FC2ブログ

湘南の“誤審”ノーゴールで振り返る過去のJ1の主な誤審

昨日の浦和対湘南戦にて大きな誤審があった。
これほど明らかなゴールインをノーゴール判定するのいただけぬ。
そして、それに伴い。これまでの明らかで大きな誤審を報知新聞が列挙する。
その一つに、2013年の浦和対鹿島のオフサイドゴールが挙げられておる。
これは現地におって非常に悲しい気持ちにさせられて事をよく覚えておる。
この試合の誤審は、これも大きいが、その前に興梠がアウトプレイ時に鹿島の選手を手で突き飛ばしており、この行為に対してイエローカードどころか注意すらなかったことが大きかったように記憶しておる。
誤審と言うよりも、浦和に対する偏ったジャッジだったように思う。
大きな誤審はインパクトが大きいが、このように偏ったジャッジを積み重ねられることの方が苦しい。
誤審に目くじらを立てるよりも、偏ったジャッジをなくすように心がけて欲しい。
心からの願いである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

湘南の“誤審”ノーゴールで振り返る過去のJ1の主な誤審
2019年5月18日 8時26分スポーツ報知

◆明治安田生命J1リーグ第12節 浦和2-3湘南

 湘南は敵地で、浦和に3―2で勝利した。

 0―2の前半31分、MF杉岡大暉(20)のシュートがゴールを割ったが、審判に認められず。明らかな“大誤審”に見舞われたものの、奮起した選手たちが、後半に3点を奪って大逆転した。

 ◆過去のJ1の主な誤審

 ▽07年5月6日、大分―広島 後半34分、広島FWウェズレイが倒されPK獲得。その際、直接プレーに関与していない大分MF藤田が2回目の警告で退場。このPKが決勝点となり大分が1―2で敗れた。試合後、誤審が認められ、藤田の退場処分は取り消されたが、結果は覆らなかった。

 ▽13年5月11日、浦和―鹿島 後半33分、浦和MF梅崎のクロスに明らかにオフサイドの位置にいたFW興梠が頭で合わせてゴール。鹿島の選手は詰め寄ったが、審判団は興梠は触っていないと得点を認めた。後日、日本協会の上川徹審判委員長が誤審を認めた。

 ▽18年11月24日、清水―神戸 主審が4分と表示した後半ロスタイムを、治療などによる中断があったため20分近くに延長。清水がロスタイム14分に追いつき、3―3で終了。後日、審判委員会は「もっと早く終わらせるべきだった」と主審の判断を謝罪した。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今シーズンは早くも3つめのゴールライン誤審。
今回はゴールネットを揺らした上に、両チームの選手たち、とくに西川の態度でゴールは明らか。

主審と副審が無線でどんな会話があったのか気になります。

でも浦和と湘南の立場が逆なら、すぐに誤審を認めてゴールになったような気がするのは私だけでしょうか。

技術というより、審判の精神力の問題。
プロ意識なく、忖度大好き、大都市チーム勝たせておこぼれ欲しい貧しい心構え
ジーコスピリッツ学んでこい!

微妙な判定なら無くもないが、明らかなゴール
さすが審判が忖度してくれるチームは違うよね~
鹿島以外のサポさんでも浦和とか川崎とかFC東京には審判忖度してるって思ってるんだろな~

No title

誤審のシーンは、主審の立ち位置からは、選手が邪魔でサイドネットが見えてないように思えます。
不可解なのは副審ですね。
前の方がおっしゃるように、主審と副審のあいだでどんなコミュニケーションがあったのか気になります。
無かったらそれはそれで問題ですし。


こういうのを無くすためにVARの導入が望まれていますが、
機械によってジャッジの正確性は上がっても、公平性までは上がらないような気がしてなりません。

埼スタは誤審がよく起こる。
管理人氏が指摘されている対鹿島戦での鹿島のゴール取り消し、川崎を率いていた頃の関塚氏が、我々を勝たせない何かがある、と試合後にコメントしたことがある。
ホームアドヴァンテージにも程があると思った。鹿島にはホームでもけっこう審判は厳しい。

サンクチュアリ

浦和対湘南なはずなのに
浦和は良心の呵責に悩みながら、疑心暗鬼のまま戦うことになった不幸。
湘南は審判と対峙することをモチベーションとせざるを得なかった不幸。
お互い誰と戦っているのか分からない不幸な試合。

プロリーグ全域の最終到達地点は観客・視聴者を楽しませるためにあるもの
こちとらは純粋に幸せな真剣勝負が見たいだけ

管理人さんの仰る通り誤審ではなく偏りが問題なんですよね…!

今回は浦和も被害者〜とか抜かしてる奴が多過ぎて呆れました。
自覚アリアリのオフサイドゴールを喜ぶ30番を知らないんですかね?
「やったー!ラッキー!!」ってはしゃぎすぎたからスキが生まれて負けたのでしょう。

偏りを跳ね返し逆転した湘南には特別なリスペクトが生まれましたね。
鹿島も1試合1点失うのは覚悟してゴールを狙い続けて欲しいです!

選手側の心構えも問題。
フェアプレーもへったくれもない、都合のいい偏り誤審大歓迎の浦和の30番とか。
かつて、佐藤寿人選手会長、岩政副会長の時代には寿人会長は審判と戦ってくれた。
自分のチームの利益関係なしに。
「誤審だ!ラッキー!」
選手のプロとしてのプライドの無さも誤審の温床でしょ。

私も現地観戦者でした。
抗議しに行ったダヴィと中田にイエローカードが続けて提示された瞬間、拍手と喝采が起きたのは唖然としましたよ。
勝負の世界なので仕方ないですが、あそこのチームにオリベイラがいるのは悲しいです。

誤審の後の浦和の選手の対応が残念ですね。入ってたから、次のキックオフの時はボールを取りにいかず湘南に一点とってもらうべきかなと、フェアプレーで称賛されるチャンスだったのにね。レフリーへのアピールにもなるのにね。やったーラッキーって感じで点取りにいってたもんな。あそこのチームはフェアプレーは関係ないな。海外フットボールでたまにあるよね。相手チームがキーパーにボールをわたすつもりで蹴ったボールがゴールになってしまって、次のキックオフはディフェンスしないプレー、ああいうプレーができればいいのにね。

No title

湘南の誤審と偏ったジャッジを恐れぬ戦いぶりに敬意を表します。

まあ、浦和もGKの西川が「明らかにゴール」と明言してはいますが、
浦和嫌いの管理人さんがおっしゃるように、偏ったジャッジと見てもおかしくはないでしょう。

スポーツ報知で挙げられる13年の浦和戦もそうですが、逆転優勝を逃した去年のアウェイ浦和戦でも
聖真に対するファウルがPKと認められませんでしたからね…
(一応、相手からも「あれはどうみてもPKだった」という声はありましたが)

鹿島が川崎・FC東京・浦和(一時期は柏も)と当たる時やたら誤審が多い気がします。

山本雄大といえば2014年のF東京-鹿島の試合でも、豊川と競り合った徳永の頭に当たってオウンゴールに
なったのを豊川の手に当たったとして得点取り消しやらかしてますね、
当時の記事を読むと主審と副審とで意見交換ができる無線通信システムが導入された最初の試合だったそうで
鹿島は誤審だらけだったこの試合に意見書提出してたんですが・・・
あれから5年、なんの学習もしなかった結果が昨日の試合の大誤審になったと言っていいんじゃないでしょうかね。

No title

埼スタでは、誤審が起こりやすいのでしょうか?

興梠のオフサイドの件から
スクリーンにプレビューしなくなったんですよね?
なんかおかしい。

今回も山本主審ということで
荒れると思っていたらやはり荒れてましたね。

皆さん憶えていますが?

豊川君がFC東京戦でゴールを決めたのに
腕が上がっていてハンドしてないのに
ハンドをとられてノーゴールの引き分けに終わったことを。

ポジショニングも悪いし
もしかしたら、動体視力も悪いんじゃないかと思います。

No title

個人的には誤審というより、意図的という見方もできます。

Jリーグとしては地域密着を謳ってますが、本音は集客力を上げるため、
大都市にビックチームを作りたいという意図があるのかと。
(バルサやマドリー、ミュンヘンのようなチームを作りたい)
スタジアム収容人数を含めてそれが可能なのが、大本命の浦和。次点の東京、名古屋、大阪。

強いチームには人が集まる(人気がでる)⇒ホームでの興行収入に加え、アウェイの集客も見込める⇒Jリーグ自体収益があがる⇒サッカー文化が定着する、という考え。

上記の4チームが常に優勝争いをしつつ、10年に一度位地方のチームが下剋上を起こす位が理想。
ただし残念ながらこれら大都市のチームが望んだ通りの結果を残していないため、理想に向けてなんとかこれらのチームに勝ってほしい・・・という大きな忖度が審判の目を曇らせているとも考えられます。逆にいえば鹿島に勝ち続けられるのは困る、、という忖度もあるのかもしれません。

※川崎は競技場の収容人数がネック
 (5万人位入る競技場作ればこれに入ってくる)
  神戸は強さが大ネック
 (ビックネームを寄集め、広告としては良いけど弱と長続きしない)
  鹿島は地域的に田舎過ぎるw 
(昔、新国立競技場を鹿島のホームスタジアムをへ、の話がでたのも強いチームを無理やり大都市に持ってきて、大都市に強いチームを実現!という短絡的な考えからと思ってます)

No title

ロスタイム18分は誤審なんでしょうか?
正確に測ってはいないですけど、それなりに延長する理由がありましたよね?
最終節で片方が1点負けてる状況で「終わらせるべき」という言葉の意味が分かりせん
定められたルールに頑固な反面、忖度心には弱く都合の良いように解釈を捻じ曲げる所は日本らしいなと思います


追記
2007年まで遡るとスローインする際にピッチサイドに唾を吐いただけで退場させられた選手がいましたね
なかなか誤審と騒がれないですけど、どうみても理解不能なジャッジでした
確か会場と対戦クラブは・・・言わずもがなですね
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク