FC2ブログ

名古新太郎、自分が入って攻撃のところでより活性化させたい

名古新太郎にスポットを当てるJ's GOALの田中滋氏である。
いよいよリーグ戦初先発となり抱負を語る。
「なかなか試合に出られない時期はありましたけど、試合に出る準備はいつもしてました。自信を持ってやりたいです」と初々しい。
田中滋氏は「彼のことを“ルーキー”と呼ぶのは違和感がある」と言うが、やはり初先発には新鮮味がある。
フレッシュな力を魅せて欲しい。
そして、送り出す大岩監督からは、「彼自身もいろんなものを背負っていると思う」という言葉を引き出し、「しっかり送り出したい」と指揮官自身も思う気持ちがあるような言葉を使う。
大物ルーキーの活躍で勝利を掴もうではないか。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島 vs C大阪】 ウォーミングアップコラム:チームを勢いづかせるために。名古新太郎が先発へ
2019年6月13日(木)



昨季も特別指定選手として公式戦に出場しているため、彼のことを“ルーキー”と呼ぶのは違和感がある。しかし、どんなに大きな期待を背負って加入してきたとしても、やはりプロ1年目の扉は簡単には開かない。大学NO.1ボランチの呼び声を背に鹿島の一員に加わった名古新太郎(写真)がリーグ戦初先発の舞台に立つ。

「なかなか試合に出られない時期はありましたけど、試合に出る準備はいつもしてました。自信を持ってやりたいです」

チームは2試合勝利から遠のいており、週が明ければすぐに広島とのAFCチャンピオンズリーグの戦いが待っている。リーグ戦の優勝争いに加わるためだけでなく、ACLの舞台に勢いを持って向かうためにも重要な試合だ。「ホームなのでしっかり勝って勢いづけられたらと思います」と続けた。

持ち味は攻撃面にある。プレースタイルはいわゆるゲームメイカーに属する。柴崎岳が海外へ活躍の舞台を移して以降、鹿島にはそうしたスタイルの選手は不在になっていた。だからこそリズムがつくれる名古への期待は、サポーターからもクラブからも大きい。自身も大卒1年目から即戦力として期待され名古屋に加入した経験を持つ大岩剛監督は「彼自身もいろんなものを背負っていると思う」と慮る。そして、調子を上げてきた名古に対し「しっかり送り出したい」と自信を示した。

「ここ2試合で1得点しか取れていないし、自分が入って攻撃のところでより活性化させたい」と名古。堅守を誇るC大阪のゴールをこじあけるゲームメイクに期待がかかる。

文:田中滋(鹿島担当)

明治安田生命J1リーグ 第15節
6月14日(金)19:00KO カシマ
鹿島アントラーズ vs セレッソ大阪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク