FC2ブログ

松本山雅戦コメント

山本脩斗について問われ答えた大岩監督である。
「彼の存在はチームのなかで非常に大きいが、慎重に進めていきたい」と語る。
SBの負傷者が続出しておったところで、脩斗の復帰は大きいが、慎重に起用していくことが示唆される。
その脩斗は、「練習の時から右サイドで練習はしていたので、準備はできていた」と言う。
懸念の観五SBとして、重要な戦ry区となることがこの試合でもわかった。
ここから、大きくチームの貢献してくれよう。
またBirthdayゴールのシラは、「自分としても、忘れられない日になった」と喜びも一入を口にする。
この2ゴールで今のチームでの重要な存在であることがアピールされた。
シラの攻撃力で勝利を積み重ねていきたい。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

2019明治安田生命J1リーグ 第12節
鹿島アントラーズ:大岩 剛
後半、立ち上がりの得点が、我々に勇気を与えてくれた。ハーフタイムに伝えたことを、選手たちがしっかり実行してくれた結果、いい形で勝つことができた。次のACLに向けて、しっかり準備したい。

Q. 山本選手が復帰したが、調子をどう見ているか?

A. 我々は彼がコンディションを上げるための最善の努力をしている。彼の存在はチームのなかで非常に大きいが、慎重に進めていきたい。今日は30分ほど出場したが、次のACLでも彼がピッチに立つことができれば、チームにとっても非常に大きいことだと思う。



【土居 聖真】
神戸戦の反省を活かせた。相手を押し込めたし、リスク管理もできていた。自分たちでギアを落とさないようにしていきたい。神戸戦でもギアを落とさずできたが、点を取れなかった。今日は点を取れてよかった。11人が意識高くできている。今日のような試合を長く続けていきたい。

【安西 幸輝】
右からも左からも攻めれるようになってきたし、攻撃の幅も広がってきている。それプラス無失点で終わるという意識をチーム全員で持てている。今日も何本か危ないシーンがあったが、全員で身体を張って無失点で終えることができたので、それは自信になっている。

【白崎 凌兵】
簡単な試合にはならないと思って試合に臨んだ。相手のカウンターのところをしっかりケアしようと話していて、チームとしてフィットした戦い方ができた。それが5-0という結果に表れたと思う。ゴールは嬉しかったし、チームのみんなも祝福してくれた。バースデーゴールはあまり意識しないようにしていた。自然体でいつも通りやろうと思ってプレーしていた。そこでたまたま自分のところにいいパスが出てきてゴールを取れた。誕生日の日にこれだけのサポーターの前で点を取れて、これだけのいい試合をして勝てたということは、次につながっていく。自分としても、忘れられない日になった。

【セルジーニョ】
逆サイドからボールが展開されて、レアンドロからいいパスが来た。それと同じタイミングで、レオが後ろを回ってスペースを作ってくれた。そこでマークがつられて、中にはいるタイミングができた。あとはシュートを完璧に決めることができた。

【レオ シルバ】
シーズンを通して状態をよくしていく中で、チームとしても個人としてもいい状態に来ている。ただ、1試合、2試合がよくても、その次が続かなければ意味がない。あとはしっかりメンテナンスをしながら持続させていく。個人としても、チームとしても、この状態を保つという意識をしっかり持って、取り組まなければいけない。(ゴールシーンは)永木選手がいいクロスを上げてくれた。そのあと相手GKが触ったが、それを拾って冷静に横にずらして決めることができた。

【永木 亮太】
単純なミスも減ってきたし、前線の2人からしっかりとプレッシャーをかけてくれる。みんなが献身的に守備をやれるようになってきて、それが結果につながっている。それを続けていこうという話はしている。きついところをしっかりやっている成果は、出ていると思う。

【山本 脩斗】
練習の時から右サイドで練習はしていたので、準備はできていた。左サイドで慣れている部分があるので、視野の取り方や守備の仕方が逆になったので少し違和感はあった。少しずつやっていくうちに違和感はなくなった。連戦で出ている選手もいるし、そこは与えられた場所でしっかり結果を残さなければいけないと思う。久しぶりの試合で右サイドだったが、まずは無失点でいこうと思って試合に入った。

【中村 充孝】
今日のようなプレーを、最初からやらなければいけない。後半の最後は、どうしても今日のようにスペースができてくる。そこはどんどん前から行ってゲームを終わらせるということが大切。今日みたいな相手をどう攻略していくというところが、前半の見どころだったと思う。うまくサイドからいけていたので、それをもっと意図的にできるか、相手をどう動かせるかということを考えながらやっていくと、もっと楽しくできると思う。

明治安田生命J1リーグ 第12節
2019年5月18日(土)15:03KO
県立カシマサッカースタジアム

[ 大岩 剛監督 ]
後半の立ち上がりの得点が非常にわれわれに勇気を与えてくれたと思います。ハーフタイムに言ったことを選手たちがしっかり実行してくれた結果が良い形で勝つことにつながったと思います。次にあるACLに向けてしっかり準備したいと思います。

--山本 脩斗選手がひさびさの復帰になりました。いまの調子を教えてください。
調子はできれば本人に聞いていただければと思います。われわれは彼がコンディションをあげるために最善の努力をしたいと思い今日の起用に至りました。彼の存在はチームの中で非常に大きいですし、ただこれは慎重に進めていかなければいけないことなので、今日は30分近く出場しましたけれども、次のACLもまた彼がピッチに立つ状況にできればチームにとっては非常に大きいことではないかと感じています。

明治安田生命J1リーグ 第12節
2019年5月18日(土)15:03KO
県立カシマサッカースタジアム

FW 8
土居 聖真
Shoma DOI

--後半、追加点を取れたことが大きかった?
神戸戦の反省を生かせたかなと思います。

--前半から良い形でゲームを進めて狙いどおりですか?
めちゃくちゃ押し込めたし、リスク管理もすごいできていたし、決定機は後半の1本くらいだったし、こういう試合を長く続けられればと思います。

MF 41
白崎 凌兵
Ryohei SHIRASAKI

簡単な試合にはならないと思って試合に入りましたし、相手のカウンターに注意しようと、チームとしてハッキリとした戦い方がピッチで表現できたから、その結果が5-0という結果につながったのかなと思います。

--1点目の動きの意図と分析をお願いします。
右で崩して、レオ(シルバ)がそのまま右に行くかなと思ってゆっくり走っていたんですけど、右からクッと持ち替えて中に来たときに、自分のところに来ると思って、あとはボールが来てニアサイドに流し込みました。

--今季初得点。うれしいゴールだったのでは?
うれしかったですし、チームのみんなも祝福してくれたのですごい良かったと思います。

--2点目は?
最初、(土居)聖真くんがサイドでキープするかと思って、すごく良いターンをしてクロスを上げるときにちょっと入るのが遅れたんですけど、すごい良いボールでした。相手も自分が入るのが遅れたことで来てないと思ってボールを流そうとしたので、先に飛んだら勝てるなと思いました。あれもすごく良いボールで当てるだけでした。

松本相手に大量5ゴール!! ACL大一番控える鹿島、オール完封で3連勝
19/5/18 16:52


2得点を挙げた鹿島アントラーズMF白崎凌兵

“バースデー2発”の鹿島MF白崎「聖真くんの子どもがめちゃくちゃ可愛いので…」
19/5/18 18:40


鹿島MF土居聖真に祝福されるMF白崎凌兵

[5.18 J1第12節 鹿島5-0松本 カシマ]

 この日、26歳になった鹿島アントラーズMF白崎凌兵が移籍後初ゴールを含む2得点を挙げ、自身の誕生日を最高の形で祝った。「意識すると良いことないので、チームのために自然体でプレーしていた」。この試合で放ったシュートは2本。百発百中の決定力はリラックスした姿勢によってもたらされたものだったようだ。

「友達からも『バースデーゴールあるでしょ』というLINEはめちゃくちゃ来てたんですけど、僕自身は予感は特になくて……」。2万人を越えるサポーターを前に成し遂げた5ゴール快勝劇の主役は、今季清水エスパルスから加入し、直近5試合連続スタメンでリーグ戦の好調を牽引してきたアタッカーだった。

 まずは後半2分、ペナルティエリア際まで駆け上がってきたMFレオ・シルバのスルーパスにフリーで反応し、巧みなダイレクトシュートで流し込んだ。「レオが右に行くと思って最初はゆっくり走っていたけど、中に持ち替えた時に来ると思った。あとはボールが来てニアサイドに流し込んだ」。

 松本守備陣は完全にボールサイドに寄っており、周囲にマーカーは不在。「意外とフリーすぎると難しいけど、リラックスして打てたというか、力んでいたらファーに思い切り打って外していたと思う。しっかりニアに流し込めたと思う」。“バースデーゴール”を意識していなかったからこその一発だったという。

 また、次のチャンスもしっかりゴールに結びつけた。後半20分、今度はMF土居聖真のクロスに反応し、ヘディングで突き刺した形。「最初は聖真くんがサイドでキープするかなと思って入るのが遅れたけど、入るのが遅れたことで相手が流そうとしたので、先に飛んだら勝てるなと思った」。周囲の動きを冷静に振り返った。

 この日、取材エリアでフォーカスされたのは土居、DF犬飼智也、DF安西幸輝、MF三竿健斗とともに開催しているという“土居会”。話題を問われて「聖真くんの子どもがめちゃくちゃ可愛いので、みんなデレデレで……」と照れ笑いでかわしたが、「ピッチ外で密にコミュニケーションを取っていればピッチ内にも反映される」と前向きな影響も口にする。

 そうした関係性の向上もあり、第12節にして待望の移籍後初ゴール。「コーチとかにも『早く決めろよ』って煽られていたけど、ゴールに近づいている感覚はあったので特別な焦りはなかった。チームが勝てていて、そこに自分が貢献していることが大事」。すなわち、ゴールを取っても今後の姿勢は変わらない。3試合連続完封勝利という良い流れをこのまま引っ張っていくだけだ。

(取材・文 竹内達也)

鹿島が今季初の5ゴールで松本を粉砕!セルジーニョが鮮烈ゴラッソ、白崎がバースデー弾2発
サッカーダイジェストWeb編集部
2019年05月18日

1-0で折り返し、後半に圧巻4得点


右サイドでボールを受けたセルジーニョ(18番)が、内側にカットインし、左足で鮮やかなミドルを沈めた。写真:滝川敏之

コメントの投稿

非公開コメント

No title

スンヒョン、白崎、脩斗、充孝と怪我明けの選手がチームに活力を取り戻してくれて上昇気流に乗ってる感がありますね。
しかしミッドウィークには前半戦最大の山場ACLグループ突破の重要な試合があります。
引き分けでも良かったり、突破を決めている山東魯能がフルメンバーでは来ないであろうということや、他2チームの対戦次第では負けても突破の可能性があるとか無関係に、今日のようなアジア王者らしい大勝を望みます!

ブラジルトリオがいい感じに機能していて見ていて楽しくなります。土居もいいアクセントを出して白崎と中村の得点といい事尽くめの試合。伊藤翔が若干動きが重く見えるのが気になりましたが今の勢いでACL突破して下さい!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク