FC2ブログ

互いの思惑がぶつかり合う激しい試合となるはずだ

「ピッチのあちこちで体をぶつけ合う激しい試合になることが予想される」と記すJリーグ公式の田中滋氏によるプレビューである。
鳥栖のサッカーは肉弾戦を主としたものであり、激しい攻防となろう。
前回の対戦時は暑さとACL直後の試合ということもあって消耗が激しくアディショナルタイムに集中力を切らすこととなった。
その轍を踏まぬ事こそ肝要。
そもそも今季の敗戦は全てACL直後の試合となっておる。
そういった意味で、今回は1週間のインターバルのある試合であり、またホームの地の利もある。
また、「メンバーが定まってきたことで戦いに安定感も出てきた」と記されるように、チームが固定され戦術的な強度が高まっておる。
欧州移籍を果たした3人が欠けたことは戦力的には痛いが、それを補う人材が躍動しておる。
夏の夜の打ち上げ花火が如くゴールを奪おうではないか。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

攻撃陣好調の鹿島。今節は鳥栖へのリベンジを狙う
見どころを要約すると・・・

・今夏、3選手の海外移籍が発表された鹿島だが、層の厚さを見せつけて好調を持続している
・鹿島は攻撃陣が破壊力抜群。前節も仙台から4ゴールを奪い、快勝を収めた
・前回対戦は豊田陽平の劇的弾で鳥栖が勝利。今節も激しい戦いになりそうだ

夏休みが始まる7月末、明治安田J1は第20節を迎える。現在10勝4分4敗、勝点34で4位につける鹿島が、5勝2分12敗で最下位に沈む鳥栖をホームに迎える。

前節、アウェイで仙台に4-0と快勝した鹿島は5試合負けなしと勝点がついてくるようになった。連日のように選手の海外移籍が発表され、安西 幸輝がポルトガルのポルティモネンセ、安部 裕葵がスペインのバルセロナ、鈴木 優磨がベルギーのシント=トロイデンへと渡っていった。主力選手の相次ぐ流出はチームに大きな影響を及ぼすかと思われたが、土居 聖真や白崎 凌兵、セルジーニョといった面々がチームをけん引。メンバーが定まってきたことで戦いに安定感も出てきた。安西が抜けた左SBのポジションも小池 裕太が公式戦4試合連続で得点に絡む活躍を見せている。リーグタイトル奪還に向けてさらに勢いを増したいところだろう。

対する鳥栖は、シーズン途中から金 明輝監督が就任し、一時は持ち直すかと思われたが、この5試合は1勝1分3敗と苦戦が続く。前節は広島を相手にGK高丘 陽平の活躍もあって終盤まで粘り強く戦ったが、75分にFKから荒木 隼人にゴールを許すと、80分にもハイネルに追加点を許して0-2で敗れた。金崎 夢生が右ポストを直撃する強烈なシュートを放つ場面を作ったが、チーム全体でシュート5本に終わっており、チャンスメークに課題を残した。金 明輝監督も「点を取るところで取れなかったり、点を取るための(チャンスの)回数を作れなかったというところでは力不足だと思う」と感じており、この1週間でどれだけ修正できたかが問われることになるだろう。

両者は5月26日に鳥栖のホームで対戦しており、そのときは鳥栖が1-0で勝利している。暑さによる体力消耗と、鳥栖のロングボールを多用する徹底した戦い方に鹿島の守備陣が疲弊。後半アディショナルタイムに集中力を欠いた対応を見せると、鳥栖がそのスキを逃さず、最後は豊田 陽平がゴールに押し込み、90+4分という土壇場で勝点3をもぎ取る試合だった。

前節の鹿島の戦いぶりを見れば、余裕を与えれば相手の守備陣形を崩し切る力を有している。相手を押し込みながら戦いたい鹿島と、そうはさせまいと長いボールも利用して鳥栖が押し返そうとする展開となるだろう。今回もピッチのあちこちで体をぶつけ合う激しい試合になることが予想される。

今季、鹿島は県立カシマサッカースタジアムでは7勝1分1敗と一度しか負けていない。ただ、最下位に沈む鳥栖にすれば、そうした鹿島から1つでも勝点を取って帰りたいところ。互いの思惑がぶつかり合う激しい試合となるはずだ。

[ 文:田中 滋 ]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大勝後の鹿島、しかも相手が鳥栖とは良いイメージはありませんが
ここで踏ん張れないようなら、それが実力なので応援するのみ。

1敗しかしていない川崎やこの状況でも上位に留まる鹿島などは
優勝経験のないチームにはプレッシャーの筈。

我々は最後に1位なら良いのです。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク