FC2ブログ

三竿健斗、自分がいかに押さえ込めるかも楽しみ

三竿健斗を取材したスポーツニッポンである。
三竿は松本山雅の杉本太郎と前田大然についてコントを発する。
太郎については、「一緒にやっているのでいい選手だということは知っている。ターンだったり、相手の懐に潜り込むドリブルができる」と評する。
共に在籍した2016年当時はお互いにサブ組として練習しており、勝手知った部分も多かろう。
この太郎をフリーにしてはいいようにやられてしまうであろう。
三竿にはスペースを与えない守備が求められる。
また、前田大然については、「日本人離れしたスピードがあり、世界の選手と通ずる」と警戒を強める。
前田の加速力は日本人離れしておる。
どう抑えるかは、戦術的にチームで共有する必要があろう。
死して三竿は、「自分がいかに押さえ込めるかも楽しみ」と語る。
この突出した個を封じ込めることが叶えば、三竿の力はより開花しよう。
松本山雅の個を封じ込め、勝利の貢献して貰おうではないか。
三竿の活躍を楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島MF三竿 元同僚・杉本との対戦心待ち…「懐に潜り込むドリブル」警戒
[ 2019年5月16日 18:57 ]

 18日にホームで松本と対戦する鹿島は16日、鹿嶋市内で非公開練習を行った。ホーム5連勝が懸かる一戦。MF三竿健斗(23)は、元チームメートの松本MF杉本太郎(23)との対戦を心待ちにした。
 今季鹿島から松本に完全移籍した杉本とは、杉本が徳島に期限付き移籍する前の16年にともにプレーした。「一緒にやっているのでいい選手だということは知っている。ターンだったり、相手の懐に潜り込むドリブルができる」と警戒した。

 自身はシーズン序盤こそ恥骨関連鼠径部痛からの完全復活を目指す過程で慎重な調整を続けていたが、最近ではプレー時間が増加。試合を重ねるごとにスピード感やキレが増している。「守備のところでは凄く思い通りにできている」と体の状態が上向いてきているだけに「対戦が凄く楽しみ」と続けた。

 また、杉本とともにシャドーに入ることが予想されるのは東京五輪世代のFW前田大然(21)。50メートル5秒8の快足で、今季Jリーグトップのスプリント回数をたたき出している。こちらも「日本人離れしたスピードがあり、世界の選手と通ずる」と警戒し、「自分がいかに押さえ込めるかも楽しみ」と話した。

コメントの投稿

非公開コメント

ブエノが怪我をしていなければ、前田大然とのスピード勝負を見たかった。
間違いなくリーグ最速FWとDFですから。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク