FC2ブログ

安部裕葵のバルセロナ移籍話、スペイン現地紙報道

安部裕葵のバルセロナ移籍について報じるスペイン現地紙「ムンド・デポルティボ」である。
違約金は110万ユーロ以上、契約期間は3年(2年の延長オプション)とのこと。
もはやメディカルチェックのみといったところか。
今週にはスペイン入りとのことなので、公式発表も近かろう。
また、バルセロナはセレッソと契約済みの西川にも興味を持っており、日本でのマーケティングに力を入れておると報じる。
日本人はバルサ好きが多いので、更にファン獲得を狙うのであろう。
そのような大人の思惑に左右される移籍話は残念である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

バルセロナが1億円超で安部裕葵獲得に迫る…2年延長オプション付きの3年契約締結へ


鹿島アントラーズの安部裕葵がバルセロナ行きに迫っているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。

今シーズンから鹿島で背番号10を背負い、先日のコパ・アメリカでは日本代表デビューを飾った安部。日本を背負うことが期待される現在20歳の同選手に対して、スペインの名門バルセロナが強い関心を寄せると先日から報じられている。

一方で、安部は6日の2-0で勝利したジュビロ磐田戦後にバルセロナ移籍に関して問われ「決まっていない。僕は知らない」と回答し、移籍報道を否定していた。しかし、『ムンド・デポルティボ』によると、バルセロナと鹿島は同選手の移籍成立に向けて大きく前進しているようだ。

バルセロナは110万ユーロ(約1億3400万円)以上を鹿島に支払う形で安部をクラブに迎え入れ、2年間の契約延長オプションの付帯する3年契約を締結することが予想されている。さらに、日本代表MFは今週にバルセロナに到着する見込みであり、7月20日から27日まで日本を訪れるトップチームに帯同する可能性もあるという。

また、同メディアによると、アカデミー出身の久保建英を逃したバルセロナは日本でのマーケティングに力を入れているようで、安部のほかにもU-20日本代表としてワールドカップに出場した17歳の西川潤にも興味を持っているようだ。

コメントの投稿

非公開コメント

ホイホイついていく安部も安部だと思いますね
バルサは何人もの日本人に振られてからの安部への申し入れなのに

裕葵はACLとCWCで少なからず海外に名を売っただろうから分かりますが、まだ特別指定選手の西川くんまで狙うなんて滅茶苦茶ですね苦笑

賛否両論あると思いますが。私は、ヒロキの決断を信じます!
怪我や思わぬ移籍で選手層はジリ貧ですが。それでも、勝たなくてはならないのが鹿島アントラーズ。頑張れ安部ヒロキ!

No title

色々事情はあるとはいえ、バルサのリストにあげられたのは事実。
二度とないかもしれないチャンスであるのも事実でしょう。
応援したい気持ち2割、今回は残って鹿島で結果を出してから行って欲しい気持ち8割。
ただ、土曜の試合のような出来では…

1点だけ、レンタルでも神戸にだけは行かないでくれよ。流石にファミリーとして見られなくなる。

鹿島在籍2年半、高校より短いw

まずはバルサBでプレイすることになっても、Jリーグより成長できると判断したのでしょう。

結果は代表戦で見せてもらいます。
他は報道などないでしょうし。

安部に関して言えば、鹿島→バルセロナということで鹿島のブランド力向上に寄与し、将来的に有望な若手が来てくれる可能性が上がれば良いと考えています。

まだ若いので、5年後にでも鹿島に帰ってきてくれれば良いです。

200万ユーロ+出来高くらいほしい所ですね…将来、他のクラブに移籍した際の何パーセントかも
海外挑戦が悪いとは言えませんがいつまでも日本クラブからの移籍金が低すぎる状態だけは改善していただきたい
全く関係無いですが私的にバルセロナ嫌いですあのクラブの移籍のやり方は選手に反乱起こさせたり、移籍金無理やり下げさせたり反吐が出ますので
サッカーは尊敬出来ますが上層部は微塵も良いと思わない…あそこ改善されれば本当の世界最高クラブになるんでしょうけどね

昨今の若手選手は、監督やクラブスタッフよりも代理人の意見に耳を傾ける選手も多いと聞きます(海外の選手が大半ですが)
裕葵はそのような選手でないことは分かってますが、ちょっと心配。素直な選手だから。
自分の意見をしっかり持って、キャリアを歩んで欲しい!自分だけでは判断に迷うようなことがあったら、迷わず鹿島の人達に相談すること、岳、昌子、植田、豊川、大迫あたりでも良い。ファミリーなんだから、喜んで相談に乗ってくれるさ。
頑張ってこい。

No title

個人的には鹿島でレギュラーの地位を確固たるものにしてからでもと思いますが、CWCや、コパ・アメリカで感じるものがあったのでしょう。
それにしても春秋制?の現在のレギュレーションだとシーズン半ばに引き抜かれるので辛いですね。
どう乗り切るか...強化部の腕の見せ所ですね。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク