fc2ブログ

三竿健斗、ホームなので絶対に勝ちます

三竿健斗にスポットを当てるJ's GOALの田中滋氏である。
試合中の三竿によるコミュニケーションにスポットを当てる。
プレイが切れるごとに選手間でコミュニケーションを取り、細やかな調整を図っておることが伝えられる。
三竿の大きな才能がここに見て取れる。
サッカーという球技がよくわかっておる証左と言えよう。
この能力を更に発揮し、広島との三連戦を勝利で締めくくりたい。
「いま1勝1敗なんで。次はホームなので絶対に勝ちます」という力強い言葉を実践するのだ。
勝利を信じておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島 vs 広島】 ウォーミングアップコラム:三竿健斗が構築する守備の連携
2019年6月29日(土)



鹿島の試合で必ず見る光景がある。プレーが止まる度に三竿健斗(写真)が味方の選手に話しかけコミュニケーションを取る姿だ。
「とにかく失点しないためにいろいろ話しをしています」
事細かなコミュニケーションが守備の精度を高め、相手の攻撃の可能性を小さくしていくことを三竿はよく知っている。

今節の対戦相手である広島とはAFCチャンピオンズリーグでホーム&アウェイを戦ったばかりだ。火曜日に行ったラウンド16第2戦でも三竿は何度も何度も味方の選手に話しかけ、細かく確認し合っていた。後半40分をすぎた辺りで、広島のパトリックに背後を取られる場面があるとすかさず犬飼智也に歩み寄り、いくつか言葉を交わした。
「1本で裏を取られる場面が多かったし、それはワンくん(犬飼)のせいだけじゃなくて僕のポジショニングでワンくんが守りづらくなっているのかなと感じたので」
そこで三竿は、自分はグラウンダーで縦にパスが入るコースを消すポジションを取るから、DFラインの裏への浮き球のパスには気をつけて欲しい、と犬飼と確認しあったのである。

ワンプレー、ワンプレー。そうした積み重ねを2試合続けてきた。広島とは3試合連続で戦うことになる。
「いま1勝1敗なんで。次はホームなので絶対に勝ちます」
ACLは鹿島が勝ち抜けたが、試合としては1勝1敗だった。決着をつける一戦に三竿が臨む。

文:田中滋(鹿島担当)

明治安田生命J1リーグ 第17節
6月30日(日)18:30KO カシマ
鹿島アントラーズ vs サンフレッチェ広島

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク