FC2ブログ

いかに良いサッカーができても勝てなければ意味がない

山東戦の試合の流れを伝えるNumberWebの寺野女史である。
選手の気持ちが強く伝わってくる。
これが鹿島というクラブのやり方である。
シラや伊藤翔も馴染んできた。
このやり方で、アジア連覇を狙う。
鹿島を信じておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

焦らず、崩れず、逆転勝利した鹿島。
ACL優勝が変えたクラブの目標設定。

posted2019/05/23 17:00


ACLを制覇してCWCを戦うことは鹿島にとって、もはや「何年かに一度達成すればいい」という目標ではないのだ。

text by
寺野典子
Noriko Terano

photograph by
AFLO

 プレーオフを4-1の快勝で勝ち上がり、グループリーグでも2勝1分と好発進したものの、勝てば決勝トーナメント進出決定となる第4節、第5節で格下相手に連敗。昨季アジア王者の鹿島は、瀬戸際に立たされた状態でホームに山東を迎えた。

 ACLは連敗していたものの、リーグ戦は3連勝。直近の松本戦を5-0と完勝し、チームの状態は悪くない。思えば2連敗したACLでは主力の土居聖真を温存していたし、チョンスンヒョンも負傷離脱中で出場してはいなかった。

 すでに1位突破が決まっている山東だが、フェライニやグラツィアノ・ペッレを先発起用。対する鹿島も、出場停止の左SB安西幸輝の代わりにCBの町田浩樹、外国人選手枠の関係でACL未登録のレアンドロの代わりに中村充孝を起用した以外は、松本戦と同じ名前が先発に並んだ。ターンオーバーする余裕は鹿島にはなかった。

「単純なミスも減ってきましたし、みんなが献身的に守備のところから、しっかりやれるようになっている。今できていることができれば勝てると思うし、勝たないといけない。(アジア)チャンピオンというプライドを持ち、やっていきたい」と永木亮太は戦前語っている。

想定内の失点、想定内の展開。

 しかし、鹿島のキックオフで始まった試合は“不思議な雰囲気”だったと三竿健斗は振り返る。

「ピッチの中には変な雰囲気があったなぁっていう印象があります。相手もそんなにガツガツこないし、ボールはずっと持てるけど、思い切ってやれない。持てるからこそ、ミスをしちゃいけないという雰囲気がどこかにあった。そういうのを気にせずにブチ破っていく大胆さというのが今後必要だと思います」

 うまく攻め切れない時間が続いた前半11分、コーナーキックからフェライニにゴールを決められた。高さのギャップを突かれた失点は、想定内の形でもあった。そして、リードした山東が、自陣前を固め続けるのもまた、想定内の流れだったかもしれない。

白崎「焦れることが一番危険だった」

 鹿島は丁寧にボールを繋ぎながら、相手を動かそうと試みる。しかし、横パスは容易に繋がるが、効果的な縦パスを入れることはできなかった。それでもピッチに立つ選手たちは落ち着いていたという。

「押し込んでいてもチャンスが作れていなかったら苦しいけれど、チャンスや(得点の)雰囲気はめちゃくちゃあった」と土居。

「今日の試合は焦れることが一番危険だった。監督からも『焦れるな』と言われ、その通りだなって。焦れれば相手の思う壺だと思った」と白崎凌兵も振り返る。

 山東の狙いはボール奪取後のカウンター攻撃。ロングボールを前線に送り、フェライニやペッレの個人能力に賭ける。

「カウンターだけが相手の狙いだったと思う」と犬飼智也。そこへの注意はチームの共通認識でもあった。

「アウェイで戦ったとき(2-2)も山東にはチームとしての強さを感じることはなかったので、焦ることもなかった。90分あるので、前半は横に振りながら相手を疲れさせるというのは共通意識として持っていた。

 だからそんなに急ぐこともなかったし、ボールを持っているときの斜めの動きも使えていたし、やることが整理できていた。失点はしましたけど、取り返せるという余裕もあったので、それほど気にはならなかった」と三竿も話す。

引き分けでも突破は決まったが。

「これを続けていけばチャンスは来る。そこを仕留められたらいい」と白崎の言葉通りの展開が待っていた。

 後半に入っても鹿島の攻勢が続くが、山東もゴールを死守する。そして後半10分、大岩剛監督が動いた。右サイドの永木に代わり、山本脩斗を送り出す。続けて後半16分、中村に代えて伊藤翔を投入。アウェイの山東戦で2得点している伊藤だったが、3月17日の札幌戦以降ゴールから遠ざかっていた。

 後半23分。レオシルバが蹴った左コーナーキックを山本がバックヘッド。DFに当たり自身の前に転がったボールを伊藤が蹴り込んで1-1。このままでも突破は決まるが、鹿島は一瞬も緩むことはなく、逆にスイッチが入った。

「同点になった時点でも、下がらず前からいこうというのは、出ている11人の中で揺るがなかった。もう1点獲りに行くという圧力をかけたかった。そのためにもハイプレスに行く必要があったし、どう戦うかというのは整理できていた」と白崎。犬飼も「相手がどうこうよりも、自分たちがスイッチを入れた」と証言する。

同点で崩れた山東、団結した鹿島。

 その圧力に影響されたのか、消化試合だったはずの山東が攻めに出た。その結果、ゴール前でボールを奪った鹿島のカウンター攻撃がさく裂する。後方からのパスを受けたセルジーニョがレオシルバへ繋ぎ、スピードアップした伊藤がゴールに迫った。

「数的優位な状態だったのでスピードを上げたところで、レオがいいパスを出してくれた。DFがタックルに来たけれど、自分のほうが早くボールに触れると思っていた。右足で打つ、浮かすという選択肢しかなかった。キーパーを見て、うまくコントロールできた」

 GKとの1対1で見事なループシュートが決まり、後半26分に鹿島が逆転。

「あのセットプレーで同点にできたのが大きかった。あの1点で山東はバランスを崩した。それまではバランス崩さずに戦っていたけれど、あの1点で守るのか攻めるのかの迷いが出たと感じた。

 2点目も翔くんに渡るまでのカウンター攻撃で3、4人と前に出ていけていた。『ここがチャンスだ』と思ったときにみんなで行けた。翔くんの点ですが、みんなの点でもあると思う。本当に勝負所、プレーの選択が90分通じて良かった」と土居。

「サッカーは90分のゲーム」

 試合は2-1のまま終了し、自力での突破が決まる。ディフェンディングチャンピオンとして、最低限の結果をクリアできた。

「僕の感覚的にはルーズなところも多かったし、そんなにいい内容だったとは思わない。もっともっと突き詰めていく部分はある。攻守の切り替えだったり、球際の強度も足りなかった。リーグ戦でできていたことが同じ強度ではできなかった」という三竿をはじめ、課題を口にする選手も少なくなかったが、辛抱強く戦った。

「サッカーは90分のゲーム。前半のひとつひとつのプレーが後半に響くこともある」とは以前、中村が語っていた言葉だ。

「一喜一憂しない」ことが鹿島の強さ。

 今季清水から加入した白崎は、鹿島の持つ雰囲気について「一喜一憂しない」と表現した。

「試合に向けて特別な雰囲気を作っていくわけではないですけど、ひとりひとりの戦術理解度が高いし、サッカーに対して強い気持ちを選手それぞれが持っていて、試合になるとその集中力がグッと集まって、みんなが同じ気持ちで試合に向かっていく。

 一喜一憂しないのが鹿島の強さじゃないですか。シーズンは長いので1勝で浮かれたり、1敗で落ち込みすぎてもダメだと思うので。負けていようが自分たちのやっていることに間違いはないっていう自負がある。それがうまくいかないときも、話し合いながら、お互い求めあう。選手みんなが自分の意見を持っているし、そのうえで仲間の意見を聞ける。自分がいいプレーをしたいというのではなく、まずはチームが勝つために何をすべきか、何ができるか。

 それが強い集団を作っていると思うし、勝つためのプレーができないと評価されないクラブなので。ACLのグループリーグを勝ち上がれたこと、それがすべて。過程も大事ですけど、苦しんで突破できたのは絶対に次に繋がる」

勝てなければ意味がない、という宿命。

 6月下旬のノックアウトステージ初戦の相手は広島に決まった。

「広島のことは、まだ考えていない。まずは次の鳥栖戦で最高のプレーをすることを今、選手たちは一番大事にしなくちゃいけない」と三竿は言い切る。そして、目指すものはまだ先にあるとも語った。

「今日は勝ちましたけど、もっと良くなると思うし、僕たちはもう一度ACLで優勝することを目標にやっている。もっともっと、去年優勝したというプライドや強さというのを見せていかないといけない」

 勝利のための頑張りが報われない試合も当然ある。いかに良いサッカーができても勝てなければ意味がない。それが鹿島アントラーズというクラブが自らに背負わせた宿命だ。

 だからこそ、勝利が自信となり、パワーとなり、迷いを消す。リーグ戦3連勝の勢いが山東戦の勝利に繋がったのはいうまでもない。そして数々の勝利の経験、鹿島の歴史が引き寄せた勝利でもあった。しかし、グループリーグを勝ち抜いただけで、その喜びに酔うことは許されない。

コメントの投稿

非公開コメント

特に脚光を浴びた訳でもない三竿ですが、そろそろうちを卒業かなとも思う今日この頃

三竿のコメントから監督のような風格を感じますね
ピッチの中にいても1人だけ感性が違うように見えます

先発メンバーの生え抜き選手が聖真だけになるほど血が入れ替わっても、すぐに鹿島らしくなる。

クラブ運営の賜物です。

先発メンバーの生え抜き選手が聖真だけになるほど血が入れ替わっても、すぐに鹿島らしくなる。

クラブ運営の賜物です。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク