポーターの声がちゃんと届いて俺らに響いているよ、一方通行じゃないよ、っていうのは分かってもらえたら。勝っていようが負けていようが、ブーイングも喜ぶのも、選手とサポーター別っていうのがいちばん寂しい。一緒に戦っているんだから、いいときも悪いときもあるけど、それをちゃんと俺らも受け取っている。

試合当日も「平日アウェーに来てくれてありがたい」「本当に感謝している」と繰り返していた内田。選手とサポーターの幸福な関係性は、こうした小さな衝突を繰り返しながら築き上げられていくのだろう。【杉山理紗】(ニッカンスポーツ・コム/サッカーコラム「サッカー現場発」)

◆杉山理紗(すぎやま・りさ)1993年(平5)10月4日生まれ、岐阜県出身。入社3年目、19年鹿島担当。リフティング最高記録4回。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

現地で見ていて、個人的にはブーイングにものすごい違和感がありました。
だから、自分は拍手で選手を迎えました。
ウッチーは、ブーイングするサポーターだけではないともわかってくれているので、
これからも、内田主将のもとで応援していきたいですね。

自分も現地にいました、ブーイングをしてる連中からは距離があったんで試合終了直後からなにか騒いでるなとは思っていたんですが、挨拶に来た篤人が怒りをあらわにしていたので野次られたんだな、と察しました

川崎に対する敵愾心をむき出しにするサポの気持ちもわからないでもないんですが、その場にいた殆どの人は結果を素直に受け止めようって冷静さを持ってるように思えました。
チーム事情を考えれば引き分けでも御の字で、勝ち点3を渡さずに済んだと考えることができるので(実際この試合を含め川崎はリーグ戦未勝利ですし)

ホームで戦うときには怪我人が復帰し練度が上がって圧倒してくれればと思ってます、その時にはリーグは終盤で引き分けも許されない状況であろうと予想できます。勝って喜び合いましょう。

No title

現地にいましたが、金森が削られて倒れてるのに
試合を終わらせた審判と、削った選手に対しての
ブーイングだったと思ってます

それを篤人は誤解しているのか、それとも、
挨拶で近付いてきた選手に、最前線のサポーターが
何かを言ったのか、ずっと気になってます

誤解だったらとても残念

リフティング4回はほっこりポイントですね!

こんな感じでした

現地にて、
『選手が近づく』 → 『ブーイング』 → 『コルリ?が篤人に向かって指を指しながら何か言う』→ 『篤人がコルリ?に言い返そうとする』→ 『カメラマン達が篤人の周りに集まる』→ 『周囲が篤人を制止』→『この時ゴール裏サポは殆ど無言』→
『“チームコールしようよ!”と言う声が二、三人から上がるもコルリ無視 』→
『嫌な空気のままゴール裏解散…』

選手?審判? 、最初は何に対するブーイングか判らず、篤人と揉めた時点でブーイングの矛先が選手だったと認識した人も結構いると思う。

川崎への対抗心が結果を出せなかった選手達へのブーイングに転化したのでしょうが、怪我人だらけ、アウェイ、前年王者等ネガティブな要素ばかりの中で耐え抜いた若手い選手達、今期初のフル出場の篤人、まだ開幕2戦目。
チームコールをすれば次に向かって選手もゴール裏も雰囲気が変わっただろうに。
そんな印象でした。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク