fc2ブログ

ジュビロ戦コメント・報道

負傷についてコメントする篤人である。
「ただの打撲。でも、当たり所が悪いので力が入らない」と語る。
対峙には至ってないようで少々安心した。
その篤人は「前半に仕留めることができていれば違ったと思う」と言う。
サッカーにて良くある展開と言えよう。
ゴール出来る際に決めきることの重要性を改めて感じさせられた。
この試合を糧にチームは成熟する。
今後が楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

2019明治安田生命J1リーグ 第5節


鹿島アントラーズ:大岩 剛
後半の立ち上がりの失点で自分たちの戦いを苦しくしてしまったところが、反省点。その後のアクションは非常にいいものがあった。攻撃の部分、リスクマネジメントの部分、やりたいことはできていた。後半もしっかりとしたプランの中で戦っていたが、もっとブラッシュアップするところ、改善するべきところを次の試合に生かしていきたい。

Q.後半失点したあとの攻撃の形で、選手の姿勢やアイディアはどのように評価しているか?

A.自分たちがどう攻めていくかというところは選手の判断の中でやっていた。その部分では、非常にいいチョイスができていたと思う。リスクマネジメントの部分でも、自分たちが分析した通りの試合の運び方が失点以降はできていた。あとは守備を固められたところで、もう1つか2つ相手の逆を突くアイディアを擦り合わすことができれば、もう少し点が取れたと思う。

Q.失点の場面で、相手の並びが変わり、確認しているところで決められたが、その部分はどのように受け止めているか?

A.ボールをロストしたところで、左サイドの守備が甘くなったところを、CBがつり出されて失点した。そこは、ボールへのアプローチや全体のプレスバック、カバーリング、スライドのところは、立ち上がりからしっかり意識をしないといけない。ハーフタイムに指摘はしたが、まだ甘い部分があったと感じる。



【内田 篤人】
相手は前半終了時に、迷ってプレーをしているなという感じがあった。パスを出すときの顔やチームとしての雰囲気が、勝てていないチームなのかなという印象だった。ただそのチームに引き分けてしまった。前半のうちに仕留められたら、また結果は違ったと思う

【伊藤 翔】
立ち上がりであのような失点をしてしまうときつくなる。前半と同じような感じで、このままいけるという感覚はあった。その中で失点してしまった。あそこは埋めていなければいけないスペースだったので、埋められなかった自分たちのミスだと思う。

【安西 幸輝】
考えながらやろうと思っていたが、体のキレがなかった。先制点を取られて難しいゲームになったし、引かれた中でどう崩すかというのをチーム全体で考えないといけない。得点の場面は、レオを信じてパスを出した。その結果、いいゴールとなった。

【町田 浩樹】
勝たなければいけない試合だったが、1点が遠かった。しっかりもう1点取って、勝ち切らなければいけない試合だった。

【永木 亮太】
もったいない試合だった。前半もチャンスはたくさんあったし、決めれるところで決めれなかった。前半で点が取れたら、もっと楽な試合になったと思う。後半、立ち上がりを集中しなければいけないところでやられてしまって、レオがゴールを決めてくれたが、反省のほうが多い試合だと思う。

【犬飼 智也】
失点の場面がもったいない場面だった。後半のような試合を、前半からやってもよかったかなと感じる。少し構えるばっかりになってしまっていたので、もう少し前半からアグレッシブにやれる時があってもよかったかなと思う。

【レオ シルバ】
試合は先制したり追い付いたり逆転したりいろんな状況があるが、メンタルが試合に影響する部分があって、今日はその部分に対して、我々は平常心を保つことができた。もう少しで逆転するチャンスもあったけど、メンタルの部分で落ち込まなかったというのは、チーム全員で拍手を送りたいし、我々が目標している精神的な安定感を試合の中でお見せできたと思う。

明治安田生命J1リーグ 第5節
2019年3月30日(土)15:03KO
ヤマハスタジアム(磐田)

[ 大岩 剛監督 ]
後半の立ち上がりの失点が自分たちの戦いを苦しくしてしまったという反省点だけですね。その後のアクションは非常に良いものがありましたし、攻撃のところ、リスクマネジメントのところはしっかりとやりたいことができていたと思います。当然、前半もしっかりとしたプランの中で戦っていましたけど、そういうところも含めてもっとブラッシュアップしていくことも必要ですし、改善すべきところ、失点のところは特にしていきたい、次の試合に生かしていきたいと思っています。

--後半、失点したあとの攻撃の形、選手たちの姿勢やアイディアはどのように評価しているか?
相手のこの試合以前の状況、得点をしたあとの「おそらくこうであろう」という予想の下で、自分たちがどういうふうに攻めていくかというのは当然、選手の判断の中でやっていましたけど、そういうところは非常に良いチョイスができていたと思います。先ほども言いましたが、自分たちがしっかりと分析したところの試合の運び方は、失点以降だけはできていたと思っています。あとは守備を固められたところで、もう1つ、2つアイディアというか、相手の逆を突くところをすり合わせることができれば、得点がもう少し入ったんじゃないかなと思っています。

--失点シーンについて。
まずはボールロストしたところからですね。相手の配置もそうですけど、ロストしたあとから左サイドの守備が甘くなったところをCBが釣り出されて失点してしまったと思いますが、そういうところはボールへのアプローチもそうですし、全体のプレスバック、カバーリング、スライド。そういうところは、立ち上がりからしっかりと意識しなければいけない。当然ハーフタイムでそういう指摘はしましたけど、まだまだ甘い部分もあると思っています。

明治安田生命J1リーグ 第5節
2019年3月30日(土)15:03KO
ヤマハスタジアム(磐田)

DF 2
内田 篤人
Atsuto UCHIDA

前半に仕留めることができていれば違ったと思う。サッカーではよくある“前半決められるときに決めないと”という展開だった。チームとしてあれだけボールを持てるのであれば。ただ続けることが大事。何かを変えようとは思わない。

レアンドロとのコンビネーションは良かったし、もう少しエリア内の精度やエリア周辺でのアイディアは、前後半必要だった。特に後半の押し込めていた時間帯があったので。そこは練習していくしかない。

--前半、大久保 嘉人選手のシュートシーン時の対応について。
あれは外を捨てました。数的不利になることは、試合の中ではある。その上で大事なところをつぶす。最後は体をぶつけましたけど、嘉人さんはあのようなところでパスを自分で出してからスピードアップしてくるという印象があって、点が取れる人の動きだなと。そこは気をつけていました。

磐田はいまだ勝ち星なし…レオ・シルバの芸術弾で鹿島がドローに持ち込む
サッカーダイジェストWeb編集部
2019年03月30日


磐田は3分け2敗の16位と苦境が続く


同点弾を沈めたL・シルバ(4番)は、守備でもハイパフォーマンスを披露した。写真:徳原隆元

鹿島10番安部裕葵、途中出場でもたらした勝ち点1
[2019年3月30日19時21分]


磐田対鹿島 後半、左サイドからパスを出す鹿島MF安部(撮影・たえ見朱実)


磐田対鹿島 後半、磐田MFムサエフ(左)のマークをはずし左サイドから上がる鹿島MF安部(撮影・たえ見朱実)


<明治安田生命J1:磐田1-1鹿島>◇第5節◇30日◇ヤマハ

鹿島アントラーズはジュビロ磐田と1-1で引き分けたが、U-20日本代表の欧州遠征帰りで途中出場のFW安部裕葵(20)が得点の起点となった。

1点を追う後半26分に投入されると同39分、左サイドでDF2人を引きつけ突破を試み、相手にボールが渡りそうなところをなんとかこらえてパス。受けたMFレオ・シルバが日本代表DF安西とのワンツーで中央へ運び、最後はDFをかわして同点弾を決めた。

安部の持ち味はドリブル突破だが「抜ききるのは1試合で1回か2回くらいのもの。疲れや集中力の隙を見つけてドリブルするものだと思うので、仕掛けるフリをしてやめる作業が必要」と割り切る。得点シーンも「本当は抜ききりたいけど、相手を引きつけられたので良かった」。終了間際にはファウルで突破を阻まれ、直接FKを獲得する場面もあった。惜しくも逆転とはならなかったが、途中出場の10番がチームに貴重な勝ち点1をもたらした。【杉山理紗】

鹿島・安西、同点弾おぜん立て!代表デビューから中3日

磐田と引き分け、サポーターにあいさつする鹿島イレブン=ヤマハ

 明治安田J1第5節第2日(30日、磐田1-1鹿島、ヤマハ)鹿島は、左サイドバックのDF安西が同点弾をおぜん立て。0-1の後半39分、敵陣深くまで攻め上がると、MFレオシルバからの縦パスをヒールパスで返し、ゴールを演出した。日本代表デビューを飾った26日のボリビア戦では73分間プレー。中3日でフル出場を果たし「思っていたよりも(体が重く)切れがなかった。ゴールに絡めたことだけはよかった」と疲労の色を浮かべた。

鹿島 磐田と1―1ドロー 内田が負傷交代も「ただの打撲」
[ 2019年3月31日 05:30 ]

明治安田生命J1第5節 鹿島1―1磐田 ( 2019年3月30日 ヤマハ )


<磐田―鹿島>前半、磐田・松本(奥)と競り合う鹿島・内田
Photo By 共同


 鹿島は後半開始直後の失点が重く響いた。1点を失ってからのチームはシュート10本を放って攻め続けたが、得点は39分に日本代表DF安西とのワンツーからMFレオ・シルバが決めた1点のみ。安西は「しっかり(後半)立ち上がりから守って1点取れればもっと簡単なゲームだった」と悔やんだ。
 前半終盤に、DF内田が接触で古傷の右膝を痛めるアクシデントも発生。後半13分に交代し「ただの打撲。でも、当たり所が悪いので力が入らない」と説明した。

【鹿島】安西、華麗ヒールでレオシルバ同点弾を演出
2019年3月31日 6時5分スポーツ報知


磐田・山田(左)と競り合う鹿島・安西

◆明治安田生命J1リーグ第5節 磐田1―1鹿島(30日・ヤマハ)

 22日のコロンビア戦で代表デビューを果たした鹿島DF安西が同点アシストを決めた。0―1の後半39分、敵陣でパスを受けると、華麗なヒールキックを走り込んだMFレオシルバへ。そのまま中へ進入し、右足を振り抜いたレオシルバの同点弾を演出した。「ゴールに絡めたことはうれしい。いいゴールだった」

 代表では2試合に出場。攻撃力を生かす場面もあったが、得たものは危機感だけだった。「もっとレベルが高いところを目指さないと置き去りにされる」。欧州でしのぎを削る海外組との能力差を痛感した。

 18年12月のクラブW杯では、アジア制覇に貢献した自信が打ち砕かれた。欧州王者Rマドリードに1―3、南米王者リバープレートに0―4で大敗。「サッカー人生で一番つらかった。同じ人間が11対11でやっているのに、ここまで差があるとは」。帰国後のオフ初日から走り込みや食事改善に取り組み、年明けには八丈島(東京)の坂道を走り抜いた。開幕からフル稼働し、つかんだ代表の舞台。再び危機感に直面し、成長につながる糧を得た。

 1―1でのドローに「下位のチームに取りこぼすと今後に響く。もったいなかった」と満足感はない。日本屈指の攻撃的サイドバックは、貪欲に成長を模索し続ける。(岡島 智哉)

鹿島、敵地で磐田に不満ドロー…
2019年3月31日 紙面から


磐田-鹿島 後半、同点ゴールを決め、喜ぶ鹿島のレオシルバ=ヤマハで

◇J1第5節 磐田1-1鹿島
 敵地で追いついてのドロー。本来なら前向きにとらえていいはずの勝ち点1を鹿島の誰もがよしとはしなかった。

 「われわれはここに勝ちに来ているので(納得していない)」と大岩監督が言えば、主将の内田も「相手は(未勝利で)調子が上がっていない。優勝狙うチームは勝ち点3取らなきゃ駄目でしょ」と“断罪”した。

 後半開始1分で先制を許した。磐田・大久保のトリッキーな“オーバーヘッドパス”に虚を突かれたとはいえ、時間帯も含め、試合巧者といわれる強豪が失点してはいけない場面。「(マイボールを)ロストしたところから始まり、戻り、カバリングとまだまだ甘い」(同監督)と一切の妥協を許さなかった。

 殊勲のレオシルバも「最低限の結果」。アジアタイトルも含め通算20冠を誇る常勝・鹿島ならではの試合の振り返りだった。 (内田修一)

鹿島、磐田とドロー 水戸は2位浮上

磐田-鹿島 後半39分、同点ゴールを決めて喜ぶ鹿島のレオシルバ(中央)=ヤマハスタジアム、高松美鈴撮影

明治安田J1第5節第2日の鹿島は30日、静岡県のヤマハスタジアムで磐田と1-1で引き分け、暫定順位を6位とした。また明治安田J2第6節の水戸はホームで鹿児島を1-0で下し、首位琉球と勝ち点差なしの2位に浮上した。

鹿島は終始優位に試合を進めたが、後半開始早々に失点を喫した。しかし、同39分にレオシルバが相手守備をフェイントでかわし、右足で同点ゴールを決めた。水戸は前半45分、コーナーキックからの攻撃でゴール前のこぼれ球を清水が押し込んだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク