FC2ブログ

レオ・シルバが選ぶ序盤戦のMVP

レオ・シルバにJリーグ序盤戦のMVPを問うたサッカーダイジェストの広島記者である。
レオは「安西(幸輝)選手でしょうか。今季の成長スピードや安定したパフォーマンスは、MVPに相応しいと思いますね」と答える。
これは納得と言えよう。
安西は、昨季こそ守備に不安を抱えたが、今季はそれが改善され、圧倒的パフォーマンスを魅せておる。
鹿島の矢として攻守の要と言えよう。
この調子を辞し、フルシーズンでMVPをレオ・シルバと競うのだ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島】レオ・シルバに訊いてみた――序盤戦のチームMVPを選ぶなら誰?
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2019年05月10日


その成長スピードや安定したパフォーマンスを評価


序盤戦のチームMVPには安西を選出したが、「自分を選んでいいなら、レオ・シルバと言いたい(笑)」と笑顔を見せた。写真:徳原隆元


左右のSBと両サイドハーフをこなすマルチロールの安西。日本代表にも名を連ねるなど、成長著しい23歳だ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)


「おそらく、アントラーズに移籍してから、もしくは日本に来てから、最も良いパフォーマンスを見せることができているリーグ序盤戦ではないでしょうか」

 CBを手厚くサポートしながら、推進力あるドリブルでボールを持ち運び、果敢にゴールも狙いに行く。攻撃にも守備にもフル稼働するレオ・シルバは、今季もピッチ上で“多忙”を極めながら、自身のパフォーマンスにも確かな手応えを感じている。

 躍動感に満ちたプレーでチームにダイナミズムを生み出し、勝利を手繰り寄せる。そんな抜群の存在感を放つ不動のボランチに、“自分以外”を条件に、序盤戦のチームMVPを訊いてみると……。

「安西(幸輝)選手でしょうか。今季の成長スピードや安定したパフォーマンスは、MVPに相応しいと思いますね」

 日本代表にも名を連ねる安西は、左右のSBと両サイドハーフをこなすマルチロールで、今季ここまでの公式戦で全試合に出場。高い攻撃センスの持ち主で、課題の守備でも大きな成長が見られる23歳を選出したL・シルバだが、「自分を選んでいいなら、レオ・シルバ、と言いたいところですけど(笑)」といたずらっぽい笑顔を浮かべる。

 そんな軽妙なジョークからも、今季の充実ぶりが伝わってきた。

取材・構成●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

※本記事は、サッカーダイジェスト5月23日号(5月9日発売)掲載の記事から一部抜粋・加筆修正したもの。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク