FC2ブログ

鈴木優磨、移籍の決意

シントトロイデンへの移籍について取材に応じた鈴木優磨である。
今夏の移籍に関して強い意志を持っておったことが伝わってくる。
また、遠藤航や冨安がシントトロイデンにて成長する姿を観て、その決意が強くなったこともよくわかる。
日本企業がオーナーであることで怪我への理解も大きく、またポジションを保証されたことも影響しておろう。
まずは、このベルギーのクラブにて大きな実績を残し、早い段階で次のリーグへとステップするのだ。
活躍を期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島一筋の鈴木、ベルギー移籍「23歳の夏が最終期限」
河野正樹 2019年7月16日15時42分


シントトロイデンへの移籍が決まり、意気込みを語る鈴木優磨


今年2月の練習に参加する鈴木優磨(中央)。昨年からのけがが響き、今季は1試合も出場していない


シントトロイデンへの移籍が決まり、意気込みを語る鈴木優磨


シントトロイデンへの移籍が決まり、意気込みを語る鈴木優磨


 「23歳の夏が最終期限と自分の中で決めていた。残るという選択肢はなかった」。サッカーのベルギー1部シントトロイデンへの移籍が決まったJ1鹿島FW鈴木優磨(23)が16日、心境を語った。鹿島にとってこの夏、日本代表選出経験のある若手が海外移籍するのは、安西幸輝、安部裕葵に続いて3人目。そんな異常事態にも、鹿島一筋17年の生え抜きの決意は揺るがなかった。

 鈴木は筋肉系のけがで今季は一度も試合に出ていない。それでも移籍へと突き動かしたのは焦りだ。

 「早く国際の(移籍)市場に乗らないといけない。もう遅いというぐらい。早ければ早いほど今はいい。(バルセロナに移籍した20歳の安部)裕葵を見て若いっていいなって思う」

 昨季、チームの主力に成長し、32試合に出場し、センターフォワードとして11得点。チームのアジア・チャンピオンズリーグ制覇にも貢献した。昨年11月、けがで辞退したものの、日本代表にも初めて呼ばれた。

 いくつかある獲得要請の中でシントトロイデンを選んだのは、日本代表MF遠藤航やDF冨安健洋の存在が大きい。2人は欧州でもまれることで急成長。「日本にいる時よりも明らかに成長しているし、あの舞台に行かないと一皮もふた皮もむけるのは難しい」と感じたという。日本企業が所有していることから、けがへの理解も大きく、出場機会を確保できると感じた。

 鈴木は小学1年生から鹿島の下部組織に所属した鹿島一筋で、移籍は初めてになる。語学については「英語を勉強しているけど、何言っていいのかさっぱりわからない」と言うものの、「アントラーズ以外のユニホームは初めてなので、不安というよりは楽しみで仕方ない」と話す。

 目標はイングランド1部でプレーし、欧州チャンピオンズリーグの決勝でプレーすること。「シントトロイデンで必ず結果を残して、もっと更なる高みへ行けるように頑張りたい」(河野正樹)

鈴木優磨が移籍語る「1個目で土台」23歳夏に設定
[2019年7月16日16時46分]


鹿島アントラーズからベルギー1部シントトロイデンへの移籍が決まり、取材に応じるFW鈴木優磨(撮影・杉山理紗)

鹿島アントラーズからベルギー1部シントトロイデンに移籍するFW鈴木優磨(23)が16日、鹿嶋市内のクラブハウスで取材に応じた。現在はチーム間の基本合意に達している状態で、今後は現地でのメディカルチェックを経て正式契約を結ぶ予定。

  ◇    ◇    ◇

移籍理由の1つは年齢。23歳の夏が海外移籍の最終期限と以前から決めていたといい、「早く国際市場に乗らないといけないという思いで、この移籍を決断しました」と説明した。

複数のオファーを受ける中でベルギー1部のシントトロイデンを選んだのは、「1個め(の移籍先)で土台を作らないと、Jリーグに戻ってくるという印象」という理由から。より試合に出られそうな環境が決め手となったようだ。

シントトロイデンからは、これまでもたびたびオファーを受けていたという。今夏も「トップストライカーがいない中で、第1希望で欲しいと言ってくれた」といい、負傷で今季出場ゼロという状況でも実力を認め、必要としてくれるクラブを選んだ形だ。

小学生時代から17年間を過ごした、愛着の強い鹿島だが、残留する選択肢はなかったという。「(鹿島は)自分の家だし、いろんな人にあたたかく接していただいたので、離れる気持ちもつらいですが、それよりも新しい挑戦を望んで行くので、みんなに成長した姿を見せられるように頑張ります」と、新たな挑戦に胸を弾ませた。

コメントの投稿

非公開コメント

2015年のデビューから数々のタイトル獲得に貢献
特に2016年からの金崎とのコンビは日本代表を超越していました
この2人がいれば何も怖くないと思いましたね

欧州のシーズン始動前に合流出来た事はプラスに働くでしょう
優磨のステップアップを楽しみに待ちます
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク