FC2ブログ

小笠原満男が子供達に伝える自立心

小笠原満男AAについて記すNumberWebの池田氏である。
どのような心構えで子供たちに接しておるのかが良く伝わってくる。
鹿島のアカデミー出身者は大いなる人間性を持つこととなろう。
今後が楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

小笠原満男が子供達に伝える自立心。
「荷物ぐちゃぐちゃでもいいんだよ」

posted2019/08/15 11:40


これまでキャリアで得たことを子どもたちに還元する小笠原満男。サッカーの指導を通じて自立の重要性を伝えていく。

text by
池田博一
Hirokazu Ikeda

photograph by
J.LEAGUE


「勉強しに行って来ます」

 8月5日、小笠原満男が自身初めてのアカデミー海外遠征に出発した。

 向かうは中国の上海。「YOUTH INTERNATIONAL CHALLENGE CUP」に出場する鹿島アントラーズジュニアユースへの同行となる。参加チームは中国に限らず、アトレティコ・パラナエンセ(ブラジル)、アンデルレヒト(ベルギー)、ウォルバーハンプトン(イングランド)も名を連ねる。

 遠征中、小笠原は子どもたちのプレーだけでなく、ピッチに立つまでの過程にも目を配っている。遠征に持参する荷物、ビュッフェ形式の食事、ホテルでの時間の過ごし方、そして試合への準備。

 たとえ、荷物の中身が整理整頓されていなくても、そこに明確な理由があれば、小笠原は目を細める。

「(自分も)遠征の準備は、必要最低限。あとは、あるものでなんとかする。俺にとっての準備はそんなところだから」

「自分のことは自分で」

 21年にわたりプロ生活を続けた小笠原は言う。

「トップの選手がまさにそうなんだけど、自分のことを自分でできない選手はたいていつぶれる。それはこれまで見てきた経験から、僕だから言えること。今のアカデミーにいる子どもたちの親御さんたちにも知ってほしい」

 子どもの自立心を育む。育児において、目指すべきところだろう。それは、サッカーの指導においても同じと、小笠原は強調する。それも、プロを目指す選手にとっては、特に。

「あ、自分で準備をしてきたな」

 荷物の準備も然り。必要と思うなら持っていけばいいし、いらないなら持っていかないという選択を自ら行う。アントラーズアカデミーでは、スクールからユースまで、年間で数多くの遠征を実施している。海外遠征だけで直近3年で32回。カテゴリーに関係なく、国内外を行ったり来たりする日々だ。

「リーグ戦、ACL、クラブW杯、日本代表戦、W杯。これまで何度も遠征に行ったけど、パンツを何枚持っていくのか、靴下を何足持っていくのか。そんなの決まりはない。朝、起きられなければ目覚まし時計を持っていく。天気予報を見て、雨が降りそうだったら、多めに着るものを持っていく。寒そうだったら何を持っていかないといけないのか。上質な睡眠のためにマットレスを持っていく選手もいる。俺は持っていったことがないけど、それも自分次第。自分に必要なものは何かを考えて、準備を進めていくもの」

 遠征のとき、子どもたちの荷物を見ればすぐに分かるという。

「きっちり親にやってもらったなっていう子もいれば、ぐちゃぐちゃだけど、“あ、自分で準備をしてきたな”っていう子もいる。忘れ物をしたっていいんだよ。自分でできるようになるのが正解なんだから」

「親離れ、子離れしないといけない」

 能動的に行動することは、成功または失敗に向けたスタートラインに立つことを意味する。まず挑戦しなければ、成功も失敗もない。挑戦なしには成長もない。だからこそ、親が口出ししないでほしいと願う。

「“水筒の中身はちゃんと入ってる?”。出発の際によく聞く言葉だけど、それは自分でやらせてほしい。“親が過保護だと、子どももダメになりますよ”っていうのは強く言いたい。失敗をしても、忘れ物をしても、本人の成長のためだと思って。

 子どもは親離れしないといけないし、親も子離れしないといけない。親がベタベタして、何かを渡したりとかしているのを見ると、俺は『離れろ』と言いたくなってしまうんです。子どもがかわいいというのは、気持ちとしてよく分かるんだけどさ。俺自身、子を持つ親として」

プロサッカー選手になるための自立。

 準備に正解はない。それぞれに合ったものを、自分で考えることが必要と、小笠原は説く。自立することで日常の生活が変わり、ピッチでの表現にもつながるからだ。

「何をどれだけ食べなさい、何時に寝なさい、何時に起きなさいなんて言われないから。自分でできるようにならないといけない。いろんなやり方はあるだろうし、合う・合わないがあるだろうから、自分のベストの方法を見つけていくことが大事だよね。俺にとっての正解は、他の人にとっての正解ではないから。何事も自分で判断できるようにならないといけない。その判断力は、ピッチ上にも表れるものだから」

 子ども自身が考え自立するために。今、小笠原は、プロサッカー選手につながる過程に向き合い続けている。

コメントの投稿

非公開コメント

納得

確かに今は過保護というか、接し方しだいで問題になる時代。
昔の学校なら叩かれて当たり前だった。今は親も子供に叩いたりできない時代になった。そうなると子供の自立だと思う。小学校の登校の時なんて親なんて道に立っていなかったし。

自分の事は自分でやる。自己管理、自立は何につけても通じる。
そこから計画性や、判断力が身につくわけだし。
まず人として何が大切かを教える…満男さん深いですね。
「まず人として、あるべき姿を確立する」こそ、ジーコスピリッツ!
やはり鹿島の魂は永久に受け継がれていく

ピッチで判断の出来る選手、そこを目指して欲しいからこそのコメントですね。
彼の育成世代への働きかけに頭が下がります。

それから、たびたび貴ブログでも取り上げていただいていますが、Jレフェリーの質について。
手倉森監督のコメントが問題提起をしてくれています。
こちらとしても川崎戦、最終節の植田のノーゴールなど、苦い思い出が蘇ります、、、
我々サポーターの理不尽な憤りを感じる事案としても、ぜひ取り上げて頂けると嬉しいです。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク