FC2ブログ

鹿島――金崎に対し、安西は「1対1になったら手加減しない」

「下位に低迷する相手だが、決して油断はできない」と記すサッカーダイジェストのプレビューである。
前監督下では総得点が1点と最下位に低迷しておったが、監督交代を機に連勝中であり、2連続完封である。
これは油断どころかイヤな相手と考えて良かろう。
過去の通算対戦成績も6勝3分5敗と一つ勝ち越しておるに過ぎぬ。
明日の結果いかんでは五分に戻される。
ここは気合いを入れて挑まねばならぬ。
それに加え、故障者リストに目を向けると、優磨、篤人、ブエノ、佐々木翔悟に加え、ユキ、逸稀、伊藤翔の名が加わっておる。
これはどうしたことか。
特に伊藤翔は先日のACL・山東戦にて同点弾・逆転弾を決め、エースとして試合を託すことも考えておっただけに痛いとしか言いようがない。
しかしながら、ここで不満を申しても状況が変わるわけではない。
先発するセルジーニョと聖真に託し、ベンチ入りする可能性のある金森、一真、有馬に期待したい。
今いる戦力にて勝利を掴み取る。
重要な一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【J1展望】鳥栖×鹿島|復調してきた両軍が激突!注目は金崎と安西の1対1だ
サッカーダイジェストWeb編集部
2019年05月25日


鳥栖――新体制ではリーグ戦で負けなし

サガン鳥栖
今季成績(12節終了時):17位 勝点10 3勝1分8敗 5得点・17失点

【最新チーム事情】
●前節は押し込まれた時も攻撃姿勢を崩さなかった。
●古巣相手に金崎のプレーに注目。
●中位進出の好機到来。

【担当記者の視点】
 金明輝監督が就任してから、リーグ戦では負けていない。前節の広島戦はオウンゴールを誘っての勝利だったが、押し込まれる時間帯が続くなか、ワンチャンスを狙うプレーが随所に見られるなど、鳥栖らしさを取り戻しつつある。

 今節は、5位の鹿島を迎え撃つ。最前線には、昨季途中まで鹿島に在籍していた金崎が立つだろう。相手をよく知るFWが、どれだけかき乱せるかがポイントになりそうだ。他会場の結果次第ではあるが、一気に順位を上げる好機到来でもある。

鹿島――金崎に対し、安西は「1対1になったら手加減しない」


故障者/鳥栖=石川、小野、藤田 鹿島=鈴木、内田、ブエノ、佐々木、伊東、小田、伊藤
出場停止=なし


J1リーグ13節
サガン鳥栖―鹿島アントラーズ
5月26日(日)/14:00/駅前不動産スタジアム

鹿島アントラーズ
今季成績(12節終了時):5位 勝点23 7勝2分3敗 21得点・11失点

【最新チーム事情】
●22日のACL山東魯能戦に2-1で勝ち、グループステージ突破が決定。
●その山東魯能戦で、中村が今季公式戦初先発、伊藤が公式戦12試合ぶりの得点。
●安部がコパ・アメリカに出場する日本代表に選出。

【担当記者の視点】
 今節は、目下2連勝と復調の兆しを見せる鳥栖と対戦。過去の対戦成績は6勝3分5敗とほぼ互角。下位に低迷する相手だが、決して油断はできない。

 5月に金監督が新たに就任し、よりアグレッシブな姿勢に変貌。大岩監督もその勢いを警戒したうえで、元鹿島の金崎の存在にも言及。「前線からの積極的な守備に加え、攻撃のためのターゲットにもなる。夢生は鹿島にいた時からそういう勢いを出す選手だった。キープレーヤーだし、注意しなければいけない」と明かした。

 守備陣も元同僚を警戒。安西は「夢生くんの前線からの守備は厄介。電話でも話したけど、お世話になった人なのでプレーで返したい。1対1になったら手加減しない」と対戦を心待ちにしていた。

コメントの投稿

非公開コメント

山本脩斗が左じゃなく右になってるのが注目ですね。安西も両サイドできると考えると一気にサイドの厚みが出ました。が、伊藤と内田の復帰はまだなのかな?!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク