FC2ブログ

犬飼智也が鹿島に来て変わった勝利の味

犬飼智也を取材したSportivaの寺野女史である。
犬飼の生の声を伝えておる。
外から入ってきた選手の視点は、より鹿島というクラブを表してくれる。
非常に興味深い。
鹿島のCBに求められるものが少しながら見えてきた。
それを犬飼は感じ取ったからこそ今のポジションがあるというもの。
更に成長し、鹿島の“かお”となって行くのだ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

移籍組の犬飼智也は実感。
鹿島は「型」はなくても「コミュ力」がある

寺野典子●文 text by Terano Noriko渡部 伸●写真 photo by watanabe shin

遺伝子~鹿島アントラーズ 絶対勝利の哲学~(46)
犬飼智也 前編


「法政大の長山(一也)監督から、『話があるので時間を作ってくれないか』と連絡があったんです」

 鹿島アントラーズの強化部長・鈴木満が、スカウト担当の椎本邦一から、そう声をかけられたのは、6月下旬のことだった。今年2月、2021年の加入内定を発表していた法政大学3年の上田綺世は、日本代表の一員としてコパアメリカを戦っている最中だった。

 代表チームに合流する直前、上田は「コパアメリカ、ユニバーシアードが終わったら、サッカー部を退団して、鹿島へ行きたい」と長山監督に相談を持ちかけていた。「そんな上田の意向が実現可能か」という打診を受けた鹿島サイドが拒否する理由はなかった。上田のポテンシャルを高く評価していた。それでも「うちから、大学のサッカー部をやめてプロにならないかと提案することはできない」と鈴木は語っている。それが鹿島の流儀だからだ。選手自身と大学側がプロ入りを決断する。それは、ありがたい申し入れだった。

 そして、7月26日、プロ契約が行なわれ、その記者会見上で、上田は自身の決意について語った。

「この決断に至るまでに半年かかりました。内定を決めたときに大学サッカー部を退部し、鹿島へ行くことも考えていた。でも、法政大でできることが(まだ)あるとも思った。そしてこの半年間、法政大でやることはやりきった。大学生として、コパアメリカのメンバー、日本代表に入れたことがきっかけになった」

 送り出す長山監督にとっては苦渋の選択だったに違いない。

「チームとしては、戦力ダウンになる。痛いところはあるけれど、上田はここ2年くらいですごく成長をしていて、その成長曲線をとどめることはできない。大学サッカー界では突き抜けた存在になった。上田がより成長するための環境を整えるのも指導者として大事なことだと考えました」

 受け入れる側の鈴木は、長山監督の気持ちを痛いほど理解できる。この夏、鈴木優磨、安西幸輝、安部裕葵と1週間で3人の選手を海外のクラブへと送り出した。

「代表へ行ったりして、高いレベルを体感すれば、選手が自身の環境を変えたいと考えるのは当然のこと。欧州でプレーする選手を身近に感じれば、僕も欧州でという気持ちを止めることはできないから。ジーコとも話をしていたんだけれど、ブラジルのようにどんどん、欧州へ選手を送り出しても、勝ち続けながら、また育成し続けていくしかない。これは世界のサッカーの流れだから。現有戦力の伸び代に期待する部分は大いにあるけれど、それだけでは厳しいという現状もある。現在のチーム編成を考えたとき、上田という即戦力を獲得できたのは、非常に嬉しい」

 6試合負けなしで上位争いを続けるリーグ戦、そしてACL、ルヴァンカップ、天皇杯とタイトルを賭けた試合が続くシーズン後半戦。鹿島がいかに上田の成長を促せるのか? 上田自身もまた新たな環境で飛躍できるのか? 確約できることは何もないが、秘められた可能性が大きいことは間違いないだろう。

 2018年シーズン。犬飼智也が清水エスパルスから加入した当初、彼の第一の目標は、日本代表の昌子源、植田直通からそのポジションを奪うことだった。そしてシーズン途中に植田がベルギーへ移籍し、ワールドカップ後は昌子も負傷で長期離脱。夏に新加入したチョン・スンヒョンと共に、リーグ戦、ルヴァンカップ、ACLという過密日程を戦った。昌子がフランスへ移籍した今季は、”不動”のCB(センターバック)として欠かせない選手となっている。


移籍2年目となる今年、不動のCBとして活躍している犬飼智也

 しかし、鹿島で試合に出始めた当初は、失点につながるミスも少なくなかった。それでも試合を重ねることで、安定感を身につけていく。その様子には犬飼のポテンシャルの高さはもちろん、選手を成長させるチームの空気が感じられる。

 所属選手の海外移籍へのスピードが加速するなかで、移籍で獲得した戦力をいかにチームに馴染ませ、勝ち点を得ていくか。そこには戦術で選手を縛るというより、相手に合わせて選手の持ち味を活かす鹿島の強みがあった。

――移籍して1年半が経ちました。

「変化はたくさんありました。試合に出よう、ポジションを奪ってやろうと思って加入して、1年目はなかなかそれができず、もどかしさもありました。出場機会もありましたが、結局シーズン終盤には試合に出られなくなった。自分の力のなさを痛感しましたし、同時にそのときの悔しさがあるので、今につながっているんだと思います」

――昨シーズン、少しずつ試合に出始めたとき、ミスが失点につながったりと、苦しいスタートだったと思うのですが。

「そうですね。移籍した当初は、(清水エスパルスから)松本(山雅)へ行ったときもそうだったんですが、環境が変わった時に気負うというか『やってやろう』という気持ちが強く出るタイプなので。そういう感じがあったんだと思います」

――誰もがそういう気持ちになりますよね。しかも鹿島のCBといえば、秋田豊さんから始まる錚々たる元日本代表のOBがいます。「鹿島のCB」という看板も重かったのではないでしょうか?

「周りから『鹿島のCB』という見られ方をするというのは、理解していました。それに応えたいという気持ちもあったと思います。でも、僕と先輩たちとはプレースタイルもまったく違う。だから今は、自分の良さやいいところを出そうと考えるようになりました」

――ある種の開き直りというか、背伸びをし過ぎるのではなく、「自分に今できることをしっかりとやるだけだ」というような気持ちになっていくと。

「毎週末試合に出続けるというふうになれば、試合に挑む気持ちも変わってきます。でも、やっぱり、開き直るというのはプロには必要だと思います。開き直るというか、現実的に自分が今できることを見極めて、自分自身でミスに対して向き合って、それを解決していく姿勢が大事なんだと思っています」

――たとえば、試合には勝ったとしても、ご自身のプレーに満足できない、という毎日だったと思うのですが、チームに加入した直後、そういう葛藤を癒してくれる存在もまた力になりますよね?

「そうですね。よくないプレーに対してチームメイトとも話します。鹿島はミスに対して選手個人に引きずらせないチームなんですよ。誰がどうだった、ダメだったというんじゃなくて、改善するための話をみんなでします。普通にミスをイジってもきますし(笑)。本当にいいクラブだなと思います」

――ミスをしてしまった人間にとっては、イジられたほうが、気持ちが楽になることは多いでしょうね。鹿島には、ピッチ上で選手たちが試合に応じた修正を施す力があると思うのですが。同時に戦術という型に嵌(は)めた戦い方をしていない印象があります。

「そうですね。そういう形というのは、もしかしたらJリーグの中ではもっとも持っていないかもしれません。この鹿島というクラブは、自分たちがうまくいかないときに、戦術のせいにすることはないと思います。うまくいかなかったら、やり方がどうなのかという部分はありますけど、全体というよりも、1プレーとか、前半嵌(はま)らないときに、『どうするのか』と、細かい話をピッチのなかでする回数が、断然多いと思いますね。もちろん戦前のミーティングで監督からの指示はあるし、要所要所で監督が教えてもくれます。でも、自然と選手たちから声が出るので。やっぱりやっている本人たちが一番わかっているから、選手間で話す回数は多くなりました」

――ただ「話す」だけじゃなくて、コミュニケーションスキルの高さも求められるんじゃないですか? 特にCBというポジションは。

「やっぱり、CBはそこが大事だし、自分から発信することの重要性は意識しています。清水や松本時代にもそこはやっていたとは思いますけど、経験を積んで、言えることやゲームの見方も変わってきているし、そのうえで鹿島でプレーしていることで、コミュニケーションスキルは、自然と伸びると思います。勝つためにやらなくちゃいけないし、しゃべることが大事だと改めて感じるので」

――昨年の試合で、失点後に内田篤人選手が守備陣を集めて話し合い、落ちつかせるというような場面が何度かありました。彼のタイミングや言葉は大きいですか?

「もちろんそうですね。今季はリハビリが長く続き、チームを離れていますが、それでも声をかけてくれます。それは僕だけじゃなくて、みんなに言っているんだと思うんですけど、そのタイミングやひと言は、『やっぱり篤人さんだなぁ』って思います。うまいというか、さすがだなぁと。僕も同じ静岡県出身で、子どものころから憧れていた選手のひとり。普段の篤人さんは飄々(ひょうひょう)としていて、なんかこう掴ませないというか、掴めない人なんですけど(笑)。篤人さんはみんなのことを掴んでいると思います」



――加入する前に鹿島に対して抱いていたイメージというのはどんなものでしたか?

「多分、Jリーグでプレーする多くの選手が抱く鹿島アントラーズというクラブに対するイメージがあると思うのですが、『それ』ですね。強いし、優勝するチームという。やっぱりこのクラブでは優勝することが基本だし、そこが他のクラブと比べると多分違うところ。鹿島は唯一特別なチームだと思います。その違いは加入してから感じましたね」

――チームの一員となることで、優勝が基本というクラブのあり方を体感した。

「チームも選手個人個人も普段の練習、1試合1試合への取り組みもリアルに優勝を目指している姿だなと思える。そこが違いましたね。練習の厳しさもそうですし、去年は(小笠原)満男さんともいっしょにやれましたし、やっぱり、一切手を抜かないというところにすごみを感じました。満男さんのすごさについては、よく質問されるんですけど、うまくは答えられません(笑)」

――勝利から逆算する思考や勝者のメンタリティ、自分の立場に関わらず、チームのために戦う献身性とか……本当にいろいろありますからね、きっと。

「もちろん、満男さんだけじゃなくて、ソガさん(曽ヶ端準)、篤人さん、(遠藤)康さんたちはいつも、勝つために何が必要なのかを考えているし、その必要なことを周りに還元してくれる。僕もそこまでの選手にならないといけないと思っています。チームに還元できる存在。プレーもそうですけど、言葉もそうです。そういうことをできる選手が鹿島の選手なんだと思います」

犬飼智也が鹿島に来て変わった勝利の味
「喜びより先にホッとします」

寺野典子●文 text by Terano Noriko渡部 伸●写真 photo by watanabe shin

遺伝子~鹿島アントラーズ 絶対勝利の哲学~(47)
犬飼智也 後編


 ロスタイム6分。2点リードを許しながらも、追いつき、その後も攻勢を続けていたにも関わらず、勝利を決定づける3点目は奪えず、逆にボールロストからピンチを招き、与えたコーナーキックから失点。Jリーグ第21節、鹿島は湘南ベルマーレ相手に2-3で敗れ、リーグ戦8戦ぶりの黒星を喫した。

「後半開始直後に失点をしてしまったことが、この試合を象徴している。自分たちが後半の立ち上がりをしっかり入れなかったことが、のちのち、響いてきた。ハーフタイムにも伝えていたが、集中力、注意力が足りなかった。自分たちの意識の問題。プレースピード、攻守の切り替えのスピードをもっと速く、強くしていかなければいけなかった」

 大岩剛監督は、終了間際の失点以上に、49分、52分の2失点について口にした。

 土居聖真も「完璧に同じ形での失点。後半の(失点につながった)最後のワンプレーもありましたけど、同じ形で2回もやられてる。しかも短い時間。あれはよくなかったし、あれがすべてだと思う。相手がよかったとかじゃないし、本当にうちの不注意というか、あっさりとやられた。それはレッズ戦も同じだった」と話した。

 7月31日の第16節浦和戦も1点リードしながら、88分に失点して勝ち点3を獲りこぼした。そして、中2日での湘南戦。湘南のチョウ・キジェ監督が「日程のところで公平性があったのか。鹿島の選手は身体が重かった」と指摘している。7月20日に第20節を戦い、鹿島戦を迎えた湘南と鹿島との違いは小さくはなかっただろう。浦和戦は気温31.2度、湿度64.0%。湘南戦は気温27.7度、湿度86.0%という気象条件を考えても、積み重なる疲労は心身ともに大きい。

 それでも、それが敗戦の理由にはならない。

「僕らはそれを言い訳に戦いたくはない。去年からずっと過密日程でやってきたし、そういうなかでも選手スタッフ、サポーターと戦ってきた。厳しい戦いですけど、当たり前だし、それを乗り越えてこそのチャンピオンになれるのか、なれないのかだと思います」

 選手の想いを代表するように土居は語る。

 それでも、試合巧者の伝統を持つ鹿島らしくない失点。大幅な選手の入れ替わりがそこに影響を及ぼしていることも事実だろう。過密日程に慣れていない選手も少なくない。ベテラン選手の不在もまた、「言い訳」にはできないテーマではあるが、勝利しなければ、そう言われてしまうのは当然のことだ。今季、頼もしさを増した土居は続ける。

「僕も戦い方やその姿勢を教えられてきたわけじゃない。先輩の背中やチームの雰囲気を感じ取ってきた。言われてやるようじゃまだまだだし。今いる選手たちはそういう選手でもない。ただ、選手ひとりひとりが意識は高く保たなくちゃいけない。シーズンを通して考えれば、すべていい試合ができるわけじゃない。だから、こういう苦しくなったときに僕も含めて、ひとりでも多く、自発的にチームを鼓舞できる選手がいればいるほど、流れは変えられると思う。みんな頑張っているし、悪くない。本当にちょっとのスキだと思う。そこが大事なのをわかっているからこそ、選手ひとりひとりがその課題を抱え込まず、チーム全体でスキを埋めていきたい」

 一見、些細に見えることが勝敗やタイトルという大きな結果につながる。細部へのこだわりの重要性を語る勝者は多い。しかし、ミスは起きる。それをお互いにカバーし合える状態が続けば、良い結果が生まれる。昨季はそうやって、選手の不在や日程などの苦境を乗り越えた。選手個々の力不足を埋めるためのチーム力を今、試されている。

 浦和戦でデビューした上田綺世は、湘南戦でも終盤にピッチへ送り込まれた。何度かポストプレーで強さを発揮したものの、得点につながることはなかった。

 勝利やタイトル獲得が鹿島というクラブにとって、いかに重要なことなのか。ピッチに立つことでサポ―ターからの期待やプレッシャー、熱を改めて感じることはあるかと上田に訊いた。

「鹿島がどういうクラブかは小さいころから知っているし、そういうクラブだとわかって入っている。それ(サポーターの熱や圧力)を歓声に変えるという責任が自分に乗っているだけです」

 ジュニアユース出身の上田のなかにも鹿島のDNAは流れていた。

 2019年度に加入した伊藤翔、白崎凌兵、小池裕太らは、今夏に移籍した鈴木優磨、安部裕葵、安西幸輝の穴を埋めるに十分な戦力となっている。移籍で失う恐れのあるポジションを想定したチーム編成だったに違いない。それは、2018年加入の犬飼智也にも共通する点だ。昌子源、植田直通というレギュラーCB2枚を失っても、上位争いを続けるための獲得だった(もちろんシーズン途中に加入したチョン・スンヒョンも同じく)。


鹿島での勝利は「任務」と語った犬飼智也

 清水エスパルスのジュニアユース、ユースと経て2012年にトップへ昇格した犬飼だったが、1年目はリーグ戦出場1試合だけだった。2年目の途中、出場機会を求めて、当時J2の松本山雅へ期限つき移籍するとレギュラーポジションを獲得し、2014年にはJ1昇格を果たす。2015年清水へ復帰したものの、J2降格も経験。1年でJ1に復帰したもののケガなどもあり、2017年の出場は16試合に留まっていた。

「鹿島のSBはみな日本代表。鹿島でポジションを獲れば日本代表に近づける」

 鹿島加入時にそう話していたのは安西だった。それは犬飼も同じだった。日本代表の経験は2012年のU-19選出くらいしかない。全国的には無名とも言える存在だったが、犬飼は、日本代表入りという野心があったからこそ、鹿島へ挑戦した。

 週末の試合での勝利、そしてタイトル獲得。それが日常であり、それを現実のものにする鹿島の選手たちは皆、野心家だ。野心がなければ、厳しい戦いは勝ち抜けない。

――犬飼選手がCBでプレーし始めたのはいつごろですか?

「しっかりとそのポジションでプレーしたのは、中学になってからだと思います。小学生時代も市の選抜でCBを務めることもありました。最初はやっぱり嫌でしたね。幼いころはFWをやっていましたが、小学生高学年で中盤、ボランチなどでプレーしていたんです。小学時代の僕のアイドルは小野伸二さんで、アウトサイドでのパスを真似たりしていました。あとはジダンやロナウジーニョが好きでしたね」

――ゲームメーカーとしては、なんでCBなんだよと思いますよね。

「でも、自分が試合に出られるのなら、CBでもいいと自然に考えるようになっていきました」

――CBからゲームを作る時代にもなっています。技術も活かせる。

「そこは自分の良さだと思うので、トライし続けています」

――プロに入って2年目の途中に松本へ移籍。早い決断だとも感じますが。

「試合に出ること、そこで結果を残すこと。プロの厳しさというのは理解していたけれど、とにかく試合に出て、経験を積みたい。そうじゃなければ、なにも始まらないという気持ちが強くありました」

――J2とはいえ、松本へ行っても競争はあります。

「そうですね。でも、シーズン途中での加入だったので、その時点でチームの戦力にならないといけない。そういう覚悟は自然と持っていました」

――すぐにチャンスも手にしました。

「松本でずっと試合に出続けられたこと。そして、ほとんど負けなかったこと。最初のシーズンは昇格できなかったけれど、2年目で昇格も果たせました。そういう結果が自分に大きな自信を与えてくれたし、松本での1年半がなければ、今の僕はいないと思います。もちろん、その後清水へ戻り、いろんな経験をしました。昇格も降格も、ケガでの離脱も。そういう意味では鹿島の選手が経験できない経験をしてきた結果、今の僕なんです」

――Jリーグでプレーする選手にとって、鹿島からのオファーというのは、どのようなものなのでしょうか?

「鹿島はやはり、日本のトップのチームだと思います。でも、清水でプレーしていたときに、『いつか鹿島へ入りたい』ということは考えていませんでした。でも、いざオファーが来たときは、自分が成長できると感じたし、魅力はありました。どのチームからであっても、『オファー』というのは、自分が評価された証なので、嬉しいです。でも、鹿島からの評価はやはり特別なことだと思います。清水時代の先輩からも『鹿島からオファーが来る選手は間違いがない』と言って頂きました」

――とはいえ、当時の鹿島には日本代表のCBがふたりいる。どちらかからポジションを奪わないと試合には出られない。

「はい。でもだからこそ、シンプルな話だなと思ったんです。そのポジション争いに勝てば、(代表スタッフや世間からも)見られると思う。ひとりじゃなく、ふたり揃って代表でしたから、どちらかからポジションを獲れば、僕にとっての日本代表も現実味を増すだろうと。それに身近に代表選手がいることは、基準がわかるというか、自分がなにをすべきかを理解しやすい環境だとも感じました」



――そのふたりが移籍という形でチームを離れ、レギュラーポジションを得た現在。ポジションを奪う立場から、守る立場へと変わったのでしょうか?

「(クビをひねりながら)……まだ満足はできていない。もっと絶対的な存在になれると自分に期待しているし、もっとやらなくちゃいけないと思っています。まだまだ物足りないですね」

――若手のころは先輩から学んで……という姿勢で挑んだのかもしれませんが、20代半ばとなった今、変化はありますか?

「若いときはいろんなことを吸収しようとして、あらゆることを吸収している。もちろん今もそこはあるんです。でも、ある年齢、たとえば僕くらいの20代半ばになれば、力を評価されて、試合に出してもらっている。だからまずは、自分のプレーをしっかり出すこと、チームとしてやることをしっかりやることが一番大事。それをしたうえで、もっと自分にできることが他にあるのかと考えています」

――犬飼選手のなかで、目指すべきCB像があり、そこへ近づくように成長もしているんだろうけれど、目指すべき姿もまた日々、高くなる。いつも6合目みたいな感覚ですか?

「本当にそうだと思います。絶対に昔の自分よりできているという自負があるけれど、物足りなさもまた強く感じるので。鹿島のCBとしては全然足りていないし、毎試合反省ばかりで、自分が満足いくような選手にはなれてはいないです」

――松本時代に数多くの勝利を経験して自信をつけたと話していましたが、鹿島へ来て、その勝利に違いはありますか?

「昔のほうが勝ったときに嬉しかったんですよ、多分。今、鹿島では、勝ってホッとしています。喜びはあるんですけど、その違いはありますね、なんかちょっと違います。鹿島での勝利は任務なんですよ。任務達成の安堵感なんだと思います。日々、試合に勝つという任務のために、過ごす時間が鹿島は濃い。チーム全体としてもそうだし、選手個人がそのためにいろんなことをやっている。誰か数人というのではなくて、全員が高い意識を持っていると感じるのが、鹿島なんです」

――昌子選手が復帰した昨季のシーズン終盤は、ベンチスタートになりました。ACL決勝戦もベンチで見ていた。

「優勝は嬉しかった。でも、自分の力で優勝したい、決勝の舞台に立ちたいと心底思いました。大きな悔しさを味わったけれど、気持ちのどこかに『まあそうだよな』というのもあったんです。決勝を見ていても、自分のプレーを考えたら、先発じゃないことも『やっぱりそうだよ』というふうに感じているところがありました。でも、だからこそ、今は自分の手で優勝を掴めるシーズンにしたいと強く思っています」

コメントの投稿

非公開コメント

昌子が復帰して確かにベンチになったけど、aclで決勝まで導いたのは犬飼でもある。

個人的には今総合力では日本最高のCBだと思っています。シャットアウト期待しています。

長文ですが、ワンだけではなく、満さん、綺世、聖真の言葉も入っていて、鹿島というチームがよく分かる読み応えのある記事ですね。
◼︎綺世の入団経緯
法政との関係は悪くなっていないどころか、お互いの悩みを共有しより強くなったようにも読めました。
◼︎選手の入れ替わり
「欧州へ選手を送り出しても、勝ち続けながら、また育成し続けていくしかない。これは世界のサッカーの流れ」。これをベースに早め早めの補強ができているのはさすが満さんですね。
◼︎他チームから見た鹿島
「周りから『鹿島のCB』という見られ方をする」「強いし、優勝するチーム」「鹿島は唯一特別なチーム」「日本のトップのチーム」「鹿島からの評価はやはり特別なこと」「清水時代の先輩からも『鹿島からオファーが来る選手は間違いがない』と言って頂きました」。よく目にする言葉ではありますが、これまでの歴史であり、これからもそう思ってもらえるような結果が欲しいですね。
◼︎他チームと鹿島の違い
シラや翔さんなども同様のことを言っていましたが、脈々と受け継がれる伝統であり、これからも継続して行って欲しいですね。そして、以下の言葉に集約されてるのかと感じました。
「鹿島での勝利は任務」「日々、試合に勝つという任務のために、過ごす時間が鹿島は濃い。チーム全体としてもそうだし、選手個人がそのためにいろんなことをやっている。誰か数人というのではなくて、全員が高い意識を持っていると感じるのが、鹿島なんです」。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク