FC2ブログ

鹿島には多士済々のタレントがそろっている

「今節は上位追撃に向けて仕切り直しとなる重要な戦いだ」と記すJリーグ公式の下園氏によるプレビューである。
三戦連続完封勝利で波に乗っておったが前節、試合終了間際の失点にて惜敗を味わった。
観る者としてはダメージの大きな敗戦であったが、これもまたサッカーである。
このような試合の次が大事であろう。
前節に続いてアウェイとなるが、未だ公式戦負け無しのスタジアムということもあり、チームの士気も高かろう。
ここは気持ちの良い勝利を掴みたい。
また、ガンバ番記者の下園氏は「ツボにハマったときの破壊力も併せ持つ鹿島には多士済々のタレントがそろっている」と鹿島を評す。
鹿島の攻撃力に一目置いておることが伝わる。
2試合連続完封中のガンバ守備陣を攻略するには、鹿島の攻撃的タレントが大事となる。
シラや聖真、また明日誕生日を迎える安西が、突破口を開いてくれよう。
久しぶりのナイトゲーム、吹田の街に打ち上げ花火を上げようではないか。
重要な一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

手ごたえを感じ始めたG大阪。鹿島戦は復調ぶりを見定める試金石
見どころを要約すると・・・

・G大阪は3バックへの変更などの手直しで守備の崩壊に歯止め。2試合連続で無失点に抑えている
・次なる課題は攻撃面。アデミウソンとファン・ウィジョに9試合ぶりの得点は生まれるか
・鹿島は今季3試合で“ウノゼロ”。得点数はリーグ2位タイ。そしてパナスタでは負け知らずだ

前々節のC大阪戦で今季初めてホームで勝利し、負のサイクルにピリオドを打ったG大阪。前節はアウェイで札幌相手に引き分け、今季初の連勝は逃したものの、選手たちは巻き返しに向けて徐々に手ごたえを感じ始めている。

「2試合連続で無失点というのは良いことだし、守備陣としても手ごたえはある」と話すのはディフェンスリーダーの三浦 弦太である。C大阪戦以降3バックを基本布陣とし、長年にわたって攻守の軸だった遠藤 保仁と今野 泰幸がベンチスタート。走力のあるフレッシュな顔ぶれでチームを再構築中の宮本 恒靖監督だが、最大の懸案事項だった守備の崩壊には歯止めがかかった感がある。

昨季見せた破竹の9連勝時も、堅い守りをベースにしていたG大阪。2試合連続でゴールを許していないことはチームの確かな成長を物語るものだが、一様に選手たちはこんな言葉を口にする。

「守備に関してはいま、手ごたえを持てている。あとは攻撃をもう少し磨いていきたい」(菅沼 駿哉)。開幕当初は破壊力を見せていたG大阪の攻撃陣だが、3得点を奪った3月30日の明治安田J1第5節・神戸戦を最後に前線は停滞。8試合連続で複数得点はなく、しかもアデミウソンとファン ウィジョにゴールが生まれていない状態だ。

ホームでの連勝に向けて、指揮官も課題は把握済みである。「少し攻撃が縦に速過ぎるときがある。もう少し相手を揺さぶる攻撃とか、何人も人が絡んできて、コンビネーションを高めることで崩しの質は上がっていく。そこを鹿島戦に向けて求めたい」(宮本監督)。

チャンスメークにも長けたアデミウソンと、個の推進力を持つファン ウィジョが、フィニッシュに専念できる形を作り出せるかが鹿島戦のポイントだが、カギを握るのはレギュラー定着に燃えるフレッシュな存在だ。左サイドをタフに上下動する福田 湧矢と、倉田 秋とともに攻守にハードワークする髙江 麗央はC大阪戦以降、先発に抜擢されている。老獪かつ球際の激しさも併せ持つ鹿島相手に、どれだけ福田や髙江が機能するかも注目のポイントだ。

一方、パナソニック スタジアム 吹田に乗り込んでくる鹿島は前節、鳥栖に0-1で敗戦。今節は上位追撃に向けて仕切り直しとなる重要な戦いだ。アウェイではあるが、パナソニック スタジアム 吹田での公式戦はクラブW杯や天皇杯決勝を含めて5勝1分。G大阪に対しても2勝1分と相性が良く、鹿島にとって負け知らずの状態が続いている。

ここまで3試合を“ウノゼロ”で飾る勝負強さは健在だが、総得点数もリーグ2位タイ。ツボにハマったときの破壊力も併せ持つ鹿島には多士済々のタレントがそろっている。

「鹿島は選手個々のクオリティーも高いし、チームとしてのまとまりと、強さもある。厳しい試合になる」(宮本監督)。G大阪が見せ始めている復調ぶりの真価が問われる試金石になりそうだ。

[ 文:下薗 昌記 ]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク