FC2ブログ

柴崎岳、デポルティーボ・ラ・コルーニャへ移籍

デポルティーボ・ラ・コルーニャへの移籍が決まった柴崎岳である。
移籍金は200万ユーロで契約期間は4年とのこと。
2部のクラブではあるが、理由もなく出場機会がないクラブに在籍し続けるよりがずっと良いであろう。
1部昇格に尽力し、「スーペル・デポル」を復活させるのだ。
活躍の報を待っておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

柴崎岳がデポルティボ移籍 4年契約締結
2019.07.14 19:55 Sun

デポルティボは14日、ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳(27)の完全移籍加入を正式発表した。契約期間は4年となる。

日本代表の主力に定着する柴崎は、2017年1月に鹿島アントラーズからテネリフェに加入後、2017-18シーズンからヘタフェでプレー。初年度こそ公式戦23試合の出場数を記録したが、2018-19シーズンは序列が下がり、公式戦9試合の出番にとどまった。

そうした状況もあり、柴崎を巡っては今年1月にも移籍の可能性が取り沙汰され、その当時からデポルティボの関心が浮上。最終的に実現しなかったが、今夏の移籍市場でもデポルティボが再び獲得に乗り出していることが指摘されている状況だった。

1度のリーガエスパニューラ優勝歴を持つデポルティボは、2017-18シーズンに2部降格。昨シーズンは1部昇格プレーオフまで勝ち上がったが、決勝でマジョルカに2戦合計スコアで敗れ、1部復帰を逃している。

なお、スペイン『マルカ』が報じたところによれば、デポルティボはヘタフェと2年契約を残していた柴崎の移籍金として200万ユーロ(約2億4000万円)程度を支払ったものとみられる。

コメントの投稿

非公開コメント

テネリフェでの岳の活躍は凄まじかったですからね、今度こそ1部昇格を!
そしていつか鹿島に帰ってきて、40番とキャプテンを受け継いで欲しい笑

選手起用の優先順位が柴崎のスタイルと合致してませんでしたね

柴崎が出てない試合を見ますと、どの選手も足元の技術は高いんですけど、その技術の活かし方に差がありました
トラップはボールを基本的に前に置き、空いたスペースを早く突く
前への推進力が必要なサッカーをしてました

次こそは柴崎の活躍が観られるクラブでありますように

たまたま見た試合で、ヘタフェはヨーロッパのチームの中で、一番ファールが多いと言っていました

そんなチームで、活きるわけないないですね

2部とはいえデポルティボは名門クラブ。
岳が試合に絡めば必ず結果を残してくれる。
新天地での活躍を期待している。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク