FC2ブログ

仙台戦コメント

「非常に評価できるゲームだったと思う」と満足の指揮官である。
ジュビロ戦が非常に厳しい内容だっただけに、俺だけチャンスを作りそして完封も記録した試合は納得のいくものであったのであろう。
準備したことがハマった手応えを感じさせる。
しかしながら、ミスから撃たれたシュートなどは、満足からはほど遠い。
このあたり、集中力を切らさず対応していかねばならぬところ。
大勝したからこそ気を引き締めるところ。
また、先制点をアシストの小池は、「折り返せば誰かいるという感覚だった」と言う。
このあたりは感覚でプレイする選手であることが伝わってきて面白い。
また、「抑えて蹴ることが出来た」と語っており、イメージ通りであることがわかる。
キックに自信のある選手だからこそ、ゴールに絡み続けるのであろう。
この先も攻守に活躍してくれることを確信した。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

2019明治安田生命J1リーグ 第19節
[試合後]
鹿島アントラーズ:大岩 剛
この1週間は仙台戦のための準備をしてきた。準備してきたことを、選手たちがピッチで非常に良く表現してくれて、いい結果を得ることができた。非常に評価できるゲームだったと思う。



【セルジーニョ】
2得点は非常に嬉しいが、アウェイで勝てたというところに一番の喜びを感じている。自分と土居選手の2人で動き出して、チームメイトに選択肢を与えることを意識しながらプレーをしていた。ただ、今日一番良かったことは、みんなが慌てずにグラウンダーでパスをつなぐということを意識してできたところだと思う。

【犬飼 智也】
チーム全員で立ち上がりから集中して出来ていた。結果に満足している。相手にボールを持たれても慌てることなく、自分たちでアクションを起こすところと、無理にいかないところの判断がうまく出来た。

【永木 亮太】
ポジショニングのところは意識してやっていた。相手のサイドハーフの裏が空くという分析をしていたので、そこはスタッフによるスカウティングの賜物だと思う。自分たちでビルドアップして、工夫しながらできていた。最近の試合では、ビルドアップから、なかなか点を取ることが出来ていなかったので、ビルドアップからの得点が取れて良かった。

【クォン スンテ】
アウェイの試合だったので、簡単な試合ではなかったが、みんなが必死に頑張ってくれたので勝つことが出来た。前節は結果では勝利したものの、シュート数や内容では負けに等しいゲームだった。そこを修正して、攻撃陣がシュートを意識しながらプレーできていたのが今日の結果につながったと思う。守備陣もしっかり準備をして、これからも無失点で抑えることを目標にして頑張っていきたい。

【小池 裕太】
攻撃の部分で絡んでいけるように意識していたので、得点に絡むことが出来てよかった。アシストの場面は、折り返せば誰かいるという感覚だった。抑えて蹴ることが出来た。

明治安田生命J1リーグ 第19節
2019年7月13日(土)19:03KO
ユアテックスタジアム仙台

[ 大岩 剛監督 ]
この1週間、仙台戦のための準備をしてきたのですけれども、その準備を選手たちがピッチ上でよく表現してくれて、良い結果を得られて、非常に評価できるゲームだったと思います。

明治安田生命J1リーグ 第19節
2019年7月13日(土)19:03KO
ユアテックスタジアム仙台

GK 1
クォン スンテ
KWOUN Sun Tae

前(節)の磐田戦で、結果は2-0で勝ちましたが、シュート数や内容的には負けと同じような試合だったので、そういうところを修正して、攻撃陣がシュートを意識しながら、得点に結びつけることを意識してやったのが、今日の4-0という結果につながったと思います。もちろん後ろもしっかり準備して、これからも無失点で抑えることを意識してやっていきたい。

--主力選手がシーズン中に2人移籍することについて。
正直に言えば、主力が抜けることは痛いところもありますが、その中で残った選手が必死でやらなければいけないという意識も高いです。(安部)裕葵や安西(幸輝)は世界に評価されてヨーロッパに出ていくので応援したいし、そういう選手が評価されるということは鹿島が日本でそれくらいの立場にあるということ。残っている選手がもっともっと刺激を受けながら、勝てるような状況を作っていかなければいけないし、これから勝っていかなければいけないと思います。

鹿島がセルジーニョ2発など攻撃爆発で2連勝! 仙台はGKシュミットのラストゲームで今季最多タイ4失点
19/7/13 20:53


鹿島FWセルジーニョが2ゴールの活躍

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク