FC2ブログ

安部裕葵にサイドバック転向プラン

移籍に際して取材に応じた安部裕葵である。
そこでバルセロナ側からの提案について語られた。
「鹿島では常に前のポジションをやってきたけれど、それ以外でもできるんじゃないかという見方を(バルセロナ側が)してくれている」、「ジョルディアルバ、ダニエルアウベスみたいなあのポジションを。バルセロナはサイドバックがすごく高い位置を取るので」とのこと。
FW登録がSB転向とはマンガ「アオアシ」が如くである。
サイドからゲームメイクしつつ攻撃に絡むプレイヤーとなれば、世界的フットボーラーへの道も開けよう。
とはいえ、これはバルサ側のマーケティング的な意図が見え隠れする。
日本人SBは欧州にて成功しており、逆に攻撃的選手での成功例は少ない。
日本人のSBとして他クラブへの売り込みを画策しておることを感じさせる。
とはいえ、器用にこなせば、出場機会も増えよう。
個人的には、トップ下での活躍を望むが、そのポジションは与えられないように思う。
いずれにせよ、シーズンが始まればわかること。
注目したい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島】安部裕葵にサイドバック転向プラン「全然大丈夫。すごく楽しみ」バルサ側から提案
2019年7月12日 16時13分スポーツ報知


移籍会見で抱負を語るMF安部裕葵

 鹿島は12日、日本代表MF安部裕葵がスペイン1部・バルセロナへの完全移籍で両クラブが基本合意に達したことを発表した。安部は同日、鹿嶋市内のクラブハウスで取材に対応し、「誰もが知っているビッグクラブ。冷静に考えるのはすごい難しかったですけど、時間がたつにつれて冷静な判断ができたと思います」と意気込んだ。

 囲み取材では驚きのプランも明かした。安部は「鹿島では常に前のポジションをやってきたけれど、それ以外でもできるんじゃないかという見方を(バルセロナ側が)してくれている」と話し、「ジョルディアルバ、ダニエルアウベスみたいなあのポジションを。バルセロナはサイドバックがすごく高い位置を取るので」と“サイドバック転向”の可能性があることを明かした。

 「鹿島もそうですけど、この時代のサッカーはサイドハーフよりもサイドバックの方が前を向ける回数が絶対に多い。自分自身も早い段階で気付いていたこと。鹿島のサイドバックの選手を見ていても、サイドバックの重要性を感じていたので。すごく楽しみですね」と話した。鹿島ではFWとして登録され、出場はほとんどがサイドハーフだったが、「(コンバートは)全然大丈夫です。めっちゃサイドバックやるみたいなかんじですが(笑い)、可能性があるという話です」と笑顔で語った。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

何が災いするか、幸いするのか判らない
バルサBで思わぬ才能を採掘されるかもしれないし、されないかもしれない
先の事なんて誰にもわからない
ただ、クラブを移籍しても鹿島には貢献できる
大成すれば鹿島ブランドに箔がつく
安部よ。大成して鹿島に貢献せよ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク