fc2ブログ

“鹿島に土居聖真あり”というプレイを

土居聖真について記すNumberWebの寺野女史である。
聖真の成長を伝えてくれる。
ついこの間まで“縁の下の力持ち”的な存在であったが、今魔は欠かすことの出来ぬ攻撃の核となった。
成長とは異なる心境の変化であったり経験が花開いたモノのように感じさせる。
来週の2nd legを聖真の力で勝たせてくれると強く感じさせる文章である。
聖真と共に再びアジアの頂点へ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

ACL日本勢対決は鹿島が先勝。
8番土居聖真に見えた“強引さ”。

posted2019/06/19 12:00


ACL決勝トーナメント1回戦、広島とのファーストレグでセルジーニョのゴールをアシストした土居聖真。

text by
寺野典子
Noriko Terano

photograph by
Etsuo Hara/Getty Images


 6月14日のJ1リーグ第15節C大阪戦、2-0で勝ち点3を上げたものの、前半の出来の悪さが目立っていた鹿島。

 18日ホームに広島を迎えたACL決勝トーナメント1回戦ファーストレグでも、立ち上がりからチャンスを作ったが、得点を奪えずにいた。

 ピッチ中央にブロックを引き、バランスの良い状態を生み出していたが、10分を過ぎたあたりからは、広島がボールを持ち始める。ショートパスを繋ぐ相手に対して、鹿島は落ち着いた守備を見せるが、それでもボールを保持するのは広島。鹿島は押し込まれている様子すら感じられた。

 しかし、24分。クォン・スンテのゴールキックをセルジーニョが競り、そのセカンドボールを拾った土居聖真がドリブルで広島陣内へと侵入する。

「ボールを拾ったときから、シュートかクロスをイメージしていた」という土居が、ペナルティエリア深い位置から上げたクロスを上げると、これをセルジーニョが頭で押し込み、先制点が生まれた。そして、その1点を守り切る形で、鹿島はファーストレグを勝利した。

 相手にボールを持たれても、慌てず、球際での強さを見せながら、1-0で逃げ切るという鹿島らしい戦いだった。

C大阪戦後に語っていたCWCの経験。

「攻め込まれている試合というのは、自分にチャンスが来たときにやってやろうというように集中力が逆に研ぎ澄まされている。それは去年のクラブワールドカップ(CWC)での経験が大きい。そこで、そういう思考になった。

 10本中、10本行けなくても、1本がゴールに繋げられれば、勝ちに繋がる。勝ちに近づくというのを勉強させてもらった。そういう『ここぞ』というチャンスを見逃さないことは、今年はすごく意識しているところ。そして、それを続けられている。その意識を忘れない限りはいいプレーができると思います」

 土居がそう語ったのは、C大阪戦後だった。この試合では、アシストした2点目は当然のこと、最初のPKを得たシーンも土居のプレーが起点だった。

「2トップ」で躍動し始めた土居。

 小笠原満男、野沢拓也と鹿島の攻撃の名手たちが担った背番号8を担う土居。攻撃的MFを主戦場に戦っているが、年齢を重ねる毎に「縁の下の力持ち」という印象が強くなっているのも事実だ。停滞したチームを動かす潤滑油のような存在だった。彼がピッチに立てば、チームの推進力は増す。

 ここまでタイトルに繋がるゴールを上げてきたし、2016年のCWCでは1ゴール3アシストと活躍している。

 だが、継続して決定的な仕事が出来ているわけではなかった。1シーズンでの安定感という眼で見ると物足りなさも正直あった。

 しかし、4月20日の仙台戦以降、2トップの一角としてプレーし始めると、得点の過程に絡む仕事が増えてきた。自身の運動量やポジショニングで、チームの推進力を高めるだけでなく、決定機を演出する強引さを漂わせるようになってきたのだ。

毎試合、点に絡むことが仕事。

「もちろん、チームの推進力を与えるプレーだけに満足したくなかったし、もっといろんなことができる自信もあった。それがなぜ今できているのははわからないけれど(笑)。点に絡む、点の起点になるというのが僕の最大の仕事だしそれを毎試合続けるのが僕の役目。

 相手陣地にボールを運びこむのが、キーポイントになってくる。相手陣地で失わずに、いい形でボールを運び、クロスなりシュートなりでやり切るところと、1度ボールを回すというところの判断が、ここ最近はいいのか、それが結果に繋がっている。やっていて楽しい」

 土居自身が「わからない」という進化の原因はきっと、思い切りの良さだろう。それは次の発言からも感じられる。

「たとえば、うまくいかなくても、やめる気はないし、それを続けなければ、僕が出ている意味がなくなるので、僕は僕らしく。全部のプレーがうまくいくわけじゃない。メッシですら、うまくいかないことがあるはず。そう考えれば、僕がひとつふたつうまくいかなくても、くよくよしている場合じゃない。失敗しようが成功しようが、自分が納得できるプレーを続けるだけだから」

チームの粘り強さを生む、ACL制覇の経験。

 そういう彼の強気を支えているのは、チームとしての粘り強さがあるからだろう。ACL広島戦後、土居も語っている。

「去年のACLで難しい試合をたくさん経験したというのは、チームにとって財産だし、今はその経験がすごく生きている。どんな状況でも勝てるという自信がついていると思う。セレッソ戦でもそうだったけど、どんなに押されていたとしても、押されているから負けているわけじゃない。そういう考えをどれだけみんなが共有できるかが大事だし、去年のACLを経験して、精神的にも肉体的にもタフになったチームだと思います。

 今日も苦しい時間がありましたけど、チーム全体で乗り切ってくれた。悪い時間帯でも我慢強く守ってくれるからこそ、自分も前で仕事がしやすい。思い切って、ゴールに直結するプレーができるので、みんなに感謝したい」

 鹿島らしい試合運びの巧さの所以は、試合状況を把握し、チーム内に生まれる意思統一の硬さだ。相手のペースで試合を運び、パスを繋がれ、ボールを握られている時こそ、逆に好機があると話す土居のイメージもまた、チームの共通認識なのかもしれない。

セカンドレグに油断はない。

「『俺らいいペースだな』と思ったときこそ、油断しやすいと思う。気の緩みというか、大丈夫だろうという気持ちに偏ると思うので、そういうときにそんな相手の意表を突くというか、『そうくるか』と思わせるプレーを続けていきたい」

 最後のところでゴールを守る。ボールを持つ相手のミスを誘い、ボールを奪う。そこから素早く攻守を切り替え生まれるショートカウンター。そのとき、土居が輝く。

 そしてそれは、1週間後のセカンドレグでも生きるはずだ。

「広島はリスクを負ってくると思うし、そこを裏返す展開を作れたら、すごいチャンスになるはず。相手に嫌だなと思われるポジショニングやカウンターの回数、質を高められたらいい。ACLではあと1試合だけど、対広島と考えれば、そのあとにJリーグもあるから」

“鹿島に土居聖真あり”というプレーを。

 すでに今季は15節が終了したJリーグで3位につける鹿島。その得点数も横浜FM(26ゴール)に続き、2位の24ゴールをマークしている。昨季の同時期は12ゴールだったことを考えると倍増だ。

 しかも、伊藤翔、レオ・シルバの4得点に続き、土居、セルジーニョ、安西幸輝、白崎凌兵が3得点と、得点者が分散しているのも特長かもしれない。その陰に土居聖真ありと言われるためには、勝利に直結する仕事を継続できるかが鍵となる。背番号8が担う重責を果たせるか? それが土居の次なる挑戦となるだろう。

「僕がその過程にいたから、ゴールが生まれたと思ってもらえるように努力したい。その状況に応じて、プレーの選択肢を増やし、判断力の質を高めてやれているという充実感が今はあります。失敗しても獲られても、次、もう一度違う形で挑んでみようと思えるから」

リードはわずが1点。

 その差はわずか1点。手の内を理解し合うJリーグ対決ということで、普段のACLのような熱が薄かったファーストレグ。終わってみれば、鹿島の「試合運びの巧さ」が際立った結果だったが、広島のシュートの精度が高ければ、失点した可能性もなくはなかった。

 終盤にはクリアボールをことごとく相手に拾われ、苦しみながら逃げ切ったという印象は残る。自身のスタイルであるパスサッカーをやり通した広島も「あとわずか」という手ごたえはつかんだかもしれない。

“1点”の差が勝敗を分ける。その厳しさを味わい続けた鹿島がディフェンディングチャンピオンとしての強さを見せるのか? 拮抗した状況で突破を賭けるセカンドレグは白熱した戦いになることを期待したい。

コメントの投稿

非公開コメント

清水戦の前でしょうか、彼がSNSでもっとドキドキワクワクさせたい、と書いていて、そこから本当にプレーが変わりました。
奥さんのさりげない助言なんじゃないかと邪推してますが笑


昨日のドリブルも昔だったら周りを探していたはず。セレーゾも繰り返し言っていましたが、気を使える性格は彼が強気になりすぎるくらいでこそ才能を昇華できるように思います。本当に彼のチームになりましたね。

最近の聖真のプレーは本当に見ていてドキドキワクワクさせられます。
貫禄が出てきてカッコいいですね!
かつて岳が『注目選手は土居聖真』といつも言っていたのを思い出します。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク