FC2ブログ

前半戦総括ミーティング開催

「前半戦総括ミーティング」を行ったチームである。
ここまで総得点はリーグ2位と良いデータが出ておるが、失点数は中位であり、決して良いとは言えぬ
ここの改善が後半に向けての課題となろう。
聖真はそれを受け、「(得点と失点が)比例していたら、1位、2位にいられたのかもしれない。もちろん得点はもっともっと取らなきゃいけないし、失点も減らしていかないといけない」と語る。
攻守のバランス、試合の流れを読んで、良い結果に繋げていって欲しいところ。
また、本日の練習後に裕葵と特別に参加しておった植田が南米選手権に旅立つ。
厳しい戦いが予想されるが、インパクトを残して欲しい。
応援しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島が課題洗い出す「前半戦総括ミーティング」開催
[2019年6月11日16時39分]


古巣での練習参加を終えてあいさつするDF植田直通(手前)をほほえましく見つめる選手たち(撮影・杉山理紗)


南米選手権前最後のチーム練習を終えて、大岩剛監督(右)と話すFW安部裕葵(撮影・杉山理紗)


鹿島アントラーズが、大岩剛監督就任後初となる「前半戦総括ミーティング」を開催した。

11日の練習前に実施。今季これまでの得失点場面を映像で振り返り、チームとしての反省点や継続すべき点を整理したという。

リーグ戦14試合を終えて、現在勝ち点24の5位。総得点は22点と横浜F・マリノス(24点)に次ぐリーグ2位だが、総失点(13点)はリーグ7位とふるわない。MF土居聖真(27)は「(得点と失点が)比例していたら、1位、2位にいられたのかもしれない。もちろん得点はもっともっと取らなきゃいけないし、失点も減らしていかないといけない」と、ミーティングを通してあらためて課題を感じ取った様子だった。

南米選手権に臨む日本代表に選出されているFW安部裕葵(20)は、この日夜に出国を控えながらも練習に参加した。同じく南米選手権に参加するDF植田直通(24=セルクル・ブリュージュ)も練習参加し、全体練習後には古巣のチームメートの前であいさつした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク